にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

DEADLOCK :英田サキ

4199004084DEADLOCK (キャラ文庫)
英田サキ
徳間書店 2006-09-27

by G-Tools

英田先生の「刑務所萌え」っぷりがヒシヒシと伝わってきました(笑)
私も好きです!
【DEADLOCK/英田サキ/高階佑/Chara文庫(2006年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
同僚殺しの冤罪で、刑務所に収監された麻薬捜査官のユウト。監獄から出る手段はただひとつ、潜伏中のテロリストの正体を暴くこと―!!密命を帯びたユウトだが、端整な容貌と長身の持ち主でギャングも一目置く同房のディックは、クールな態度を崩さない。しかも「おまえは自分の容姿を自覚しろ」と突然キスされて…!?囚人たちの欲望が渦巻くデッドエンドLOVE。


【あらすじ・感想など】
司法省麻薬取締局(DEA)に勤めていたユウト・レニックス(28歳・受)は、同僚を殺したという無実の罪で捕まり、カリフォルニア州立シェルガー刑務所に送られた。
FBIとの取引で、テロ組織のリーダー・コルブスを見つけ出せば自由を手に入れる事になったが、コルブスに関する情報は余りに少ない。
刑務所内は人種事にグループが作られ、暴力が蔓延する無法地帯。
数人に絞り探りを入れようとするユウトだが、困難な道のりだった。
ユウトは同時に入所したマシュー、何かと世話をしてくれるミッキー、ミッキーと同室のネイサンと親しくなるが、同室のディック(29歳・攻)は謎に満ちていた。
ユウトはそんなディックに惹かれていくが、ディックがコルブスの特徴に重なる事に気付き…

かなり大雑把なあらすじです。
ユウトがディックを疑い始めるまでには、もっとたくさんの事件や、二人が精神的に惹かれあっていく場面があります。
ユウトとディックが無言で徐々に気持ちを通じ合わせているのがいい!
ユウトはどん底からはい上がろうと必死に気持ちを奮い立たせているのですが、ディックに対してはフッと弱さをさらけ出してしまうのにグラッときてしまった。
弱さを見せつつもユウトはしっかり自分を持っていて男らしい。
受といえども男なんだから、こうじゃなくちゃね。

刑務所モノってBLでもいくつかあると思いますけど、舞台が海外だと全然雰囲気が違いますね。
これが日本だったらもっと湿度が高くてネットリしてそう。
私は木原先生の「檻の中」のシリーズをまだ読んでいないので、刑務所モノで思い出すのは栗本先生の「終わりのないラブソング」で(正確には少年院だけれども。発想が古くてすみません)、暗くて重いイメージしかなかった…。
まぁ、作品的に主題が全然違うので比較にはならないですが、そのイメージがあったので、いくら東洋人的には弱々しい体ではないにしろ、ガタイのいい黒人さんからしたらユウトはきっと可愛いだろうし、早々に輪姦されちゃうじゃないか?とか、いろんな意味でドキドキして読んでしまいました(苦笑)
まぁ、結局その予感は多少当たってましたけど…
舞台がアメリカという事で、ジメジメした雰囲気ではなく、なんだかハリウッド映画を見ているような印象でした。

絡みは少ないですが、雰囲気たっぷりでエロい。
風呂場のシーンに萌えてしまいました…
密かに突っ込みたかったのはラストの絡み。
エイズに感染している可能性があるからと、ユウトはディックを制するのに、結局自分から嵌められてますけど。
口腔射精はダメと言っておきながら、ア○ルセックスはいいんだろうか…。
余計なお世話ですか(笑)

話の展開も面白かった。
BLでなくても充分読み応えがあると思います。
コルブスの正体は分かりやすいかなとは思いますけど、分かっていても話は楽しめました。
ディックの過去も、刑務所にいる背景もしっかり納得出来ます。
続編があるという事で、この時点では完全なハッピーエンドではないですが、安易な展開で「二人で逃げ出して幸せに~」とならなかった事に安心しました。
その展開は「終わりのないラブソング」を思い出してしまう…
逃亡した竜次は結局…あぁ、ドロドロメロドラマ(苦笑)
ユウトとディックのその後が気になります。
続編も二人が男らしくぶつかり合ってくれるでしょう。楽しみだ~!

Amazonのレビューはかなり辛口ですが。
納得する部分もありますが、そこまで悪くはないんじゃないかな…
好みの差なんでしょうけど。
確かに暴力的な描写は多いかも知れないですが、設定的にそれは当然だし、もっと過激なBLだって沢山あるし、この作品が特別不快なほど過激っていう訳でもない、と私は感じました。
あくまで個人的な意見。

英田先生はラブコメからシリアスまで幅広いですけど、この作品は今までで一番シリアスだったかな。
軽いのも良いですが、こんな作品も好きです。

■シリーズ
「DEADLOCK」 ディック×ユウト
「DEADHEAT」
「DEADSHOT」

「SIMPLEX」 ロブ×ヨシュア
「HARD TIME」 ダグ×ルイス

■ドラマCD
「DEADLOCK(ドラマCD)」
「DEADHEAT」
「DEADSHOT」
「SIMPLEX」

DEADLOCK (キャラ文庫) デッドヒート―DEADLOCK2 (キャラ文庫) DEADSHOT―DEADLOCK3 (キャラ文庫 あ 4-3)
SIMPLEX DEADLOCK外伝 (キャラ文庫) HARD TIME ~ DEADLOCK外伝
関連記事
2006.10.02 09:55 | 英田サキ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/253-561ded8a

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |