にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

天使の啼く夜 :高岡ミズミ

4344808401天使の啼く夜 (幻冬舎ルチル文庫)
高岡ミズミ
幻冬舎コミックス 2006-09-15

by G-Tools

奈良先生のイラスト買い。
高岡先生初読みです。
うーむ、奈良先生のイラストは思わず買ってしまうのですが、奈良先生だからこそ、内容にもそれなりに期待してしまうわけで…。
【天使の啼く夜/高岡ミズミ/奈良千春/ルチル文庫(2006年)】

オススメ:  イラストが違ったら厳しいな…

↓ネタバレあり、caution!!
21歳の伊佐秀和は、女に追い出された日、田宮知則に拾われる。人材派遣会社を経営する田宮と同居するかわりに、行儀作法を叩き込まれる伊佐。目的を知らされず面白くない伊佐に、顔のよい男なら誰でもいいと田宮はそっけない。苛立つ伊佐は田宮を組み敷き身体を繋ぐ。やがて田宮の悲壮な決意を知り、伊佐は次第に田宮に惹かれていくが…。


【あらすじ・感想など】
施設で育ち、施設を出た後はヒモをして生きてきた伊佐秀和(21歳・攻)。
女に捨てられ行き場になくしたところを、人材派遣会社を経営する田宮知則(27歳・受)に拾われる。
豪華なマンションで暮らす事になった伊佐だが、その条件として、礼儀作法と一般常識を学べといわれる。
伊佐は感情を一切表に出さない田宮に苛つき無理矢理身体を奪うが、それでも田宮は動じない。
伊佐はそんな田宮に徐々に惹かれていく。
そんな中、田宮の異父兄・桐嶋が現れ、田宮が伊佐を拾った理由を聞かされた伊佐は、その目的を果たすために動き出すが…。

いろいろと腑に落ちません。
伊佐が田宮に惹かれたのはまだ納得するとしても、伊佐が田宮に惹かれていく過程が微妙。
身体の関係を持ち、傷を舐め合ううちに情が湧いたって事なのでしょうか?
うーむ、唐突な感が否めない。
そして伊佐は、田宮の義理の父・笹原を殺した相手・加治に復讐するために動くわけですが、人まで殺すというのはどうもやりすぎなのでは…?
いくら田宮に危害を与えられて逆上したとはいっても、相手がヤクザであったとしても、殺してしまっていいのか?(大野は死んだんだよね?)
その後それについて何も触れてませんが、正当防衛だったとしても倫理的に問題があるんじゃないだろうか…。
結局事件後二人は離れ、伊佐は真面目に働き始めるのですが、伊佐が同僚に田宮との話を聞かせている(ただの惚気?)のも変な感じ。
そういうのは胸に秘めていて欲しいと思うのは、私だけでしょうか…。
伊佐のキャラがつかめない。

田宮のストイックなキャラは結構好みで、伊佐との絡みは萌えましたが、読後モヤモヤが残りました。
話の展開もキャラも色々と中途半端で、いまいち感情移入出来なかったのが敗因か…。
ルチル文庫は装丁がキレイで好きなのですが、如何せんボリュームが少ない。
なので、軽いノリの話の時はちょうどいい分量だと思うのですが、シリアスは難しいのかな?
内容を詰め込みすぎるとまとまらない。
復讐云々はナシにして、二人の過去をもっと掘り下げてもよかったんじゃないかと思います。(全然内容変わっちゃいますが…)
あ、一応“復讐”シリーズなんでしたっけ?

不完全燃焼ではありましたが、奈良先生のイラストはいいです。
表紙のイラスト大好き。
2006.09.20 09:56 | 高岡ミズミ | trackback(1) | comment(2)
            

こんばんは。
にゃんこさんは高岡さん初めてだったんですね。私もイラスト買いでしたが、ここ最近の高岡さんは当たり外れがあるけど(私の)好きな話も書かれる方なので一応期待してたんですが…。
設定や話の流れ始めはよかっただけに、決着のつけ方に疑問が残りました。キャラクタの肉付け不足もあると思います。
田宮のキャラが弱いとは思ってたんですが、確かにラストの伊佐もつかめない人でしたね…。
桐島×志水でリベンジして欲しいです(決定?笑)
奈良さんの表紙は、今月のルチル文庫のなかでも異彩を放ってました~。

あ。ルチル文庫でも崎谷さんは分厚いですよ(笑)
TBお返しさせてくださいね。

2006.09.20 23:46 URL | 秋月 #3VVjZltY [ 編集 ]

秋月さん、こんにちは。

高岡先生は初だったのですが、当たりはずれあるのですかー。
難しいですね…。
>桐嶋×志水でリベンジ
私もこの二人が気になるので、この二人でリベンジされたらおそらくまた購入してしまうと思われます(笑)

分厚いルチルもあるのですね。
まだまだ未熟でした!
ではでは~。

2006.09.21 14:56 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/245-ebc2d124

『天使の啼く夜』
『天使の啼く夜』 高岡ミズミ/奈良千春  幻冬舎ルチル文庫 2006.09伊佐秀和(21歳)は父の顔を知らず、7歳の時に母親を目の前で事故で亡くしてからは施設で暮らしていたが、18歳で出てからはまともに働きもせず女のヒモをして食いつないでいた。浮気がバレて追い出され

2006.09.20 23:30 | 月と凌霄花

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。