にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

ギャルソンの躾け方 :榎田尤利

ギャルソンの躾け方ギャルソンの躾け方
榎田 尤利 宮本 佳野
徳間書店 2006-08-26
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Chara文庫の榎田作品は、藤井沢商店街シリーズとなっているのですね。
一応シリーズものですが、カップリングも違って、話が続いているわけではないです。
こんなカフェあったら、絶対通います!
「犬ほど素敵な商売はない」ではワンコでしたが、今回はニャンコの躾けでございます。
【ギャルソンの躾け方/榎田尤利/宮本佳野/Chara文庫(2006年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
大財閥グループの御曹司・篠宮(しのみや)は、自慢のカフェの経営を楽しんでいる。そんな彼に共同経営を持ちかけられた水樹(みずき)。小さな珈琲店店主の水樹は、ネルドリップの天才で勝ち気。余裕のある紳士然とした篠宮が気に入らず猛反発! そんな水樹を篠宮は「君には躾が必要ですね」と柔らかだが、否とは言えない口調で追いつめてきて!? お仕置きは愛の証 センシティブLOVE。



【あらすじ・感想など】
大財閥グループの御曹司・篠宮(38歳・攻)は、篠宮不動産の常務取締役だったが、夢だった理想のカフェを作るために退職。
そして、カフェ『ruffle』をオープンさせた。
全てが篠宮の理想通りだったが、唯一、おいしいコーヒーを煎れる人が欠けていた。
そんな時店にやってきたのは、同じ商店街で喫茶店を営む石花水樹(26歳・受)。
水樹は篠宮の好みの男だっただけではなく、ネルドリップの天才だった。
水樹を手に入れるため、篠宮は動き出すが…。

2話構成です。
初めの短編は雑誌連載分、後半の短編が書き下ろしとなっています。
それを頭に置いていなかった私は、早い展開についていけず、ちょっと戸惑いました。
短編を読むときは、それなりに構えておかないとね。

さてストーリーですが、短編ですし、テンポ良くサクサクと進んでいきます。
水樹は喫茶店を営んでいるものの、それは父親が倒れて入院しているからであって、本望ではありません。
母親が10歳の時に亡くなった後、父親との間に亀裂が入り、家を出ていた水樹。
父親の代わりにコーヒーを煎れ、そんな状態に不満を持ちつつも、本当は仕事は楽しい。
素直になれないまま父親に反発する水樹ですが、母親の手紙を発見し、徐々に父親を許す事が出来ます。
そして、篠宮はそんな水樹を諭しながらも、実は自分の手に堕ちるように誘導しているのでした(^_^;)
篠宮、なにげに悪だな(笑)

篠宮はSです。
で、篠宮は意地っ張りで負けず嫌いの水樹に惹かれます。
「誰かに命じられたり、口を出されたりするのは大嫌いなくせに、心のどこかでそれを待っている」水樹に、Mの素質を見いだしてます。
そんな跳ねっ返りのニャンコを躾ける事が楽しいわけですね、篠宮は。
萌えます。
大好きです、これ。
短編なのに、やたらと萌えるエッチでした。

後半の短編「ギャルソンの騙し方」は、共同経営を始めた二人のその後です。
新人店員・林恭一の登場で、二人の関係が揺らぐのですが、事件によって「雨降って地固まる」…という話です。
恭一(ネタバレはしません)、かなりの役者ですね…。
その演技力、恐れ入りました。
篠宮と水樹はひとまわりも年齢が違うので、こんなすれ違いはしょうがないだろうなぁ。

ちょっと物足りない読後感だったのは、二人が惹かれあう段階が分かりにくかったからかな?
特に篠宮の気持ちがいまいち掴みきれなかったような…。
短編だからこんなもんでしょうか?
しかしながら、二人の関係は萌えました。
ツボはいりました。
私、ニャンコ受が好きなので、おいしかったです。

それにしても、『ruffle』いいですね。
こんなカフェあったら、絶対通います。
関連記事
2006.09.06 10:38 | 榎田尤利 | trackback(2) | comment(6)
            

にゃんこさん、こんばんは。
私もこの本は速い展開に戸惑いました。
もう少し、ページ数もあってゆっくり進み、書き込みがされていたらよかったかもしれないと残念です。

私も「ruffle」みたいなカフェがあったら通います。ギャルソンを愛でます(笑)
TBさせてくださいね。

2006.09.06 21:58 URL | 秋月 #3VVjZltY [ 編集 ]

秋月さん

秋月さんも戸惑いましたか!
カフェの話と躾の話がぎゅっとなりすぎていて、とくに躾の方が強引に感じてしまいました。
もっとじっくり読みたかったですね。
とはいっても、榎田先生じゃなかったらこれで満足してしまいそうですけど…(^_^;)

TBありがとうございました!
それではまた。

2006.09.07 13:05 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん、こんにちは☆

私はこの作品のカフェ表現に垂涎で、本来のBL要素を忘れて楽しんでいました(笑)
全体的にはボリュームが足りないかなぁとは思ったんですが。

私はお父さんと小嶋さんのカップルの方が気になってしまいました。
彼らが今までどうやって生きてきたのかすごく知りたいなぁ~って。
私、おやじBLいける口かも…です(笑)

TBさせてください☆

2006.09.15 21:01 URL | 月子 #- [ 編集 ]

月子さん、こんにちは

そうなんですよね、内容的にはちょっと物足りなかったのですが、カフェには惹かれました!
美味しいコーヒー飲みたくなりましたよー。

そして、お父さんと小嶋さんのカップル。
私も気になりました!
今では落ち着いていますが、この二人は相当精神的に修羅場があったのではないかと…。
どうせなら後半の短編は、この二人が主役でもよかったなーと思います。

TB&コメントありがとうございました。
こちらからもおじゃまさせていただきますね☆

2006.09.19 09:53 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん、再びこんにちは

私も、後半はお父さんと小嶋さんでもよかったかな…って思うくらい2人が気になりましたー。
実際に、結婚して子供をもうけた後にゲイに目覚める方もいらっしゃるでしょうし、なんかそういうBLを読んでみたいです…。
でも、2人を描くとなると別作品になっちゃいますね(^^;)

2006.09.19 17:02 URL | 月子 #- [ 編集 ]

月子さん、再びこんにちは。

結婚してから男に目覚めるというBLは、あまり見かけませんね。
コメディだったら鹿乃先生のマンガであったかな。
他にもあると思いますけど、このネタはシリアスだと重そうですね…。

父親カップル、この藤井沢商店街シリーズでまた顔を出してくれると良いですね。
ではでは!

2006.09.20 11:29 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/235-565ed154

『ギャルソンの躾け方』
ギャルソンの躾け方 榎田尤利/宮本佳野  徳間書店キャラ文庫 2006.03「悪い子だ。そんなに誰かに叱られたいのか?」藤井沢商店街に三組目のホモカップルが…と言おうと思ったら、じつは三組目じゃなかったです。子供の頃から抱き続けた「カフェを開きたい」という夢を

2006.09.06 21:54 | 月と凌霄花

『ギャルソンの躾け方』
榎田尤利(絵 宮本佳野)/徳間書店(2006・8月)【あらすじ】大財閥グループの御曹司・篠宮は、会社を退職し、自慢のカフェ経営を楽しんでいる。そんな彼に共同経営を持ちかけられた水樹は、小さな珈琲店店主にしてネルドリップの天才。勝ち気で少々乱暴な水樹は、余

2006.09.15 20:50 | 裏・月子の書斎

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |