にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

罪深く抱きしめて :バーバラ片桐

4894861658罪深く抱きしめて (ラキア・スーパーエクストラ・ノベルズ)
バーバラ片桐
ハイランド 2001-12

by G-Tools

初バーバラ先生です。
守備範囲外のタイトルをよく目にしていたので、読むことはないかなと実は思っておりました。
この本は、イラスト&あらすじ買い。
円陣先生のイラストと、あらすじの「義兄」という単語に反応してしまった…(^_^;)
【罪深く抱きしめて/バーバラ片桐/円陣闇丸/ラキアスーパーエクストラノベルズ(2001年)】

オススメ:  ひたすらイラスト萌え

↓ネタバレあり、caution!!
「おまえ、俺のオンナになる?」罪に震える彰史を傲慢な性鎖で捕らえたのは、冷酷な瞳を持つ美しい義兄・玲二。警察の追求から彰史を庇いながら、玲二は人を人とも思わない酷薄さで、彰史に被虐の悦びを教え込む。衆人環視の恥辱、他人に躰を拓かせる屈辱―。罪の意識を払拭するように快楽に溺れながら、彰史はいつしか孤独を埋める玲二の腕を心から欲している自分に気付いて…。


【あらすじ・感想など】
幼い頃から姉に性的悪戯をされ続けている香原彰史(大学生・受)は、ある日、いつものように弄ばれたあと、衝動的に姉をマンションのバルコニーから突き落としてしまう。
呆然と立ちすくむ彰史だが、そこに現れた姉の夫・小野玲二は驚くこともなく、彰史をかばうように細工を始めた。
偶然現場を見てしまった隣室の学生をマンションから突き落とし、心中に見せかけたのだ。
玲二は彰史の殺人をかばい、そしてその見返りに身体の関係を求めた。
逆らうことのできない彰史は、「自分のオンナになれ」と言う玲二に従い、同居を始める。

中身は濃いですが、割と淡々とした文体で、話は静かに進んでいきます。
罪の重さに怯える彰史に対して、あっけらかんと冷めている玲二。
対照的な二人ですが、一緒に過ごすうちにお互いに求め合ってしまう部分があることに気付いていきます。
彰史はそれが玲二に対する愛だと、早い段階で認め玲二に告げるが、一方の玲二は自分の不安定な気持ちが何なのか理解できず、彰史の告白もまともに受け取れない。
そんな中、捜査の手が二人を追いつめていきます。
玲二はさらに罪を重ね、ついに二人は逃げ場を失うが…。

簡潔に言ってしまうと、人の気持ちも自分の気持ちも理解できない、心に問題を抱えた玲二が、彰史によって「愛する」事を知るお話…でしょうか。(クサい)
そのテーマは悪くないと思うのですが、どうも玲二についての描写が足りないのか、理解しがたい。
彰史については、過去などもしっかり説明があって、まだ分かり易いのですが。
余りにも二人の世界だけで話が進みすぎているんじゃないかと思う。
脇キャラが中途半端だし。
面白くないわけではないけれども、引っかかる部分は多かったです。

さんざん文句言ってますが、そんなこと言いつつも、萌えまくりました。
円陣先生の描く、線の細い男の子が大好きです。
「彰史がこの絵の男の子だ」と思うと、些細なことでも萌えてしまいます(笑)
そして今回、彰史はMなのですよ。
玲二に苛められつつも、そんな玲二を求めてしまう。
そんなキャラに、円陣先生のイラストが加わり、私の萌えツボをつきまくりました。ムフフ。

黒ラキですので、そしてバーバラ先生ですので、絡みは濃いです。
しかも、多いです。
やりすぎです(笑)
彰史、可愛い顔していろいろやっちゃってます…。
円陣先生のイラストじゃなかったら、もっとお下品になっていたに違いない。
あとがきを見てみたら、バーバラ先生のエロに対する意気込みがすごくて驚きました。
「エロはテクよりも熱き魂で書く」らしいです。
潔い告白、ありがとうございました(笑)

話は特に面白いわけではないが萌える、という作品は評価に困ります。
でも楽しく読めたことは間違いないので、これはオッケーってことなのだろうか。
私が腐ってるだけですか…?

最後に、これだけは声を大にして叫びたい。
円陣先生のイラストは萌えだ!大好きだ!!
関連記事
            

にゃんこさん、こんにちは^-^
私もこの義兄にピピッと来ました!
なんかとても面白そうなんですが、玲二の描写が足りないのは感情移入率悪そう^^;
それでも読んで見たい作品に思えました☆
私も円陣さん好きなので、挿絵も楽しみだなぁ♪
感想を書いてない時に読んだBLは、萌える作品をただ楽しんでいましたが、
ちゃんと感想を書こうと思うと、いろいろ内容の足りない部分とか気になってきますよね~。
にゃんこさんは、良かった時の勢いある感想がとても読んでいて楽しいです♪
このまま突っ走って欲しいと思ってます^-^v

2006.08.22 09:06 URL | ありす #mWt2sFS6 [ 編集 ]

ありすさん、こんにちは。

そうなんですよね、私もブログを始めてから読む姿勢が変わりました。
以前はもっと、なんとなく読んでいました。
漠然と「面白かった」とか「萌えた」で終わらせていたものが、感想書くとなるとそうはいきませんよね。
ですので、漠然とした印象の本(印象の薄い本)のレビューは難しいです。
以前よりしっかり読んでいるということはいい事だと思いますが、突っ込み所を考えながら読んでいる自分がイヤです(笑)

この作品、円陣先生のイラストに萌えることができれば楽しめると思いますよ!
絡みも多いので、その意味では読み応えがあります(笑)

それでは、コメントありがとうございました。
これからも突っ走っていきます~♪

2006.08.22 11:20 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/220-df6d4849

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。