にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

獣-壊滅- :綺月陣

4914967243獣・壊滅 (ピアスノベルズ)
綺月 陣
マガジンマガジン 2002-06

by G-Tools

お待たせしました(え?待ってない?)、獣・第2弾でございます。
相変わらずぶっ飛ばしてます。
ここまでやってくれると笑えます(笑)
前回よりエロ<グロになっておりますので、ご注意くださいませ(^_^;)
衝撃の獣・第1弾はこちら→「獣-ケダモノ-」
【獣-壊滅-/綺月陣/青海信濃/ピアスノベルズ(2002年)】

オススメ:  笑撃のラスト?

↓ネタバレあり、caution!!
関西系暴力団岩城組三代目組長・岩城廉。部下であり恋人でもある男・九堂了司の狂気と紙一重の愛に晒される日々は、それでも平穏に過ぎていた。しかし、廉が九堂の制止を振り切り高校に通うことを決め昔の仲間・雅也に再会したことを引き金に、二人の絆に翳りが見え始めるが―…!?究極の極道愛、遂に終焉!小説ピアス掲載の表題作他、書き下ろし番外三編を完全収録。謎に包まれた九堂の過去が今、明らかになる。


【あらすじ・感想など】
岩城組三代目組長・岩城廉(17歳・受)と組長補佐・九堂了司(30前半・攻)は、紆余曲折を経て、恋人同士となった。
九堂の狂気に満ちた執着、そして暴力じみた愛情表現を恐れつつも、廉はそれに惹かれ、求めていた。
しかし、組長としての廉には、実質的にまだ権限はなく、軟禁に近い状態。
次第に不満が募っていた時、昔の恋人・雅也に再会する。
それを九堂に見つかり、責められるが、廉は九堂が自分を信用していないことにショックを受ける。
その騒動で廉に銃口を向けた九堂は、しばらく広島の系列暴力団に飛ばされ、監視のいなくなった廉は久々に高校に行くことができたが、そこには雅也が待っていた。
舎弟の監視をすり抜け、雅也とバイクで抜け出すが、そこに待っていたのは雅也の裏切り。
雅也は廉を、敵対する蘇我組に売っていたのだ。
九堂がいない中、廉は…。

いったいどこまでいってしまうのか、九堂&廉。
毎回やることなすこと、こちらの想像を遙かに超える事態を引き起こしている二人ですが、今回はしゃれになってないです~(T_T)
この事件、初めは廉の「高校に行きたい」という不満だったのに、どんどん事が大きくなっていきます。
廉としては、「九堂を怒らして犯されたい。怒らせ、挑発し、執着させ、自分を必要として欲しい」そんな理由からきた、ちょっとしたわがままだったハズ。
だったのだが…。
ハッキリ言ってしまうと、二人は死にます…(一応この巻ではそういうことになってます)。
しかも、その死に方もハンパじゃないです…。
私、前巻のレビューで「廉は内臓破裂で死ぬんじゃないの?」と心配しておりましたが、ある意味その予想は当たってたかな(^_^;)

えーと、その後の展開を説明しますと、
蘇我組に襲われた廉は、なんと土佐犬に獣姦されます。
ひ~え~…
もちろん廉も相当ビビってますが、途中から半分正気を失い、凶暴な土佐犬に九堂を感じながら(オイオイ)、どんどんその行為に狂っていきます。
蘇我組の奴ら、そして雅也もどん引き(笑)
呆然として遠巻きに見てます。
で、もちろん廉の身体が無事なわけはなく、内臓破裂やらなんやらで大変なことに~。
廉の股の間には、臓器が…!!
ぎょえ~!!
あぁ、やっぱりそこは内蔵ですモノね…、と改めて再確認(-_-)
九堂は獣だが、一応人間だったんだと、変なとこで感心しちゃったよ。
そして、そこへ一歩遅く岩城組が突入。
大乱闘の末、九堂も瀕死の重傷を負い、廉と九堂は崖へ逃れます。
追いつめられた二人は、身体を繋げ(もちろんあそこです)、さらに二人の身体を太刀で貫き、二人は一つになったまま荒れ狂う海へ…。
感動のラストかもしれないけれど、冷静に考えるとおかしいって。
最期まで二人の世界を貫いた、九堂と廉なのでした…(^_^;)
常識的に考えて、二人が生き延びることはないのだけれども(実はそうじゃないのだが…)、遺体で見つかるにしても、いったいどんな格好で発見されるのやら…。
想像すると、いろんな意味で怖いよー!
っつーか、そんな組長を崇めてるヤクザって…。
哀れ、洋平…。

ふー、突っ込みどころ満載すぎて困っちゃうわ。

2巻は、上記あらすじの本編以外にも番外編が3話収録されてます。
「獣・降臨」
九堂が岩城組に入って間もない頃、九堂に惚れたホスト・一矢と九堂の話。
九堂の左耳の傷のできるいきさつ。
一矢の執着もすごいものがあるが、相手が悪かったね。
なんというか、ラストが想像以上にパンチ力あります。
一矢の肛門に腕が~内臓が~。ひ~~え~~。
下から胃は取れますか…?

「獣・灼熱」
うってかわって、ちょっとコメディ。
岩城組大輪姦大会後のお話です。
さすがに廉もヒトの子、身体は大丈夫じゃなかったらしく、体調を崩します。
甲斐甲斐しく世話を焼いている…かと思ったら、やっぱり肉欲には勝てなかった九堂なのでした(笑)

「獣・覚醒」
九堂の狂気が目覚めるきっかけとなった、弟・智司の事件。
母親はおらず、働かない父親、そして弟の智司と暮らしていた九堂。
智司を愛しているが、父親に犯される智司を救うことができない。
そして、九堂の目の前で智司が借金取りたちに犯され、そこで智司も自分を愛していることを知るが、智司は自害してしまう。
絶望から狂気を覚醒した九堂は、智司を食らうのだった…。
うぅ、きもい。
ちなみに、食らった部位はアソコです…想像したくない。

九堂の過去の逸話は、どれもこれも…
色々ありつつも、九堂と廉と上手くやっているのは結構すごいことなのですね…。

今回も予想を超えた展開で、なんども「ぎょえー!」と心の中で叫んでしまいました(-_-)
でもまあ、私としては前巻の方が衝撃が大きかったですが…。
今回は笑撃??
シリアスな話は度を超すと笑いになりますね(笑)
えー、なんというか、ひたすら九堂と廉が二人の世界を突っ走り、そして二人で完結した…というのがこの作品の印象でしょうか(苦笑)
話が面白いかどうかは疑問ですが、この勢いに身を任せてしまえば楽しめると思います。
この二人、瀕死の状態で海に飛び込んだのに、続編があります。
それでは早速、怖いモノ見たさで、続編「獣-煉獄-」へ突入してきまーす。
関連記事
2006.08.17 09:52 | 綺月陣 | trackback(1) | comment(4)
            

にゃんこさん今晩は。

そして、待ち構えていたかのように、食い付いてしまう私なのですが。

やはり凄そうですねえ。(笑)

兼ねてより、お犬様(土佐犬)の噂は耳にしていたのですが、内蔵まであるとは・・・!

カニ○リ(しかも今回はアソコの肉…。)も再びのようで、大変にビビりました。

更には股間が繋がったまま、崖からダイブまで…!

突っ込み出したらキリが無いですね。(笑)

にゃんこさんの感想を拝見させて頂いただけでも、畏れ戦いておりますが、シリーズ最終巻である、「獣-煉獄-」の感想も楽しみにさせて頂きますね。

ビビりつつも内容が気になって仕方が無いようです。私。(笑)

2006.08.17 21:13 URL | ハスイ #MMIYU.WA [ 編集 ]

ハスイさん、こんにちは。

いやー、予想通りすごい展開でしたよ…。

前回よりグロさが増している事は間違いありません。
でも、「愛と憎しみの迷宮」を読まれたハスイさんなら、きっとこれを笑いに変えられるハズ…。
責任は取れませんが、一応オススメしておきます。
精神的に余裕があるときにどうぞ(笑)

余談ですが、私はこの作品でカニ○リがなんなのか理解しました。
…他の作品に登場する事はめったにないのですが…。
あぁエロの世界は奥深い…(笑)

こんなコメントですいません(^_^;)

それでは、コメントありがとうございました。
続編でもお会いいたしましょう~♪

2006.08.18 11:27 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006.08.26 19:58  | # [ 編集 ]

ハスイさん

TBありがとうございます。
早速こちらからもお返しさせていただきました。

濃い作品ばかりに…ということですが、こちらこそありがとうございます!という感じですよ。
「獣」の衝撃をハスイさんと同期できて、うれしいです。
誰かに話したくても、なかなか言えませんから~(笑)
山藍作品も、なかなかその衝撃を共有できる人はいません!

これからも、濃ゆいお付き合い、よろしくお願いいたします!

それでは、またお会いしましょう~
コメント、ありがとうございました。

2006.08.26 21:43 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/219-f13f5577

獣・壊滅
【内容紹介】関西系暴力団岩城組三代目組長・岩城廉。部下であり恋人でもある男・九堂了司の狂気と紙一重の愛に晒される日々は、それでも平穏に過ぎていた。しかし、廉が九堂の制止を振り切り高校に通うことを決め昔の仲間・

2006.08.26 19:52 | +synapse∞type-bee+

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。