にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

キモチの行方 :明治カナ子

4877750630キモチの行方 (光彩コミックス)
明治 カナ子
光彩書房 2000-11

by G-Tools

エロいが暗い。
さすが明治先生、ただのエロじゃ終わりません(笑)
しっかし、こんなに修正無くていいのか?
【キモチの行方/明治カナ子/光彩コミックス(2000年)】

オススメ:  気合い入れてどうぞ

↓ネタバレあり、caution!!
【あらすじ・感想など】
柳啓治(受)は普通の大学生。
でも、実は双子の兄弟・総と洋に飼われている。
3人は、歪んだ関係ながらも上手くやっていたが、啓治に深山という友達が出来てから、次第に関係が変わっていき…。

序盤は、啓治と深山の話かと思ってました。
(表紙は双子と啓治なのですが…)
総と洋が当て馬かと思っていたら、実は当て馬は深山。
でも、深山が話を締めている存在なので、結構大事な役所ですね。

啓治は高校の頃、いじめから守ってもらう代わりに、二人に飼われる事になります。
主従関係を結び、身体の関係を求められながらも、二人に依存する事で啓治は安心していた。
でも、深山の登場で、次第に啓治にも自立心が芽生えてきます。
そして、次第に双子との関係に息苦しさを感じるようになりますが、双子のうちの一人・総との関係も変わっていき、受け入れられるようになる…というお話。
(洋は総が啓治を好きな事を知っているので、途中で身を引いています。)

話の軸はしっかりあります。
でも、さすがにここまでエロが濃いと、そっちの印象が強いかも…。
何度も読むと、だんだんと味が出る話だと思います。

いやー、エロ濃いですよ。
SMとか苦手な方は、やめておいた方がいいと思います(笑)
縛りやクスリは当たり前、他にも盛りだくさん!
これだけやっているのに、あとがきで明治先生「ヌルい」と反省していらっしゃいます。
十分ハードですがー…(^_^;)
とにかく激しいですが、さすが明治先生。
独特の暗いオーラと個性的なキャラで、何故か読み終わった後はほのぼの風味。
そしていつの間にか明治ワールドに侵されていく~。あ~れ~。

私、明治先生のマンガ初体験がコレだったので、他は余裕で楽しめましたが。
「熱伝導」「三村家の息子」から入った人は、結構ビビるかもしれませんね(笑)
でも、これこそ明治作品!だと思います。
明治先生の「エロ好きだ!」という心意気をひしひしと感じます(笑)
関連記事
2006.08.16 10:17 | 明治カナ子 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/218-9d95cfce

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |