にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

夏休みには遅すぎる :菱沢九月

4199003681夏休みには遅すぎる (キャラ文庫)
菱沢九月
徳間書店 2005-10-27

by G-Tools

またしても菱沢先生。
はまると一気買いしてしまうので…。
色々読みましたが、キャラ作品の雰囲気がいいんじゃないでしょうかー。
(最近の作品がすべてキャラだというだけかも知れないが…)
【夏休みには遅すぎる/菱沢九月/山田ユギ/Chara文庫(2005年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

大学の後輩・倉島(くらしま)に、突然会社から拉致されてしまったサラリーマンの覚(さとる)。行く先も告げずに会社を欠勤させられ、逃避行のように旅立つけれど、倉島は何も教えてくれない。しかも夜になると、「先輩が好きだった俺はこういう俺じゃない?」と縋るように求めてくる。密かに倉島に想いを寄せていた覚は、心が見えないまま繰り返し抱かれてしまうが…!? アダルト・スリリングLOVE。


【あらすじ・感想など】
サラリーマンの森野覚(24歳・受)は、ゲイである事を家族に打ち明けられないために地元に戻る気にもなれず、営業職が自分に向いてないと思いつつも東京で働いている。
気が滅入ると思い浮かぶのは、大学時代の後輩・倉島旬滋(22歳・攻)。
覚は寮で同じ部屋だった倉島の事が好きだったが、打ち明けられず、卒業後は連絡もとっていなかった。
そんな倉島が突然会社に現れ、何故か二人で逃避行。
誰かに追われているような事を言うが、詳しい理由をいってはくれない。
そして「先輩が好きだった俺はこういう俺じゃない?」と、覚に迫ってくる。
拒む事も出来ず、身体の関係を持ってしまうが、倉島は覚の事を好きとはいわない。
大学を辞め、母親の治療費のために働いていたという倉島。
倉島の思惑がつかめないまま、倉島に東京に帰れと言われるが…。

倉島がどういった理由でこんな事をしているのかは、私の予想とはちょっと違った…。
というか、予想以上にマザコンだった?(笑)
以下、かなりネタバレなのでご注意くださいませ。

倉島は母子家庭で育ち、母親は特別な存在だった。
そんな母親が以前から患っていた心臓の病で入院、治療費のために大学を辞めバイトに励みますが、ついに助かる見込みはないところまできてしまう。
そんな時になって現れた、自分を認知さえしなかった父親と自分の弟に当たる息子・伊沢正敬。
突然現れ、母の死後も色々と口を出してくる二人に耐えきれず、葬式さえ出ずに、倉島は好きだった覚を連れて母の生まれ故郷へと向かっていた。
倉島を追っていたのは正敬なのでした。

うーむ、こうやって書いてみると変な話…(苦笑)
このオチが納得出来るかどうかは微妙なところかな。
倉島や正敬の気持ちも分からなくはないんですけど…。
倉島の母親への思いが想像以上に濃い事と、正敬の態度の悪さが話をややこしくしてますね。
倉島って、良く言えば「母親思い」だけど、悪く言えば「マザコン」…?
母親を大事にするのは分かりますが…。
覚、振り回されっぱなしだよー。可哀想に。
覚としたら、結果的に倉島とうまくいったのだし、その後もいい感じで転職出来たので、結果オーライなんですけどね。

伊沢親子がいい味出してます。
二人して覚を「小さい人」(可愛いと言いたいらしい)って、なんだそりゃ(笑)
正敬はポーカーフェイスで分かりにくい人間なのですが、時々ちょっと人とずれた言動をするのが笑えます。
いやまあ、それが時に問題を引き起こしているんですけどね(^_^;)

途中まであんなにシリアスだったのに、最後はほのぼの。
こういう展開は、功を奏す作品もそうじゃない作品もあるのですが、この作品は上手い具合にまとまったかなー。
まあ結局の所、倉島と正敬の意地の張り合いみたいな所があったわけで、それが解決してしまえば後腐れはないわけですね。
覚が無断欠勤の末退職し、伊沢の会社へ転職するのは、社会人としてはどうかと思いますが…。

あぁ、あと1ついいたい事が。
腸内に冷たいモノを入れるのは、危ないと思う…。

ということで、なんだか煙に包まれた感もありますが、この微妙なオチは私は許容範囲という事でおもしろかったです~。
ユギ先生のイラストに萌えた(笑)
年上美人受って、ユギ先生のイラストがピッタリですね。
関連記事
2006.08.11 10:35 | 菱沢九月 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/213-e4a752cf

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |