にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

こぼれそうなハニー :菱沢九月

4894862565こぼれそうなハニー (ラキア・スーパーエクストラ・ノベルズ)
菱沢 九月
ハイランド 2003-04

by G-Tools

シリーズ3作目。
既刊2作にも登場している、刑事・仁科がメインのリンク作です。
この人がメインなのに、こんなに甘くなるとは予想外でした…。
【こぼれそうなハニー/菱沢九月/桃山恵/ラキアスーパーエクストラノベルズ(2003年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

なめただけで、甘く泣いて喘ぎ縋る。めちゃくちゃに揺さぶって蕩けて狭いここに熱を埋め込みたい。可愛い。酷くしたい。優しくしたい。もっと―!!バージンは面倒だと思う最悪の色男、仁科。彼は刑事として、事件に巻き込まれた芝田英知を保護し、同居するはめに。英知はおそろしく素直でなつっこい、子犬だ。だが何かを抱えている。仁科はそんな英知を持て余しながらも、惹かれてゆく。更に事件も動き出し。
↑このあらすじ、毎回エロ煽ろうとしてるのは分かるが、ちょっと変…


【あらすじ・感想など】
刑事の仁科(28歳・攻)は、強盗事件を追っていた。
その容疑者・大久保の部屋に行くと、いたのは居候の芝田英知(20歳・受)だけで大久保は行方不明。
被疑者のアパートにいるわけにもいかず困っていた芝田は、仁科がしばらく預かることに。
あまりに天然ボケキャラで理解不能な芝田を手に負えない仁科だったが、次第に芝田がいる事が当たり前な毎日に安心を覚えるようになる。
そんな時、芝田が誘拐され、仁科は犯人に呼び出されるが…。

あの女好きな仁科が惚れた相手が、8歳も年下でちょっと頭のゆるそうな芝田とは…。
仁科がシェパードなら、芝田はチワワ?
いつもテンション高めで一生懸命尻尾振ってる姿が、芝田っぽい(笑)
仁科は、そんな芝田のリズムにいつの間にか巻き込まれてます。

誘拐事件は、一応無事解決。
しかし芝田は、仁科から離れようとし始める。
これによって自分の気持ちをハッキリと自覚した仁科は、「好きだから、望みがないのに一緒にいるのは苦しい」と離れようとしていた芝田と、無事結ばれるのでした…。

…無事結ばれるのですが、身体も結ばれるまでにはイロイロとあるわけです。
芝田は一応自分がゲイであることは自覚していますが、経験は一切ナシ。
仁科も、もちろん男とは初めて。
で、勢いでなだれ込んだ1回目は最後までできなかったのでした。
BLではみんな、結構初エッチでも問題なしな場合が多いですが、普通に考えて、何も準備せず勢いのみだったら失敗するんじゃないでしょうかねー。
がしかし、それを七飯やリョウに聞こうとする仁科…。
恋は盲目?(笑)
でもそれ以上にツワモノなのは、リョウと芝田のコンビだろう。確実に。
そんな二人に振り回されてる、七飯と仁科が可愛かった(笑)
そんなこんなで無事最後までできた二人。
その後はもう、やりまくり、いきまくり…。
やはり黒ラキさんなので、エロ濃いです。
毎回濃厚すぎです。

芝田のような天然ボケキャラは、結構苦手です。
少しくらいならいいけど、ここまでくるとちょっと…。
実際に身近にいたら…引いてしまいそう(^_^;)
こんな芝田ですが、こんな性格になった理由は意外にも(?)ちゃんとあります。
余り詳しいことはでてきませんが、家庭環境が原因。
芝田は現状に危機感を抱いて「新しい世界を見てみたい」と思い、バイクで日本縦断をしようと思い立ち、福井へやってきます。
ボケてるようで意外にマトモ…。
この辺りもうちょっと踏み込んで欲しかったなぁ。
母親のこととか。
そうじゃないと、この二人の未来が見えてこない。
芝田は福井に永住するつもりなのか?

この作品を読んで、私は強気な年上攻めが好きだと痛感しました。
中盤からは確実にバカップルな二人ですが、私は仁科のキャラ結構好みです。
自分の気持ち(欲望?)に一直線で気持ちいい。

あ、一応このシリーズは毎回事件が絡んでいるのですが、今回もちゃんと解決しています。
事件は思っていたよりもしょぼいのですが、事件がメインではないので問題なしでしょう。
下手するとエロエロな作品になってしまいそうなのを、事件を絡めているので浮ついた感じは全然しないです。
ハイランドももう存在しないので、この先続編はきっともうないよね?
この二人の数年後とかが気になるなぁ。
相変わらず仁科は振り回されてそうですけどね(笑)

■シリーズ
「溺れる体温」
「熱病の花」
「こぼれそうなハニー」(スピンオフ)
関連記事
2006.08.04 10:19 | 菱沢九月 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/207-16f68153

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。