にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

熱病の花 :菱沢九月

4894862255熱病の花 (ラキア・スーパーエクストラ・ノベルズ)
菱沢 九月
ハイランド 2002-10

by G-Tools

「溺れる体温」の続編。
同じカップリングで続編というのは、どうしても甘くなりますね。
序盤からラブラブと……
基本的には硬派な作風ですが、やっぱそこは黒ラキ…。
【熱病の花/菱沢九月/桃山恵/ラキアスーパーエクストラノベルズ(2002年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

あけすけな欲と恋恋とした情で滴りすべる肌がもどかしい。怜悧な七飯をこの世で唯一人ダメにする年下の恋人、リョウの灼けた硬さを頬ばり締めつけながら、七飯はその奥にある悦楽をねだるのだ。互いの秘密をキスで分けあって一年が経つ。溺れるような甘やかな夜、突然、美貌のホステス、ミキがリョウに縋りついてきた!知らないリョウがいる?動揺を隠し、七飯はリョウと共にミキの事件に巻き込まれてゆく―。


【あらすじ・感想など】
新聞記者の七飯章吾と、行きつけの飲み屋の店員・リョウ。
リョウの過去も互いに受け入れ、二人はさらに強く結ばれた。
忙しくも満たされた日々を送っていたが、ある日、ミキという女性がリョウに突然抱きついてきた!
誰かにストーキングされていたミキが、友人であるリョウに助けを求めてきたのだった。
市内で数週間前に発生し未解決の失踪事件、そして、ミキへの脅し。
無関係のような二つの事件に、何か接点があるのではないかと感じる七飯。
しかし、ミキを心配する反面、ミキに嫉妬してしまう七飯だが…

しょっぱなからラブっとしてます。
前巻で、なかなか重い過去を乗り越えた二人なので、その反動もあってアツアツなのでしょうね。
…でもそれ以前から、十分熱かったけどね。

一応大筋は、失踪事件とミキの事件。
それをきっかけに、七飯はミキに嫉妬して、自分がどれ程リョウのことが好きかを思い知る。
そして、七飯が知り合う前、心に闇を抱える少年だったリョウを知っているミキから話を聞き、リョウの手をずっと離さないことを心に誓います。
雨降って地固まる、ということでしょうね。
(数日前のレビューで似たような事書いたな…(笑))

硬派な展開なのに、今回はエロ飛ばしてます。
毎回毎回、濃いんですけどー(苦笑)
よっぽど身体の相性がいいんだろうな、この二人は。
七飯が普段真面目な仕事人なだけに、そのギャップでやたらとエロい。
ごちそうさまでした~。
でも、もうお腹いっぱい。
胃もたれおこしつつあるので、もういいよ…(^_^;)

前回よりもラブ度が高いので、その分エッチは濃いめ。
でも、基本的には真面目な作りなので、落ち着いた雰囲気にまとまってるかな。
でも正直、続編必要だったか?
リンク作品になる次の「こぼれるハニー」はともかく、ひたすらラブッとしてるリョウ×七飯は前程のインパクトもないし。
同じカップリングで続編って難しいなぁ。

前巻でも出てきた刑事・仁科が、結構いい味出してます。
七飯とリョウの関係を知って、一瞬ドン引きしてた仁科。
今回もミキの正体を知ったとたんに、態度が違うし(笑)
そんな仁科が、次巻「こぼれそうなハニー」ではメインです。
ここまでの流れを頭に入れた上で読むと、そのやられっぷりが笑えます(^_^;)
(おそらく明日レビューする…予定)

■シリーズ
「溺れる体温」
「熱病の花」
「こぼれそうなハニー」(スピンオフ)
関連記事
2006.08.03 10:00 | 菱沢九月 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/206-0d645625

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |