にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

君こそ僕の絶対 :いおかいつき

4344807405君こそ僕の絶対 (幻冬舎ルチル文庫)
いおかいつき
幻冬舎コミックス 2006-03-15

by G-Tools

「好きこそ恋の絶対」の続編。
刑事・真二×検事・高城のその後です。
タイトルがだんだんごちゃごちゃになってきた…。
【君こそ僕の絶対/いおかいつき/奈良千春/ルチル文庫(2006年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
白バイ隊から刑事になった諏訪内真二は、ある事件をきっかけに担当エリート検事・高城幹弥と恋人同士に。忙しいながら、相変わらず高城に夢中な真二だったが、ある日、刑事課を尋ねてきた弁護士に敵意に満ちた態度を取られ面食らう。その新米弁護士は、高城の双子の弟・優弥で、兄の恋人を見ようとやってきたのだ。何かと高城にも敵意を向ける優弥に、真二は…。


【あらすじ・感想など】
晴れて恋人同士となった、刑事の真二(25歳・攻)と検事の高城(29歳・受)。
二人の仲は順調だが、ある日、弁護士としてやってきた高城の双子の弟・優弥は真二に冷たい態度を取る。
戸惑う真二だが…。

あぁ、なんだかいろいろありつつも、結局ラブラブっぷりを見せつけられました。
雨降って地固まる、というか、たいした雨も降ってないけど…(笑)

高城は大阪の実家に帰った際、「自分は男と付き合っているから結婚は出来ない」とカミングアウトしていた。
もちろん家族が賛成するはずもなく、弟の優弥は真二を認められない。
そんな優弥とのゴタゴタを通して、結果的に二人の仲はさらに深まったのでした。
こうやってレビューしてみると、これ以上の事は何もない気がする…。

この二人、なにげに結構バカップル?
冷静沈着そうな高城が、そんなカミングアウトをしてたなんて(^_^;)
まだ付き合って3ヶ月ですヨ…。
まっすぐすぎて、意外に不器用なヒトなのね…。
そして天然ボケキャラ・真二。
「男同士で結婚出来ましたっけ?」だとぅ。
そんなボケを平然とヒト前でしちゃイカンです。
色ボケし過ぎ!

二人のラブラブっぷりを読めたのは満足です。
が、あまり問題は解決していないような気も…。
優弥の憤り、痛いほど分かります(笑)

■このシリーズの感想
第1弾「好きこそ恋の絶対」
第2弾「君こそ僕の絶対」
第3弾「恋する絶対の法則」
第4弾「愛こそ明日の絶対」
関連記事
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/202-857964f4

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |