にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4832212176仮面(ペルソナ)―スタンレー・ホークの事件簿〈1〉 (花音ノベルス)
山藍 紫姫子
芳文社 1996-06

by G-Tools

いい加減に他の作家も読めよって感じですが、
またしても山藍紫姫子先生です。
この作品は、ちょっと今までと毛色が違った感じ。
めずらしく(?)鬼畜系ではありません!
かなりオススメ!
山藍紫姫子先生を初体験するんだったら、この本オススメします。
…古すぎですか?
【仮面(ペルソナ)スタンレー・ホークの事件簿 (1)/山藍紫姫子/本仁戻/花音ノベルズ(1996年)】

オススメ:

↓ネタバレあり。caution!!

あらすじ
彫像の公園で起きた連続殺人事件―その被害者はいずれも同性愛者だった。不良刑事スタンレーは、捜査線上に浮かんだ犯人像と上司であるロスフィールド警視の容姿が一致することに気づいた。金髪碧眼の美しき警視の素顔は、果たして殺人者なのか。そして、ロスフィールドと密接な関係にある日系人精神科医ジン・ミサオは何を知っているのか…。山藍紫姫子の妖しく危険なミステリー作品が110枚の書き下ろしを加え登場。


感想など
FILE1 仮面―ペルソナー
FILE2 月光浴―ルナティックー


スタンレー・ホークの事件簿シリーズ全4巻の内の第1巻。
山藍紫姫子先生のいつもの鬼畜パターンではありません。
殺人事件をベースに、3人の男の関係がメインで進んでいきます。
エロもありますが、(山藍先生にしては)おとなしめ。

・スタンレー・ホーク:32歳、巡査部長
・アリスター・ロスフィールド:30歳、警視
・ジン・ミサオ:29歳、精神科医
この3人は、今のところ、
・スタンレー(攻)×ロスフィールド(受)
・ジン(攻)×ロスフィールド(受)
となっております。
ロスフィールドは実は憑依体質で、犯人や被害者の思念によって支配されることがあり、これがきっかけでスタンレーはロスフィールドに惹かれていきます。
ジンはロスフィールドの恋人で、特異体質のために精神不安定なロスフィールドを支えているのですが、ロスフィールドのために自らスタンレーとの関係を仕組み、認めています。
この巻は、事件をきっかけにスタンレーとロスフィールドの関係が始まる、というのがメインです。
もちろん事件も解決しますが、人間関係の方に重点が置かれています。

スタンレーは山藍作品にしてはめずらしく、まともな性的嗜好の持ち主ですね
(いや、あくまでも”山藍先生の作品"の基準からいくとですが…)
だって、初めから(一応)同意の上のエッチですから。
女性ともちゃんとできます。
めずらしく女性とのエッチシーンもあります。
結婚歴もあり。
そしてなにより、鬼畜度が低い(笑)
ロスフィールドのことが好きで、家の前に何度も行っちゃったりするんだけど、なかなかきっかけがつかめない。
そんなキャラ、今までのところ山藍紫姫子先生の作品で出会ってない気が…
ロスフィールドは冷静沈着なんだけど、ちょっと抜けた感じがよいです。
ジンもいい味出してます。
この先もっと絡み合っておもしろい展開になりそうな予感。


絵も綺麗でイメージを裏切りません!
(私の中でかなりの重要ポイント)
表紙裏のカラーイラストなんて、も~、キャーって感じでした(^_^;)

山藍紫姫子先生、気合いはいってる感じです。
勢いだけでなく、エロだけでなく、おもしろかった!
この勢いで、次の巻へgo!



■シリーズ

旧版(花音ノベルズ版)
 仮面(ペルソナ)スタンレー・ホークの事件簿 (1)
 葛藤(アンビヴァレンツ)スタンレー・ホークの事件簿 (2)
 二重自我(ドッペルイッヒ)スタンレー・ホークの事件簿 (3)
 採集家(コレクター)スタンレー・ホークの事件簿 (4)
番外(雑誌掲載)
 呪いの骨―スタンレー・ホークの事件簿
新装版(角川文庫)
 仮面 -ペルソナ- スタンレー・ホークの事件簿 (1) 【文庫版】
 葛藤 -アンビヴァレンツ- スタンレー・ホークの事件簿 (2) 【文庫版】
 二重自我 -ドッペルイッヒ- スタンレー・ホークの事件簿 (3) 【文庫版】
 冥罰 -リトリビューション- スタンレー・ホークの事件簿 (4) 【文庫版】

スタンレー・ホークの事件簿 I 仮面‐‐ペルソナ (角川文庫) スタンレー・ホークの事件簿 II 葛藤―アンビヴァレンツ (角川文庫)
スタンレー・ホークの事件簿III  二重自我‐‐ ドッペルイッヒ (角川文庫) スタンレー・ホークの事件簿IV  冥罰‐‐リトリビューション (角川文庫)

ドラマCD
 スタンレー・ホークの事件簿

コミカライズ(本仁戻先生)
 スタンレー・ホークの事件簿 仮面 -ペルソナ-
スタンレー・ホークの事件簿 仮面~ペルソナ (花音コミックス)
関連記事
2006.02.01 10:02 | 山藍紫姫子 | trackback(0) | comment(2)
            

にゃんこさん

こんにちは。
殿堂入りの中では山藍先生がダントツで多いですねv
わたしもにゃんこさんのおかげですっかりファンでほぼ集めました!
新装版が角川から出たらしくて、美麗なイラストにまたほしくなってしまいました。
もとにさん、昔は本当に耽美な画……ほぅ。
山藍さんのHPで塩沢さんのことが出てきて、ご存じかもですが、
『アレキサオンドライト』は塩沢さんでcdが決まっていたんですって。

その1ヶ月後に亡くなられて、山藍さんは、塩沢さん以外に考えられず、
「私の裡で『アレキサンドライト』のCDは、永遠に封印されました。
そしてその後、私はドラマCDを創る気にはなれないのでした…」そうです。
せつない…。しょんぼり。
でも、その中でなんとなくおかしみがあったのが、「マクシミリアンかシュリル
のどっちか(たぶんマクシミリアン)を塩沢さんにやっていただく予定で」
というところがあって、どっちでもいいのか……そこはこだわりがないのかぁと。
でもきっと受攻両方お上手だったんですものね。
私もあのねっとりした艶がたまらなく好きです…。

にゃんさまのおすすめの方がほかにいらしたら教えてください!
時間と心に余裕のあるときに『間の楔』を読み返したら、すごくよかったです。

モグ

2011.08.06 17:32 URL | #- [ 編集 ]

モグさん、こんばんは~

角川文庫版、未収録の短編が収録されているということもあって迷うことなく購入してしまいました!
時間が無くてまだ読み切れていないのですが…。
後日感想を上げたいと思っています~。

山藍先生のドラマCDにおいて塩沢さんはなくてはならない存在ですよね!
「スタンレー~」のCDにもジン役で出演されてますが、毎回存在感がすごい!
きっと、受とか攻とかそういう括りではなく、塩沢さんが演じるということにすごく意味があったのだろうなぁ…と思っています。
「アレキサンドライト」聴きたかったですね…。
新しいドラマCDが出ないのは残念ですが、山藍先生の気持ちにも同感です。

最近オススメのところのリストの更新が滞っていてすみませんっ(汗)
また時間のあるときに更新作業をしたいと思います。
コメントありがとうございました!
モグさんのコメントを読んで、山藍先生のドラマCDを聴き返したくなってきました。
それではまた~♪

2011.08.09 02:40 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/20-70d35cbc

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |