にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)
4813011322犬ほど素敵な商売はない (SHYノベルス164)
榎田尤利
大洋図書 2006-06-26

by G-Tools

さすがです、榎田先生。
こういうネタを違和感なく読ませる作家さんは、なかなかいないと思う。
そして、イラストが志水先生というのに完敗。
【犬ほど素敵な商売はない/榎田尤利/志水ゆき/SHYノベルズ(2006年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
悪い子だ。発情してしまったのか?自覚のあるろくでなし・三浦倖生は、うだるように暑い夏のある日、会員制のデートクラブ『Pet Lovers』から『犬』として、寡黙で美しい男・轡田の屋敷に派遣される。そこで倖生を待っていたのは厳格な主人・轡田の厳しい躾の日々だった。人でありながら犬扱いされることへの屈辱と羞恥。そして、身体の奥底に感じる正体不明の熱…。次第に深みにはまっていくふたりだったが!?究極のコンプレックス・ラブ。


【あらすじ・感想など】
ホストの三浦倖生(23歳・受)は、すでに親も他界し、刹那的な毎日を送っている。
そんなある日、会員制のデートクラブ『Pet Lovers』から轡田(おそらく38歳・攻)の屋敷に派遣される。
『犬』になることを要求する轡田に戸惑う倖生だが、次第にその関係にのめり込み、お互いに抜け出せない状態に。

倖生と轡田。
愛に飢えている二人は、『犬』と『飼い主』という主従関係によってそれを満たそうとしています。
歪んだ形であろうと、その関係でいれば、愛すること、愛されることに疑問を持つ必要がない。
そこには無条件に信頼関係が成立しているから。
プラトニックなSMといった感じでしょうか。
求めること、求められることに安心するが、肉体関係はない。
でも、この関係には徐々に無理が生じてきます。
お互いに自分に、そして相手に向き合っていないから。
そこから目を逸らすために、偽りの形に依存しているから。

肉体関係を持ってしまったとき、危機感を感じた轡田は、倖生との関係を切ります。
離れてみて、倖生はようやく自分に向き合い、気付きます。
犬となって得られる幸福で、一時の安心は得られる。
しかし、それは本当の幸せではない。
『犬』としてではなく、『倖生』として愛されなければ意味がない。
自分が『飼い主』としてではなく、轡田を好きなのだと。
轡田には、自分の度を超えた執着によって、悲惨な形で恋人と別れた過去があり、自分の独占欲が相手を追いつめる、ということを轡田は分かっています。
好きだからこそ、倖生との関係を自分から絶つ。
結果として、昔の恋人である高見の力もあり、二人はお互いの気持ちを知ることとなるのでした。

一見軽めですが、実際は結構シリアスです。
ズキッと来る言葉が何度もあって、胸が痛かった。
かなり特異な設定なのにもかかわらず、しっかり説得力のある文章で、違和感を感じさせません。
榎田先生の文章力に脱帽です。
「調教」ネタは数あれど、エロ無しでここまでもっていく作家さん、なかなかいない。

それにしてもこの二人、かなりバカップル…。
ペットやってた頃ももちろん普通じゃないですが、ちゃんと付き合ってからはさらに自分たちの世界というか何というか(^_^;)
でも、現実にこんな二人がいたら、是非見たい!
目の前でキスなんてされたら萌えるなぁ(笑)
岡とかナナとか、個性的なキャラもいるので、続編があってもいいと思います。
っていうか、読みたい。
この二人、絶対一筋縄ではいかなそうですしね~。
そういえば、白目を舐めるってありなのか?

余談ですが、私は犬よりネコになりたい。
自由気まま。
気が向いたら、飼い主という名の同居人にすりすりしてみる。
こんなんだけど、愛されてる。
いいなぁ、そんな生活(笑)

イラストは志水ゆき先生。
雰囲気がぴったりで、やられました。
こういうマンガ描きそうですよね。
いや、志水先生のマンガを知っているからこそ、このお話の雰囲気がさらに感じられるのかもしれない。

榎田先生、この本で50冊目なのですね。
私、まだまだ榎田先生の世界をかいま見た程度ですが、現在のBL界で一番力のあるの作家さんだと思います。
これからも、素敵な作品が読めることを楽しみにしています。

■Pet Loversシリーズ
「犬ほど素敵な商売はない」 轡田×倖生(犬)
「獅子は獲物に手懐けられる」 真(ライオン)×鶉井
「秘書とシュレディンガーの猫」 舘×雨宮(猫)

「蛇とワルツ」
関連記事
2006.06.29 09:45 | 榎田尤利 | trackback(3) | comment(4)
            

こんにちは、にゃんこさん。
たった今、感想アップしたらBL peopleで重なってましたね~。
嬉しくて速攻TBしてしまいました。

>そういえば、白目を舐めるってありなのか?
そうなのよね、私しばし読むの止めて考えましたもん。
多分、娘が起きてたら試しに実践してみてたかも・・・。

私も多分、月曜日に「二重螺旋3」を書く予定でいますよ~。
またTBさせていただくかも、です。
では!

2006.06.29 12:39 URL | 櫻井サクラ #- [ 編集 ]

いらっしゃいませ、サクラさん。

同じ日に同じ本のレビュー、私も嬉しいです♪

白目なめ、やるのもやられるのも怖いんですけど…。
裸眼の私は、コンタクト入れてる姿さえも怖い(笑)
二人の盛り上がりっぷりがよく分かるプレイですね~。
自分がやられたら…かなりひきます(^_^;)

ではでは、「二重螺旋」でも、きっとお世話になります。
コメント&TB、ありがとうございました☆

2006.06.29 13:21 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん、こんばんは。TBありがとうございました、お返しさせてくださいね。

白目舐め、こだわってますね~(笑) 私は、自分の白目を指先でなでるのはけっこうやります。えーと、指はちゃんとキレイに、そしてどちらも乾燥していないこと…。乾いているとピリッと痛いので。舌で舐めるのも気持ちいいかも…。

エダさんは本当に文章に力がある作家さんだと思います。その作品にあった雰囲気の文を書くことができて、情景や心理描写も的確でいいですよね~。

志水さんっぽい作品、そうかもしれません。作品と挿絵がぴったりだと二倍楽しめますよね。

2006.06.29 23:00 URL | 秋月 #3VVjZltY [ 編集 ]

秋月さん、いつもありがとうございます。

>舌で舐めるのも気持ちいいかも…
マジですか!うーん、新たな知識を得ました(笑)

榎田先生の作品、私はまだ半分も読んでいないのですが、どの作品も心に残ります。
まだまだ未読が沢山あるので、どんどん読んでいきたいです!

それでは、また!
コメント&TB、ありがとうございました。

2006.06.30 11:16 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/176-cf8460e1

犬ほど素敵な商売はない(榎田 尤利/志水 ゆき)
最近はSHYと榎田作品は必ず抑えているので、あらすじを確認せず購入していますが・・・かなり吟味して選んでいたら手を出さなかったかも。そんな設定です。なぜ犬?ワンコみたいな人・・・年下ワンコみたいな話は数あれど、本気で人間を犬として調教しようなんて話だとは・

2006.06.29 12:33 | 櫻井サクラの日々徒然・BL編

『犬ほど素敵な商売はない』
犬ほど素敵な商売はない 榎田尤利/志水ゆき  大洋図書シャイノベルス 2006.06榎田さんは本作で50冊目となるそうです。かぞえてみると内訳はボーイズラブ41冊、ライトノベル9冊(メモリアル本は含まれていないようです)。秋月が全部コンプリートしている作家のなかでは

2006.06.29 22:37 | 月と凌霄花

犬ほど素敵な商売はない
犬ほど素敵な商売はないあらすじを読んだときは「SM?興味ないなー」と思っていたのですが、他の方の感想を読んでいて「あれ?これはちょっと違うぞ」と購入。買ってよかった……!

2006.07.03 09:45 | ぼぉいずびぃあんびしゃす!

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。