にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

largo -ラルゴ- :榎田尤利

4773002735largo~ラルゴ~ (Cross novels)
榎田尤利
笠倉出版社 2004-02-08

by G-Tools

最近、「のだめカンタービレ」の影響で、クラシックにはまっている私。
音大が舞台のこの作品に思わず飛びつきました(笑)
面白かった!!
あぁ、ピアノが弾きたくなってきた~。
個人的に、榎田先生のイメージはモーツァルト。
大ハズレはナシ、心地よく、穏やかな雰囲気。
まさに癒し?
【largo -ラルゴ-/榎田尤利/依田沙江美/クロスノベルズ(2004年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
設楽六実は桜田凛が大嫌いだ。音大生らしからぬ逞しい身体も、屈託ない性格も気に食わない。それもすべて、凛が類まれなピアニストとしての才能の持ち主だから。その才能を疎みつつも惹かれることを止められない六実は、自分のためにピアノを弾くよう求めるが、かねてより六実を慕っていた凛はその報酬にキスを要求してきて…。音大を舞台に送る青春ラブストーリー。


六実と凛は音大ピアノ科の同級生。
六実は幼い頃からピアノ一筋、テクニックは素晴らしいが、しかし何かが足りない。
自分に足りないモノを持っている凛のピアノに惹かれた六実は、自分に気がある凛にキスをさせる代わりに、自分のためにピアノを弾かせる事に。
次第に凛に惹かれていく六実だが、凛の才能に嫉妬するあまり素直になれないが…。

自分の音楽を探すために、自分に向き合う。
それに二人の恋愛が絡んで、すごくよかった!!
不器用な六実が、凛との関係を通して自分を見つめていく過程が丁寧に書かれていて、泣けてきた。
音楽って、言葉より雄弁ですね。
分かるヒトには。(私は全く自信がない…)

タイトルのLargoは“幅広くゆるやかに”という意味です。
周りに流れに焦る事もあるだろうけど、自分のペースでゆっくり成長すればいいんだと、六実は気づきます。
それは意外に難しい。

あまりストーリーやキャラに触れてませんね…。
六実は、その不器用さが好感もてるし、凛も関西弁でいいキャラです。
二人とも、言葉より音楽によって通じ合ってますねー。
泣き所は何カ所かありました。
凛が『ため息』を弾く場面。
施設でピアノを弾きながら泣く場面。
音楽っていいなぁ。

3話から成っていて、それぞれテーマ曲(?)がタイトル。
1.Un Sospiro (3 Etudes de Concert S. 144-3) F. Liszt 『ため息』リスト
六実と凛の気持ちが通じ合う曲。
2.Jesu. Joy of Men’s Desiring from Cantata No.147 J. S. Bach 『主よ、人の望みの喜びよ』バッハ
凛が子守歌代わりに歌う曲。
六実も感じてましたけど、男同士で寝るのにこの曲?
荘厳ですな…。
3.Largo “Ombra mai fu” G. F. H?ndel 『懐かしい木陰』ヘンデル
このお話の最後、二人で歩いているときに流れてくる曲。
他にも、何曲かピアノ曲が出てきます。
特に大事なところで出てきたのが
・ショパン エチュード作品25 第11番イ短調
・リスト 愛の夢 3番
この辺りは、聴きながら読んだらもっと話を理解できそうです。
きっとどれも有名な曲だと思われます。
クラシック初心者の私は、知らない曲が多いですが…。


余談ですが、クラシックいいですね。
今まで見向きもしませんでしたけど、目から鱗が落ちました(^_^;)
最近の通勤BGMはラフマニノフ。
車だと、周りを気にせず大音量で聴けてよいです。
情熱的で力強く、聴いてて気持ちいい。
関連記事
2006.05.24 09:24 | 榎田尤利 | trackback(2) | comment(2)
            

こんにちは、にゃんこさん!ご無沙汰してます。

音楽は大好きなんですがクラッシックは全く解りません・・・
にゃんこさん、詳しく解説してくださってて凄い!と。
フジミとか読むと、聞いてみようかなぁ~と思うのですが
なにせ熱しやすく冷めやすい・・・聴く前に冷めてしまうのよねぇ。

にゃんこさん、SUMMER SONIC行かれるのですね、羨ましい!
今年は夏にどこかの野外に参加したいと年甲斐もなく思っているのですが・・・
とりあえず一番好きなバンドのツアー予定が出てから決めようと思ってます。
最近、ELLEGARDENも注目してるので、思わず掲示板の文字に飛びついてしまいました。

話が逸れてスイマセン・・・しかも長文・・・・・・
では、また!

2006.05.24 16:40 URL | 櫻井サクラ #- [ 編集 ]

サクラさん、こんにちは!

私も以前はクラシックなんて…という感じでしたけど、聴いてみると意外といけましたよ!例えば、ベートーヴェンの交響曲だったら、ロック好きな人なら大丈夫だと思うんですよ。7番なんて特にドドーンと力強くて、スカッとします(笑)「のだめ」読んでいると、色々妄想できて楽しかったです。
SUMMER SONIC行きますよ!去年初めて行ったのですが、すごくよかったです!洋楽好きなので、あんなにたくさん聴ける事に感動しましたー。エルレすごく好きなんですけど、ライブはなかなかチケットが取れなくて…(>_<) サクラさんも、是非サマソニへ!

コメント&TBありがとうございました

2006.05.24 17:25 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/147-b73ab7a0

largo~ラルゴ~(榎田 尤利/依田 沙江美)
榎田先生の場合、爽やかでいて特に事件性がなくても、凄く心に引っかかる部分がきちんとあるんですね。今回、音楽家の卵と障害者、才能の行方、人と音楽・・・重すぎず軽すぎず、微妙な匙加減で楽しませ笑わせ考えさせる。ただの恋愛だけで終わらない、人間味があって。その

2006.05.24 16:23 | 櫻井サクラの日々徒然・BL編

私は榎田尤利に動物実験されている・・・
と感じることがあります。榎田尤利さんというのは、この日記でよく取り上げているボーイズラブ作家です。スキナーという心理学者のオペラント学習の実験を御存知でしょうか?空腹のネズミを、レバーを押すとエサが出てくる装置を設置したオリの中に入れて、その学習行動を観

2006.05.25 23:33 | ほもほも日記

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |