にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

囀る鳥は羽ばたかない (5) :ヨネダコウ

4813031684囀る鳥は羽ばたかない(5) (H&C Comics ihr HertZシリーズ)
ヨネダ コウ
大洋図書 2017-11-30

by G-Tools

私の萌えが萌えすぎて憤死しそうです。
先が気になるけれど知りたくないジレンマ…。
【囀る鳥は羽ばたかない (5)/ヨネダコウ/H&Cコミックス(2017年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
抗争の最中、真誠会若頭の矢代は百目鬼の部屋で向かい合っていた。百目鬼への想いから目を逸らしていた矢代。矢代を守りたいと思っていた百目鬼。ふたりは互いに強く意識しつつも、これまで一線を越えないよう気持ちを堰き止めていた。けれど、追いつめられた百目鬼が矢代に気持ちを告げたとき、それまで保っていたバランスが崩れてしまう。自分に大事なものができてしまう、失ってはいけないものができるーー矢代が選んだ道は……!?

【あらすじ・感想など】
平田の裏切りにより、崩れた均衡。
怪我を押して立ち回っていた矢代だが、そうした状況の中、百目鬼との関係が変わっていくことに気付いていた。
そして自分の中の変化にも。
矢代は自ら壊そうとするのだが…。

ついに一線を越えました。
でも、甘さ以上にひたすら切ない。
百目鬼の気持ちが表に出てしまったら矢代は離れていく、それは百目鬼も読者も分かっていたことだと思います。
強くて軽薄なヤクザとして生きることで自分を守っていた矢代にとって、百目鬼の純粋な感情に触れることは危険でしかない。
だから矢代は自分から誘って百目鬼の感情を汚そうとするわけですが、追い詰められた百目鬼が発した言葉が、予想以上に矢代の心に刺さっていました。
自分の心をコントロール出来ていたはずなのに、出来なくなっている。
蓋をしていた感情や本来の自分、心の傷、いろいろなものが百目鬼の存在によって深層からあぶり出されてしまう。
自分に懐く百目鬼を手のひらで踊らせていたつもりが、深みに嵌まっていたのは矢代だったのですよ。
百目鬼も矢代の変化を察して、今を逃したら二度とその心に触れることはできないだろうと分かっている。
心も身体もコントロールできていない矢代の様子が、切なくて愛おしくて、もうたまらなく萌えます。
そして、封印していた心の傷に触れてしまうシーン。
つらい。
泣ける。
でも萌える。
悩ましい腐女子心…

百目鬼との関係により心が弱っていますが、それで崩れる矢代じゃありません。
組織内の裏切りに決着をつけるべく、再び動き出します。
予想通りの行動とはいえ、百目鬼とのいろいろがあったあとなので、無茶しそうでハラハラしっぱなしでした。
ゴタゴタは波乱を経て収束の気配が見えてきましたが、どう決着がつくのか、矢代の立場がどうなるのか気になります。
それにしても平田が………(怒)
げに恐ろしきは男の嫉妬なり、ですね。
最近よく感じるのですが、女の方が言葉にすることで自分の感情を認識しているから行動がストレートだけど、男は内に秘めているぶんうまく消化できなくて、結果、それが破壊という形で暴走してしまうのではないかな。
まぁ、タイプの違いがありつつも、それは平田だけじゃなく、竜崎も、そして矢代も同じかなと思いますが。
百目鬼は一度父親の件で暴走した経験があるから、自分の感情を少し冷静に捉えることができているように思います。
……しかしそんな複雑な感情を超えて最強なのは某鈍感男ですが!!
鈍感というより、無関心なのか。
一見いい人そうだから余計にタチ悪いですね。

とにもかくにも、ついに大きな一線を越えたふたり。
相変わらず今後の展開が不安でしかたないです。
バッドエンドにはならないだろうとは思っていますが、どう決着したらふたりが幸せになれるのか。
私は、矢代に本来の自分を受け入れて欲しいけれど、素直で優しい矢代を求めているわけではないのです。
今の矢代が好きだから、変わって欲しくない。
でも幸せになって欲しい。
その矛盾を乗り越えられなくて、続きが読みたいけど読みたくないというジレンマに陥っている私…。
これまでのツンツンしていた矢代と5巻の前半のような揺らいでいる矢代のギャップに、私の萌えが萌えすぎて憤死しそうです。
何度も読み返しては萌え転げて余韻に浸ってしまう。
この萌えでご飯何杯でも食べれそうです。
ふたりの関係だけでなく、周囲の人物との関係性や掘り下げられていて、それも作品の面白さの要因ですね。
あとがきに「まだ結構続きます」と書いてあって、ちょっとホッとしました。
ヨネダ先生、ありがとうございます!
大好き!!

■シリーズ
「囀る鳥は羽ばたかない (1)」
「囀る鳥は羽ばたかない (2)」
「囀る鳥は羽ばたかない (3)」
「囀る鳥は羽ばたかない (4)」
「囀る鳥は羽ばたかない (5)」

囀る鳥は羽ばたかない 1 (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 129) 囀る鳥は羽ばたかない 2 (H&C Comics  ihr HertZシリーズ) 囀る鳥は羽ばたかない(3) (H&C Comics ihr HertZシリーズ) 
囀る鳥は羽ばたかない 4 初回限定小冊子付 (H&C Comics ihr HertZシリーズ) 囀る鳥は羽ばたかない(5) (H&C Comics ihr HertZシリーズ)
関連記事
2017.12.09 20:21 | ヨネダコウ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1422-f15f80f7

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2018年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)
このBLがやばい! 2018年度版 (Next BOOKS)
【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。