にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

天水桃綺譚 :凪良ゆう

4829626305天水桃綺譚 (プラチナ文庫)
凪良 ゆう
プランタン出版 2017-05-12

by G-Tools

良い意味でいつもの凪良先生とは違う雰囲気の作品でした。
かわいくて優しくて胸いっぱい。すごく好きです!
【天水桃綺譚/凪良ゆう/藤たまき/プラチナ文庫(2017年)】



↓ネタバレあり、caution!
桃農家の亨が見つけた、金色の芳しい桃。それは、天から落ちた桃の精だった。金髪の美しい少年に変じモモと名付けられた彼は、天真爛漫に下界での暮らしを楽しむ。ぎこちなくも不器用な優しさで見守る亨と、純真なモモはやがて想いを寄り添わせていくが、それは許されぬ恋だった―。その後のふたりに加え、白虎さまに恋慕する、未熟な桃の精・コモモの切ない恋物語も書き下ろし。

【あらすじ・感想など】
『天水桃綺譚』
両親は亡くなり、見合い結婚した嫁にも出ていかれ、ひとり桃を育てている高山亨。
ある日、金色に輝く桃を拾い家に帰った亨の前に、見知らぬ少年が現れる。
「自分は天の桃」だと言う少年を訝りながらも無下に追い出せず、「モモ」と名付けしばらく預かる事になった。
天真爛漫で純真なモモの言動に振り回されながらも、次第にその存在を特別なものに感じるようになるのだが…。
人間と桃の精のファンタジーです。
舞台は戦後間もないころの日本の田舎。
モモは天で四神のひとりである白虎に寵愛されていた桃の精で、白虎が起こした風で飛ばされ下界に落ちてしまったところを亨に拾われます。
亨はそんな説明をされても全く信じていなくて、少し障害がある子なのかなくらいに思っていますが。
見た目は外国人の少年なのですが、人間界の常識は全くないので日常生活もひとりではままならず、亨は世話を焼きっぱなし。
でも、無邪気で純真なモモに、ひとり孤独に生きてきた亨は癒されていきます。
無骨で口下手な亨は人付き合いが苦手。
元妻との生活も優しい言葉がかけられないまま破綻してしまい、亨の心は静かに傷つき、閉じていました。
そんな亨の懐にモモは無邪気に飛び込んできて、頑なだった心を開いていく。
人を愛おしむ心を自覚したことで、これまでの自分を振り返り、気付かなかった、気付こうとしていなかった他人の気持ちを理解する。
亨の不器用だけど誠実な人柄が好印象。
モモも、その無邪気さがあざとくなくてかわいいです。
心を通わせていくふたりの様子に読んでいる私の心もあたたかくなりました。
ただ、結ばれるふたりを素直に喜べないのはモモが桃の精だということ。
人間との関係がすんなりうまくいくはずがない。
それに、この話の始まりはおじいさんが語る昔話なのです。
それはつまり……。

ここから、結末に関してネタバレしています。
知りたくない方はご注意くださいませ。

この手のファンタジーは切ない結末もあり得ると思っていたので、幸せな気持ちの一方で不安を拭えないまま読んでいましたが…
素敵なハッピーエンドでした!
なるほど、そうきたかという感じ。
白虎様、ありがとうございます!
もう胸がいっぱいで、涙があふれました。
『お伽噺のあとで』はその後のふたりのショートストーリー。
幸せな生活がまた甘くてかわいくて、ホッコリしました。

『虎と桃』
後半は、モモの弟分になるコモモと白虎様の話です。
モモと同じ木に実ったコモモは、桃として未熟なまま桃の精になったので小柄で身体も弱く、容姿も平凡。
白虎は神という立場でありながら自らそんなコモモを丹念に世話をし、大切にしています。
コモモはもちろん白虎を慕っていますが、桃の精として不甲斐ない自分を申し訳なく思う気持ちも大きい。
そして、白虎への気持ちが敬いとは違う感情も含まれていることを自覚しながら、それを打ち明けられるはずもなく、気持ちは募るばかり。
一方、白虎はコモモを特別大切にしているけれど、素直にそれを伝えるような性格ではありません。
身分差が大きすぎて、遠回しな言葉はコモモに全く伝わらない。
周りからしたら、そういう態度もコモモに甘えているように見えるんでしょうけど。
じれったい…!!
白虎様の意地っ張り!!
コモモの控えめすぎる性格はともすれば苛つくくらいですが、舞台が神の世界で、桃の精と神様というあまりにも大きな身分差があるので納得出来ました。
いろいろありつつ結ばれるまで本当にじれったいです。
でも、その後の甘々っぷりがその分美味しい!
白虎様ったら!!
神様なのでオレ様なところもあるし、厳しいことも言うけれど、基本的に分かりやすい性格なので憎めないキャラでした。
コモモにメロメロなのがだだ漏れでかわいい(笑)

--
ということで、凪良先生の新刊はファンタジーでした。
ファンタジー得意じゃないと思っていたけれど、東洋系だと割と好きかも…いや、大好きだなと意識を改めました。
妖怪とか物の怪とか大好きだし。
この話は人間界は日本、天界は中国神話の神様がいる世界の話です。
元々はデビュー前に書かれていた作品ということで、最近の凪良先生の作品の雰囲気とは少し違いますね。
私は凪良先生の作品の一筋縄ではいかないようなところが好きなのですが、こんな柔らかくて優しい話もいいなと思いました。
良い意味で凪良先生らしくない作品。
いっぱい泣いたけれど、幸せいっぱいな読後感です。
久しぶりにこんなに泣いた。
萌えというより、キャラへの愛おしさで胸がいっぱいになりました。
皆かわいくて仕方ない!!
読み終わりたくなくて、もっとその先も読みたいのにページをめくったら「あとがき」で……しばし放心しました。
亨とモモ、白虎様とコモモ、どちらのカップルもかわいかったです。
藤先生の挿絵もピッタリですね。
胸いっぱい、癒しいっぱいな大満足の1冊でした。
面白かった!!
桃が食べたくなります(笑)
関連記事
2017.05.28 01:45 | 凪良ゆう | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1417-827de6de

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。