にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4403524168横顔と虹彩~イエスかノーか半分か番外篇~ (ディアプラス文庫)
一穂 ミチ
新書館 2017-02-10

by G-Tools

「イエスかノーか半分か」のスピンオフ。
苦手だった竜起がどんどん好きになりました!
【横顔と虹彩 〜イエスかノーか半分か番外篇〜/一穂ミチ/竹美家らら/Dear+文庫(2017年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
人気バラエティ番組「ゴーゴーダッシュ」でADを務める深。同局の夜ニュースの現場にも入ることになり、スポーツ担当のアナウンサー・皆川竜起と知り合う。竜起はやけに声が大きく強い目をした男だった。苦手なタイプのはずなのに、生き生きと喋る竜起から深は目が離せなくなる。心酔するP・栄のもとで大好きな「ゴーゴー」に関わっていられれば幸せだった深だが、竜起はぐいぐい距離を縮めてきて…?

【あらすじ・感想など】
高校生の頃、落ち込む自分を救ってくれた人気バラエティ番組「ゴーゴーダッシュ」に関わりたいと制作会社に就職し、夢かなって今ではADを務めている名和田深。
新しくニュース番組の仕事も担当することになった深は、そこでスポーツを担当する皆川竜起と出会った。
軽そうな雰囲気で物怖じしない竜起に苦手意識を持っていたけれど、その仕事ぶりを見て印象が変わっていく。
竜起と関わる事で、深は自分自身の仕事への向き合い方を改めて考えさせられるようになるのだが…。
「イエスかノーか半分か」のスピンオフで、本編の方で当て馬として登場していた国江田の後輩アナウンサー・皆川竜起が今回の主人公です。
竜起は失敗や知識不足を露呈したりしているのに、皆に愛されあっけらかんと仕事をこなしているようなアナウンサー。
要領の良さで生きてきたように見える竜起ですが、もちろんそれだけではプロの世界で生きていけません。
その裏には努力があるし、プロ意識もある。
でも、仕事でもプライベートでも緊張したことがない自分には何か足りないものがある、と本人も気付いています。
一方、深は「ゴーゴー」のプロデューサーである栄に心酔しています。
栄は横暴で非情な独裁者だけど、その才能で番組が成り立っているのも事実。
気まぐれな言動に振り回されながらも、栄のため手足のように働く事にやり甲斐を感じている深は、竜起にそんな働き方への疑問を呈されてしまう。
栄に尽くしているだけで満足していて、自分が将来どんな仕事をしたいか考えていなかった事に気付かされます。
深の働く姿を疑問を持たず読んでいた私自身ハッとさせられました。
そして、こういうことをサラッと言ってしまう竜起に、感心する一方でイラッともしてしまう部分もある。
世の中、特別な才能があるわけでもない人間が大多数。
そこを努力で頑張ってきた人にとって、竜起みたいな元々才能も愛嬌も持っているタイプは良い印象を持たれなかったりする。
国江田も最初の頃竜起に苛々していましたよね。
深も竜起に最初は反発心があったけれど、次第にその真っ直ぐな言動に心が動かされていきます。
私も実際に竜起みたいなタイプが職場にいたらイラッとするだろうし、一歩引いてしまうと思うんですが、こうして竜起と深のやりとりを見ているうちに、竜起の良さがどんどん見えてきました。
気になる相手に対して、グイグイ懐に入っていく強さ。
裏表のない明るさ。
チャラそうにみえて、しっかり自分の考えを持っている。
最初の印象がマイナスから始まっているので、そのギャップにやられますね!
ただ、女性相手だと竜起はその良さが伝わらないのかもしれない。
依存心の強い人は竜起では物足りないだろうし、自立心旺盛な人だとドライな関係になりすぎるだろうし。
モテるから最初から恋愛対象として見られて、そのギャップが逆にマイナスに取られてしまいそうだなぁと思います。
同性だから伝わるその人の良さってありますよね。
BLは、そういう部分が読んでいて気持ちいいし楽しいです。
深と竜起、特にガードの固かった深が、反発しながらも少しずつ心を明け渡していくので目が離せませんでした。

ということで、「イエスかノーか半分か」シリーズのスピンオフ。
竜起は1冊目では当て馬でしたが、続編でも、国江田の本性や潮との関係を知る唯一の同僚というポジションでたびたび登場していました。
国江田に対しては「攻」だったけれど、お調子者で苦労知らずなところがあるキャラだったので、男同士なら相手は年上の攻で自分の未熟さを知っていくとか、そんな展開かなぁと漠然と想像していました。
ところが、蓋を開けてみれば予想とは正反対。
ちょっと残念に思いながら読み始めたのですが、竜起の本来のキャラが見えてきて、違和感はすっかり消え去りました。
いい男じゃないですか!
深との交流や仕事での経験を、竜起はどんどん自分の力にしていますよね。
そんな竜起に影響されていく深の変化もよかったです。
最初はそっけなかった猫が心を許して懐いていくのがかわいい!
このふたりの関係を、国江田が知った時の反応が気になります(笑)
国江田と潮が暮らす部屋にふたりで遊びにいくとか、ダブルデートとか、あったらいいなぁ。
同人誌で読めるかしら、むふふふ。
相変わらずな国江田の仕事っぷりや、潮との順調そうな関係も垣間見えて、大満足のスピンオフでした!

にしても、竜起が若すぎて!!
表紙のハートの作り方は一穂先生がTwitterでつぶやいていなかったら気付かなかったし、文中に出てきた「ちな」は誤植かと……(略語です)。
その言葉を略す意味が私には謎です…。
自分の年齢を痛感しました(笑)

■シリーズ
「イエスかノーか半分か」
「世界のまんなか ~イエスかノーか半分か(2)〜」
「おうちのありか ~イエスかノーか半分か(3)〜」
「横顔と虹彩 〜イエスかノーか半分か番外篇〜」 皆川×深

イエスかノーか半分か (ディアプラス文庫) 世界のまんなか~イエスかノーか半分か 2~ (ディアプラス文庫) 
おうちのありか~イエスかノーか半分か 3~ (ディアプラス文庫) 横顔と虹彩~イエスかノーか半分か番外篇~ (ディアプラス文庫)
関連記事
2017.02.18 14:01 | 一穂ミチ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1413-c775d077

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド
【このBLがやばい!2017年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)
このBLがやばい! 2017年度版 (Next BOOKS)

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |