にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

遠い岸辺 :英田サキ

4813013090遠い岸辺 (SHYノベルス)
英田 サキ
大洋図書 2016-11-30

by G-Tools

ストーリーもキャラも私は好きです!
ただ、いろいろ寛容な人向けではあるかもしれない。
【遠い岸辺/英田サキ/ZAKK/SHYノベルズ(2016年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
マル暴の刑事でありながら傷害事件を起こした射場は、出所してから下っ端ヤクザとして自堕落に生きていた。そんなある日、暴力団の企業舎弟、日夏晄介のボディガードを任される。それはずっと憎んでいた男との再会でもあった。ゲイではないと言いながら男を抱き、男に抱かれる日夏。同性愛を嫌悪する射場は苛立つが、一緒に暮らすうちに謎めいた年上の男に惹かれていく。だが日夏の命を狙う何者かが現れ…!?愛と憎しみ、魂の再生の物語、誕生!!

【あらすじ・感想など】
マル暴の刑事だった射場真二は、傷害事件で服役。
出所後は女のヒモからヤクザ崩れになり、そして関東最大の暴力団の幹部・外狩に拾われある男のボディーガードとして働く事になる。
偶然にも、外狩の企業舎弟であるその男・日夏晄介は、射場にとって忘れられないある出来事に関わっていた男だった。
複雑な思いを抱えながら、仕事を引き受けた射場だったが…。
という、関係性で言えば元マル暴のボディーガード×企業舎弟です。
射場は自堕落な生活を送りながらも身体は鍛えていて、雄臭ムンムンの32歳。
一方、日夏は莫大な金を動かし裏の世界で名の知れている実業家で、線の細いけだるげなイケメン42歳。
悲しい過去を抱え、孤独に生きていたふたりが惹かれ合っていく。
と、ここまでは割と王道なのですが、あらすじに「男を抱き、男に抱かれる日夏」とあるように、リバ要素的な部分があります。
これ以外にも王道からちょっと逸れている部分があるので、この時点でダメだと感じる人には厳しいかもしれません…。
感想を書くにはそこにも触れることになりますので、ご注意くださいませ。
ネタバレNGな方はここでUターンしてください。


射場が日夏に出会ったのは、大学生の頃。
ヤクザに袋だたきにされていた射場の前に日夏が現れ、犯されます。
屈辱的な出来事ですが、実は日夏が射場を助けるために立ち回った結果ではないかと射場は薄々感じていて、開き直りに加えそれを見極めようという気持ちもあり、射場は仕事を引き受けることに。
でも、日夏のことを知れば知るほど射場は戸惑います。
口が悪く、外狩を苛立たせることもしばしば。
金儲けが好きで、時には汚い手も使う。
性生活は乱れ、尻軽で節操なし。
しかしその一方で、家では自炊しキッチンでは機嫌がよかったり、意外な一面も見せてくる。
節操なしのように見えて、セックスの相手とは欲望で繋がっているわけではなく、可哀相な子猫に優しくしているような関係であったり。
冷静でニヒルな顔の裏に見え隠れする孤独に、射場はいつの間にか目が離せなくなっていきます。
そしていつしか、惚れてしまっていた。
日夏も射場に惹かれていて、駆け引きを繰り返しながらふたりの気持ちは近づいていくのですが、そこに再び過去のしがらみが絡んだ事件が起こります。
序盤はどうなることかと思う部分もありましたが、ふたりの関係の変化や駆け引き、私はすごく好みでした。
口の悪いツンとした受、ガッチリ肉体派の攻、どちらも大好物。
孤独を抱えている背景も乱れた性生活も、日夏の魅力になっていました。
ヤクザ絡みの事件の裏にあった真実や、その清算の仕方などなど、話の展開も面白かったです。
どうまとめるのかと思ったら、意外にもスッキリきれいに収まっていました。

ただ、BL的には珍しい展開もあるので万人受けはしないかもしれません…。
まず初っ端から「おや?」となったのは、ふたりの初遭遇エピソード。
「犯された」と言っても、襲い受で日夏が乗っかったんでしょ?くらいに思いながら読んでいたら、違いました。
本当に犯してました。
びっくり。
処女喪失している攻、しかも肉体派の攻って珍しい…。
その設定必要だったのかよく分からないですが、インパクトはありました。
あと、日夏のセックスシーン。
男も女も、攻も受もいけるのはともかく、その場面の描写があるのがびっくり!
攻と女のセックスに受が加わる展開なら割とありそうですが。
いろいろびっくりしたところはありますが、英田先生の作品に登場する受は「線は細くても中身男前」というキャラが多いので、そういう意味では「あり」だなと私は思いました。
英田先生だからこそ萌えを損なわず成立したキャラですね!
男前だけど、射場とのセックスでは乱れていて、そのギャップが萌え。
射場の雄臭にムラムラしている日夏がかわいかったです。

ということで、英田先生の新刊は裏社会を舞台にした作品でした。
シリアス度高めのストーリーに、口の悪い受の可愛さがうまく嵌まっていて、最後まで面白かった!
忠実で優秀なワンコ攻・射場の見せ場もしっかりあります。
濡れ場も美味しいし、読み応え、萌え所たっぷり。
そして、本編も面白かったですが、私は脇で登場していた狛のその後が気になって仕方ないです!!
狛のお相手がドSっぽくて、想像しただけでワクワクしてしまう。
日夏と射場のその後もからめて、スピンオフ希望です!!
関連記事
2016.12.22 19:58 | 英田サキ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1408-0d907fb1

最近の記事

プロフィール

にゃんこ

Author:にゃんこ
このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
つぶやき

拍手ありがとうございます! 拍手にはコメント機能をつけていませんので、ご意見ご感想などありましたら、メールフォームからどうぞ。お返事は雑記の方にさせていただきます。



満足度は1~3+α
→年間マイベストはこちら

RECOMMEND

参加させていただいています!

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド
【このBLがやばい!2017年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)
このBLがやばい! 2017年度版 (Next BOOKS)

記事別アクセス数

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

BlogPeaple

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

過去ログ

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

RSSフィード

| ホーム |