にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)
4403524028おうちのありか~イエスかノーか半分か 3~ (ディアプラス文庫)
一穂 ミチ
新書館 2016-06-30

by G-Tools

計の仕事関係のトラブルかと思いきや…!
このふたりの関係好きだな〜と改めて感じる続編でした。
【おうちのありか ~イエスかノーか半分か(3)〜/一穂ミチ/竹美家らら/Dear+文庫(2016年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
お付き合いを始めて間もなく二年、局アナとアニメーション作家として公私ともに充実した日々を送る計(けい)と潮(うしお)。だがある日、計に衆院選立候補の噂が立つ。ほとぼりが冷めるまで不自由を強いられ計がストレスを溜めていたところ、同時に潮の仕事にも急なキャンセルが続く。二人の知らない場所で、何かが起きていた。今まで計が困ったときは、必ず潮が助けてくれた。でも潮が苦しい時は……?

【あらすじ・感想など】
若手人気アナウンサーの国江田計は、さわやかな容姿とまじめな仕事っぷりで「王子」と呼ばれているが、その実態は毒舌でだらしのない生活を楽しむ、外面からは想像出来ない正反対の本性を持つ男。
そんな計が心を許している恋人・都築潮とは、お互い忙しい日々の中、口喧嘩をしつつもいい関係を続けている。
そんな中、近々あるかも知れない衆議院議員選挙に計が立候補するという噂が突然流れ、寝耳に水の計は苛立ちながらも冷静に対応していた。
最近いくつかの仕事のキャンセルを受けていた潮は、計の話を聞き、不穏な気配を感じていたのだが…。
という、選挙云々で始まるこの続編。
あらすじを読んで、私は騒動に巻き込まれた計とそれを支える潮の話かと、漠然と予想していました。
でも、事態は意外な方向に、そして思いがけず深刻な方向に進んでいきます。
確かに今まで潮の生い立ちについて触れられていなかったし、この続編が潮の寂しげなモノローグから始まっていたし、ちゃんと布石はあったんですよ。
すっかり油断してました。
ハラハラさせられましたが、この騒動でふたりの関係が今まで以上のものになってホッとしました。
何より、本気になった計がとてもかっこよかったです!

ここから先は、核心部分には触れていませんが少しネタバレを含むので、未読の方はご注意くださいませ。
知らないまま読む方が面白いと思います!

潮は、中学卒業後家を出て、祖母の世話になりながら生きてきています。
家を出た原因は、政治家であった父親に対する反発。
それから実家と没交渉のまま15年ほど経ち、今になって家を継げと言われても、当然潮は拒絶します。
でも、そうさせないために、計の存在を脅しのようにちらつかし、相手は逃げ道を奪っていく。
計はそれを知りアナウンサーを辞めるとまで言うけれど、潮は自分のために計にそんなことをさせるなんて耐えられない。
じゃあどうしたらいいのか。
読んでいる私もいろいろ考えたけれど、ここは一旦離れるという選択肢しか残ってないんですよね。
すべてを守ることはできない。
突然のことに計は茫然としますが……
ここで泣き寝入りする計じゃありませんでした!!
そうきたか!という感じ。
潮の父親がとてつもない悪人なら思う存分憎めるのですが、そうじゃないのです。
父親は父親で、自分を捨て、感情を殺す覚悟を決めなければいけない事情があったわけで、それは逃げようのない道だった。
政治家としても、真面目に誠実に取り組んできたからこその今の立場なわけで。
他人で、社会のしがらみや政治の動きに近い立場にいる計には、潮親子の確執の原因となった出来事の背景を、理解できる部分も大いにある。
潮は思春期の頃に飛び出してしまい、その頃の家の状況について知るのを拒んだままだったし、父親の方も自分から分かりやすく愛情を示すような人でもなくて、血の繋がり故にこじれているんですよね。
こんな状況をどう打開するのか…。
数年後、潮が政治家になって再会し関係復活とか?
でもそれはもう潮が潮でなくなってしまうし。
……なんて、そんな心配はスッキリ吹き飛びました。
計、かっこいい!!
利用できるものは利用し、敵の情報を分析し、不利な状況すらも逆手にとって敵地に乗り込む。
「国江田」の立場すら危うくなるような状況の中、潮を取り戻すために行動を起こし、啖呵を切る計に惚れ惚れしました。
いつもは潮が王子様だったけれど、今回は計が王子様でしたね!
その後の幸せなエッチシーンがこれまた甘くて痺れました。
気を張っているときとの落差、たまらないです。

ということで、イエスかノーか半分か、続編第2弾でした。
まさか3冊目が出るとは思っていなかったし、展開にも驚いたし、いろいろな意味で予想外でしたが、期待以上に面白かったです!
実は、読む前にTwitterなどで大絶賛されているのを見てしまい、無意識のうちに自分の中で満足のハードルが上がっていそうで不安になっていたのですが…。
そんな心配を吹き飛ばす面白さでした。
これまで潮の方が精神的に安定していて、出来すぎな男だなと思っていたので、今回そんな潮の臆病な一面を垣間見ることができてよかったです。
そして、兎にも角にも計がかっこいい!!
アナウンサー「国江田」と素の「計」のギャップ故の悩みがこれまでベースにあったと思うのですが、今回はそれを超え、「国江田計」として頑張る話でした。
読み終わってスッキリ!
事件の発端となった確執については無言の幕引きかと思ったら、最後、うまくまとまっていてよかった。
切なさ漂う中、トラブルを乗り越え共に歩いていくふたりが眩しかったです。
このふたりの関係がますます好きになりました。
大満足!
一穂先生、ありがとうございましたー!

■シリーズ
「イエスかノーか半分か」
「世界のまんなか ~イエスかノーか半分か(2)〜」
「おうちのありか ~イエスかノーか半分か(3)〜」
「横顔と虹彩 〜イエスかノーか半分か番外篇〜」 皆川×深

イエスかノーか半分か (ディアプラス文庫) 世界のまんなか~イエスかノーか半分か 2~ (ディアプラス文庫) 
おうちのありか~イエスかノーか半分か 3~ (ディアプラス文庫) 横顔と虹彩~イエスかノーか半分か番外篇~ (ディアプラス文庫)
関連記事
2016.07.03 18:10 | 一穂ミチ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1400-6bf8af9d

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。