にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

ランブル・ラッシュ :神室晶/高緒拾

4896440986ランブル・ラッシュ (JUNEコミックス ピアスシリーズ)
室 晶
マガジン・マガジン 2005-11-30

by G-Tools

古本屋フラフラしてたら、見慣れた名前を発見。
「高緒拾」…。
あれだ、水原先生や綺月先生の挿絵で衝撃を受けたヒトだ…!
「夏陰」「箍冬」水原とほる、「梔子島に罪は咲く」綺月陣。いずれも鬼畜度高い作品なのです)
あの絵でマンガ…?
どう考えても濃いよ…?
なんて思いつつ、怖いモノ見たさ半分で購入してしまった。
勢いで「ラブプリズム」(東城麻美)も併せてお買いあげ~。
どうした私。
濃いマンガ苦手じゃなかったのか?
ストレス溜まってるのか…??
【ランブル・ラッシュ/神室晶・高緒拾/JUNEコミックス(2005年)】

オススメ:  

↓ネタバレあり、caution!!
※神室の「神」は本当は、示に申です。

短編6話収録。
『ランブル・ラッシュ』
新人鉄道員が痴漢男と回送列車で3Pエッチ。(ただの状況説明じゃん…)
コメディタッチの軽いお話。
『Dr. H!』
漢方買いに行ったらマッサージされてエッチ。(オイオイ)
これも軽いノリ。
『ハイスクール・メイズ』
ホモカップルのお話。別のコミックスに収録されている話の続編。
これまた軽いノリ。
でもまあ、恋愛沙汰。
『潮騒』
苦い思い出を胸に15年ぶりに帰った故郷で、ようやく自分の気持ちに素直になる事が出来るが、時はすでに遅かった…。というお話。
一転して、シリアス。
『STAY』
ゲイ向け雑誌のカメラマンとモデルのお話。
鬼畜でシリアス。
『AFTER THE RAIN』
『ハイスクール・メイズ』のカップルの短編。

私、高緒先生はシリアスなヒトだと思いこんでいました…。
軽いノリも描く、というより、そっちの方が好きっぽい?
以前、挿絵の時に受けた疑問が解決した気がします…。

高緒先生が描く男の身体は、まさに“男!”って感じ。
これぞ男と男の絡み合い?
話は軽くても、絵のタッチが濃い、エロも濃いのです。
なんだかオスのニオイが充満してそうなエロ。
クサそうです(^_^;)
そしてリアル。
毎回キチンとゴムまでしっかりと描き込み。律儀だわ。
(その割には挿入まであっと言う間なのですが(笑))

そんなエロなので、シリアス路線ならいい感じではまってます。
特に『STAY』はよかった。
高緒先生の絵とエロがとてもマッチしていて、二人の精神的な絡みがSMという形でうまく表現されていると思う。
最後は明るい雰囲気だったけど、JUNEのニオイがする短編でした。
『潮騒』は笑い一切ナシのシリアスなお話。
これはまさにJUNE。
切ないです。
その他の高緒先生の軽いノリは…微妙です。
読んでいくうちに慣れてきたけど、どうも違和感が…。
絵が濃いから、多少軽いノリで息抜きがあるといいかも、というのはありますが。
水原作品のようなシリアス&鬼畜なマンガだったら、かなり好みかもしれない。

しっかし、今回ピアス2冊をレジに出すのには勇気がいりました…。
表紙、裏表紙のイラストは全然許容範囲内。
肌色少ないと思いますよ。
でもね…
裏表紙の文字が…
「新人鉄道マン、チカン野郎にイカされて絶体絶命
そ、そんなデカデカと書かなくてもさー。
いじめですか?
「買えるもんなら買ってみろ!」って挑戦されてる?
「羞恥心を捨てられないいたいけな少女は読んじゃダメよ」っていう警告?
確かに、これくらい勇気がなきゃ内容についていけないかもね(笑)
…ってことは、私はもう腐っているのねー(今更)

ちなみに同時購入した「ラブプリズム」も、さすがピアスでした。
エロは超鬼畜。
少女マンガ系のタッチで、描写も恥ずかしいくらいストレート(^_^;)
ここまで潔いと、気持ちいいくらいです(笑)
別に話が面白いわけではないのですが(失礼)、勢いがあってよいのではないかと…。どこまでもいっちゃって下さい。
そしてこれ、近親相姦ネタ。(大好き)
やっぱこのネタには鬼畜エロでしょ!ってことで満足ですよ。
鬼畜であろうと、私はお兄ちゃんを応援するよ!
東城先生、他の普通のBLマンガ読みましたけど、こっち路線の方が向いていると思います。
ラブプリズムラブプリズム
東城 麻美

by G-Tools


今まで「マンガで濃いエロは苦手」と思ってましたけど、絵とストーリーが合っていれば好きかもという事に、ようやく気づきました。
少女マンガのような甘い話に、濃いエロ描写は違和感あります。
でも、ねっとりドロドロシリアスモノなら、小説でもマンガでも、エロは濃くないとね!ってことかな。
関連記事
            

>ピアス2冊をレジに出すのには勇気がいりました…。
確かに勇気いりますよね。
高緒拾さん、コミックでてるんですね。
水原とほる「夏陰」「箍冬」
綺月陣「梔子島に罪は咲く」
こちらの作品、私も読んでます。
確かに鬼畜度max!の作品にピッりあった挿絵でした。
わたしも、勇気出してコミック買ってみようかな・・・・・。


2006.05.16 17:09 URL | 富士山 #a2H6GHBU [ 編集 ]

富士山さん、こんにちは。

是非勇気を振り絞って、購入してみて下さい!
ネット本屋という手もありますし…。
初めのうちは、高緒先生の濃いエロに圧倒されましたけど、だんだん慣れてくると楽しめました。
鬼畜エロマンガならこのくらい濃くないと、やっぱ違和感あるのではないかと思います。
シリアスなお話はとてもよかったですよ。
クセのある作家さんですが、読む価値はあると思います(^_^)

ではでは、コメントありがとうございました!

2006.05.17 10:23 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/140-c1cefabf

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |