にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

騎士陥落 :西野花

4576160079騎士陥落 (二見書房 シャレード文庫)
西野 花
二見書房 2016-01-25

by G-Tools

安定の肌色率ですね、西野先生!
萌えエロ的には美味しい1冊でした。
【騎士陥落/西野花/Ciel/シャレード文庫(2016年)】



↓ネタバレあり、caution!
嫌だ、殺…せっ―。実力、容姿とも比肩する者なきヨシュアーナ国蒼騎士隊隊長シリル。高い家柄、可愛い婚約者、為政者の信…すべてを持ちながら、高潔な騎士は今、敵将ラフィアの手によって誇りを奪われていた。捕虜となった部下を守るため―しかし拓かれた身体は快楽を覚え、矜恃を打ち砕かれるたびに精神は解放感を増していく。そして信頼していた部下たちに蔑まれ犯される中で、シリルはラフィアにこそ己の姿を見て欲しいと感じ始め…。

【あらすじ・感想など】
戦いで領土拡大を続ける国・ヨシュアーナで騎士として生きるシリル。
美しい容姿だけでなく剣技にも優れるシリルは、高潔な騎士として部下や周囲の人間から慕われていたが、満たされない心を誰にも明かせず孤独を抱えていた。
そんな中、敵将・ラフィア率いるファルク軍との戦いで捕虜となってしまう。
ラフィアとの出会いがシリルの運命を変え…。
という、敵対する相手と恋(?)に堕ちる話です。
強くて美しいシリルは部下から崇拝されていて、信頼できる友や仲間もいるけれど、心は満たされていません。
騎士になったのは家柄と才能故であって、自分が望んだものではない。
結婚相手も自分の意志とは関係なく決められている。
他にやりたいことがあるわけでも、好きな人がいるわけでもないけれど、周囲の期待を裏切らないよう生きる毎日に息苦しさを覚えています。
ラフィアはそんなシリルの心を強引に暴いていくという流れですが、西野先生なので、もちろんその手段はもちろんエロなわけですよ!
陵辱され、めくるめく快楽に襲われ、心より先に身体が堕ちていく。
結果的に、この力づくの方法によりこれまでの価値観が壊れ、抑圧から解放され、ようやく心が自由になって自分の居場所を見つけることができる。
「トレインビースト」に似た形ですね〜。
この形式、嫌いじゃないです……というか大好物です。
強引に攻に暴かれ、眠っていた被虐性が開花する受って美味しい。
ただちょっと攻のラフィアの存在が薄いというか、いまいち何を考えているのか掴めなくて、カップリング的にはインパクトが薄いです。
ラフィアの行動が、愛故というより、自己満足に近いような印象でした。
恋愛的に甘さがなくても変質的な愛があるとまた別の萌えがあるのですが、ラフィアはそういうタイプでもなさそう。
どうせなら、他の男に抱かれている恋人を見るのが好きとか、そんな変態さがベースにあると私好みだったなぁと思いました。
エロは萌えるがキャラは萌えず、で終わってしまったのが残念。

そして、書くまでもなくエロは満載!!!
媚薬、輪姦、木馬、尿道責め、射精管理、二輪挿しなどなど盛り沢山。
半分以上の濡れ場なんじゃないだろうか…。
無理矢理されちゃっている場面も多いですが、暴力的な扱いではないので痛々しくはありません。
シリルの身体が快楽に堕ちるのが早いですしね!

ということで、萌えエロに関する感想ばかりであまり参考にならないかも知れませんが、いつも通り西野花先生は安定の肌色率でした!
清々しいくらいですね。
大好き。
今回の作品、攻固定派にはオススメしませんが、そもそも西野先生の作品にそれを求める人はいないと思うので、あえて注意する必要はないのかもしれません。
モブ姦好きさん向けです。
ただ、ちょっと攻の愛が薄くて羞恥プレイが羞恥と言うより貶めてる感が強いので読む人を選ぶかな。
ちなみに、今回のポイントは「くっ殺せ」だったようです。
うーん、そういう受の気高さは嫌いじゃないですが、私の萌えには今回刺さりませんでした。
個人的な好みですが、そもそも「騎士」にあまり興味がない……。
似たような立場でも、「侍」とか「忍者」とかなら大好物なんです。
同じ話でも、洋モノじゃなく和モノだったら私の萌え度全然違う。
少し話が逸れますが、陰間とか小姓の話が読みたいなぁ。
BLで全然出会わないですよね。
花魁はあるのに陰間がないのは何故なんだ…。
西野先生、是非和モノ作品お願いします!
兎にも角にも、エロ満載で萌え的には美味しい1冊でした。
今年もたくさんの萌え、お待ちしております〜。
関連記事
2016.02.09 00:41 | 西野花 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1392-06d0b695

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。