にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

累る -kasaneru- :凪良ゆう

4829626011累る-kasaneru- (プラチナ文庫)
凪良 ゆう
プランタン出版 2015-10-13

by G-Tools

切なさとじわりとくる仄暗さが私の好みど真ん中でした。
文庫じゃなく新書でもっとガッツリ読みたい!
【累る -kasaneru-/凪良ゆう/笠井あゆみ/プラチナ文庫(2015年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
異母弟の奏人を母の虐待から庇い、夢に魘されると共に眠り宥めてきた七緒。ふたりが大学生となった頃、奏人から恋情を告げられ戸惑うが、七緒もまた彼が愛おしかった。けれど、夢を見た。奏人の夢と共通点があるようだが、徐々におぞましく苦痛に満ちていく夢。奏人に抱かれている時だけは、それから逃れられた。なのに夢が進むにつれ、恐ろしい疑念がこみ上げてきて…。

【あらすじ・感想など】
小学生の頃、家に連れてこられた異母弟・奏人。
愛人の子供に対して拒否反応を示す母から、七緒は奏人を守ってきた。
そんな母が亡くなり、その後の家庭に無関心な父との3人での暮らしで、兄弟の絆は深まっていく。
大学生になり、その絆が恋愛感情を持っている事に気付かされた七緒。
その頃から、不思議な夢を見るようになっていくのだが…。
という、異母兄弟の話。

以下、少しネタバレ含んだ感想になっています。
核心には触れていませんが、ご注意くださいませ。

先に恋愛感情を自覚していたのは弟の奏人で、大学生になった頃、その気持ちを七緒に知られてしまいます。
七緒はそれを戸惑いながらも受けとめ、自分の中にある奏人を想う気持ちを受け入れて、ふたりの関係は大きな問題もなく進展していく。
ただ、その一方で、七緒は夢に悩まされるようになります。
山の中で監禁され、男たちに身体を与えている、「オワタリさま」と呼ばれる自分。
悪夢が続き眠れない日々を送るなか、以前奏人が同じような状態で病んでいた時の夢と同じものではないかと、七緒は気付く。
けれど奏人はそれを否定し、態度が一変。
そして、断片的な夢はやがてある場面に至り、七緒は夢に出てくる場所を探ろうと決意するのですが…。
この展開から、どうやらふたりは前世で何かしら因縁があるのでは?という事はすぐに分かります。
途中、その前世の話があるのですが……想像通りではあるとはいえ、切ないエピソードは読んでいてつらい。
幸せになれなかったからこその今なので、過去が悲しい結末なのは分かっている。
でも、もうやりきれない気持ちでいっぱい。
BLだと萌え設定で村の慰み者の因習が登場したりしますが、今回は萌えというより痛くて、さらに、現在との繋がり方がホラー要素も含んでいます。
ふたりの想いの強さや無念もあるんでしょうが、村人の歪んだ怨念もそこに絡んでいるのかもしれない。
そして、想いの深さ故の狂気という一面も見え隠れしている。
もちろん、本筋は過去と現在、2組のカップルの純愛物語です。
でもそうした中に陰が仄かに感じられる事で、切ない読後感が出ていました。

性的な場面は何度もありますが、ふたりの濡れ場は少ないです。
作品としてのまとまりを考えるとこれでいいのだろうと思います。
ただ、欲を言えばもう少し甘い場面が欲しかったー!
番外という形で、ふたりのいちゃいちゃしている後日談を読みたかったです。

ということで、凪良先生の新刊は切なさたっぷりの純愛ストーリーでした。
純愛と言っても、甘いだけでなく、切なさと暗さが入り交じった話。
あまり詳しく説明すると楽しさ半減なので書けないのがもどかしいのですが、私はこの雰囲気とても好きです!
痛くて切ない事情がありつつも、それを乗り越えて幸せになるふたり。
そこに、因習とか怨念とか、暗い部分が上手く話に絡んでいました。
ただ、ちょっとえぐい場面もあるので、苦手な方もいるかもしれません。
ちなみに、笠井先生の挿絵はエロたっぷりのイメージが強いのですが、今回は肌色少なめです。
でも色気はたっぷり!
甘い場面にはもちろん、ネットリとした和の暗さにもマッチしていますね〜。
シリアス路線が好きで、洋モノより和モノの方が断然好みの私にとって、今回の設定はドストライクでした。
文庫じゃなく、新書でガッツリ読みたかったなとは思いますが、面白かったです!
関連記事
2015.10.18 19:38 | 凪良ゆう | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1378-43638b10

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |