にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

モンスターフレンド :丸木文華

4773087978モンスターフレンド (クロスノベルス)
丸木文華
笠倉出版社 2015-09-10

by G-Tools

執着モノは珍しくないけれど、予想以上にモンスターでした。
こんな攻に好かれたら大変ですね…。
【モンスターフレンド/丸木文華/乃一ミクロ/クロスノベルズ(2015年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
なにもかもが平凡な湊の幼なじみは、なにもかもが完璧な悠馬。幼稚園の頃からカノジョの絶えないモテ男だが、高校生になった今も湊にべったりで、うっとうしいほど超過保護。そんなある日、湊に初めてのカノジョができた。浮かれる湊を悠馬はからかい祝福してくれる。だから気づかなかった―行き過ぎた執着の正体が苛烈な恋だったなんて。そして湊を取り戻すため、悠馬が策略を張り巡らせていたなんて―。

【あらすじ・感想など】
容姿も性格も家庭環境も平凡な杉浦湊と、隣に住む同い年の高梨悠馬は幼馴染み。
悠馬は容姿も頭もよく、性格も優しくて完璧な男で、幼い頃から常に彼女がいる。
そんな悠馬の外面の裏にある性格の悪さを唯一知っている湊は、ちょっと変わったところのある悠馬を何だかんだ言いつつも受け入れてきた。
けれど、ある日突然告白され、湊に初めての彼女が出来た事で関係は一変し…。
という、幼馴染みもので、タイトルから想像が付くように執着ものです。
悠馬は湊に対して過保護で、男同士でそれはどうか?というスキンシップもするのですが、それが幼い頃から日常化しているうえに悠馬の外面の好感度が高いので、周囲もふたりの関係をスルーしています。
ただひとり悠馬の性格に問題がある事を知っている湊はそれが悠馬の策略の上に成り立っていると知っているけれど、湊自身、悠馬の異常性にマヒしてしまっている。
優等生の顔の裏で、自分が気に入らない相手を間接的な方法で追い込んで孤立させたり、陰湿な行為を平気な顔でする悠馬。
「悠馬はヘンなやつだから仕方ない」と思っているし、幼い頃から悠馬が自分を気に入っていて自分に害をなさない事を知っているので、自分には関係ないと思っていた湊ですが…。
湊に彼女が出来た事で悠馬の異常性に気付かされます。
「湊は俺のもの」と言いすべてを要求する悠馬の言動に納得することは出来ないのに、精神的に追い込まれて受け入れざるを得なくなる。
心は拒絶しているのに身体は快楽に流されていき…という、病んだ攻に振り回される受の話です。
執着ものだとこの手の展開はよくあるので、ある程度展開は読めていたのですが…。
酷い事をされつつ絆されていくのかなと思いきや、なかなか湊の状況が改善しないまま終盤に入ってしまい、どうなるんだ?!とドキドキでした。
高校生だし、表紙の雰囲気も重くないし、湊の一人称で話が進むので文章が軽めなので油断していました。
予想以上に悠馬がモンスターです。
モンスターペアレントとかモンスター隣人の話を聞くと、この人達には何を言っても通じないなと思わされるのですが、悠馬はまさにそんなモンスターフレンド。
湊の場合、長年友人として仲良くやってきて情があるだけに、酷い事をされても憎みきれないのがつらい。
本編の後に、悠馬視点と、第三者視点の短編が収録されています。
最後の最後で話の着地点が出来た感じで、これがなかったらかなりモヤモヤした読後感だったと思います。
その着地点は嫌いじゃないですが、そこに持っていくなら、もう少ししっとりした雰囲気があって欲しかったかな…。
あと、湊が逃げ出せないのは仕方ないにしても、悠馬が、モンスターなままだとしてもちょっとは痛い目にあってもよかったのでは?!と思ってしまいました。

エロはしっかりありますよ〜。
悠馬は性欲の方もモンスターなので、いろいろとすごいです。
暴走するタイプの攻は特殊プレイしてくれるのが嬉しい。
もっとやってくれても…よかったのですよ、ふふふ。
媚薬にエネマに潮吹きに、湊の身体はその勢いに流されまくりで、ついていけない精神面とのギャップで泣いている場面がいっぱいでした。
個人的には、エネマシーンを回想じゃなくもっと堪能したかった〜。

ということで、丸木先生の新刊は現代の高校生ふたりの話でした。
雰囲気的にかわいい執着ものかと思いきや…。
攻のモンスターっぷりがなかなかに酷い&予想外の結末に意表を突かれました。
結末的には私は嫌いじゃないのですが、起承転結の結が突然過ぎてそこが残念。
あ、でもこういう話は後日談が美味しそうですね…。
そこを含めて読んでみたかったです!
関連記事
2015.09.13 18:49 | 丸木文華 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1375-5442566c

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2018年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)
このBLがやばい! 2018年度版 (Next BOOKS)
【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。