にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4813030696晴れときどき、わかば荘まあまあ (H&C Comics ihr HertZシリーズ)
羽生山 へび子
大洋図書 2015-03-02

by G-Tools

最後までしっかり楽しませていただきました。
和んで萌えて泣かされて、読み応えたっぷり!
【晴れときどき、わかば荘 まあまあ/羽生山へび子/H&Cコミックス(2015年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
駅から3分風呂トイレ付き。女装ママが管理するアパート『わかば荘』。202号室の鮎川要は、真面目な顔して頭の中では卑猥な妄想遊び、
妄想で足りなければ男をひっかけ遊んでいた。けれど、謎の隣人・澤村に修羅場を助けられてから鮎川は澤村のことばかり考えてしまい……?
わかば荘に暮らす男たちと、彼らを見守るママのもどかしいまでの恋愛模様を羽生山へび子がお贈りします!


【あらすじ・感想など】
「晴れときどき、わかば荘 あらあら」の続編です。
わかば荘の住人たちの恋愛模様2編+書き下ろし番外
『小田島翔×101号室〜そわそわDEAD☆OR☆ALIVE〜』
高校生の晃太と翔が恋人同士となってもう1年以上経つ。
夏休み、実家に帰っていた晃太と3週間ぶりに会える事を楽しみにしていた翔だったが、他の男と一緒に居る晃太を見てしまい…。

前巻で親友から恋人になったふたりは、相変わらず若者らしいバカ騒ぎをしながら仲良く過ごしています。
そんな中、ちょっとした誤解から気持ちがすれ違う…のかと思いきや、このふたりはすごく素直なので複雑なことにはなりません。
嫉妬のスパイスで益々盛り上がるという展開なのですが、短いページの中でこんなにほっこりさせられるとは思わなかった!
ふたりともいい子だなぁ。
互いに愛おしく想っているのが伝わってきて、心あたたまりました。

『202号室 鮎川要〜あすなろ〜』
高校教師の鮎川は、特定の恋人を作る事無く、妄想とセフレとのセックスで欲望を満たしながら生きているゲイ。
ある日、ストーカーになったセフレとの修羅場がきっかけで、隣の部屋の住人・澤村と言葉を交わすようになるのだが…。

綺麗な顔をしている鮎川はもてて相手に困っていないけれど、身体の関係は持ってもドライな付き合いしかしません。
それは過去の傷が原因で、本当の鮎川は人と深く付き合いたいと思っている。
それまで時々顔を合わすくらいの隣人だった澤村と偶然親しくなり、次第に惹かれ、そして身体の関係を持つまでになりますが、気持ちは伝えることが出来ません。
一見割り切った大人の付き合いをしているふたりが、自分が本当に求めているものに気付き、素直に相手に伝える事が出来るまでの流れがすごくよかった!
自分に見切りをつけ割り切ったはずが、やっぱりひとりは寂しくて、でも若い頃のように気持ちだけで突き進む事も出来なくて、と悩んでグルグルしている姿がいい。
101号室の高校生のふたりの話とはガラリと違う大人な話で、そのギャップがまた効果的なんですよね。
大人だからこその不器用さが切なくて好きです。

『小料理屋わかば 春野わかば〜HARD LUCK WOMAN〜』
わかば荘の管理人で小料理屋を営むわかば。
料理人のケンジと一緒に暮らしているわかばだが、疲れがたまり倒れてしまう。
眠りの中、若い頃を思い出し…。

性別不明な雰囲気のわかばは、女装している、所謂オネエな男性。
アパートの住人達の世話をする母親のような存在で、周囲からも慕われているしっかり者のわかばですが、若い頃はいろいろと苦労を重ねています。
男性としてサラリーマンをしていた頃、趣味の女装でストレス解消をしていて、そんな時アパートの隣の部屋に住む子供と出会う。
母親の虐待を感じたわかばは放っておけず、世話をするようになるけれど、それがきっかけで自分の生き方に疑問を持つように。
わかばのたくましさの裏にはこんな過去が…!と、びっくりしつつも、納得なエピソードでした。
いろいろなことを乗り越え、困難の中で素敵な出会いを得て、今の姿なんですね。
強さの裏にある弱さが愛おしくてたまらない。
そんなわかばを支えてくれて、一緒に生きていく人が見つかって、こうしてわかば荘で賑やかな面々に文句言いながらも楽しそうな姿に、なんだか励まされました。
ケンちゃん、良い男だ!

『ところにより、花吹雪』

わかば荘の花見エピソード。
花見って妙に楽しいし、ワクワクしますよね。
わかば荘もそのうちメンツが変わっていくんでしょうけど、わかばの元にいろいろな個性が集まって、これからもワイワイやっていくんだろうなぁ。
胸あたたまる〆でした。

--
ということで、「晴れときどき、わかば荘」の続編で完結編でした。
続編あるといいなと思っていたので読めて嬉しい!
案の定、2階の住人も個性的なふたりでしたが、シリーズの中で一番大人路線な話ですごくよかったです。
萌え的にもカップル的にも私はこのふたりが一番お気に入り。
わかばの話も面白かったし、どのカップルも一筋縄ではいかないながらも最後にしっかり幸せな笑顔になる話でした。
わかば荘というひとつ屋根の下で繰り広げられる恋愛劇。
人情たっぷりで昭和テイストな中に切なさや可愛さがちりばめられていて、ぐいぐい話に惹き込まれます。
未読の方は、2冊まとめてぜひ!
最後までしっかり楽しませていただきました。
大満足!

■シリーズ
「晴れときどき、わかば荘 あらあら」
「晴れときどき、わかば荘 まあまあ」

晴れときどき、わかば荘あらあら (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 144) 晴れときどき、わかば荘まあまあ (H&C Comics ihr HertZシリーズ)
関連記事
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1355-f6f334b2

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |