にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

指先 :可南さらさ

4344834143指先 (幻冬舎ルチル文庫L)
可南 さらさ
幻冬舎 2015-03-16

by G-Tools

切なさと甘さが程良い塩梅でした。
いっぱい泣いてスッキリ。
【指先/可南さらさ/みろくことこ/ルチル文庫L(2015年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
親の愛情を知らず自分を守るため勝ち気に育った芳川郁は、なんの希望もなく日々を気ままに生きていた。そんな郁の願いは、成り行きで身体を重ねるようになった同級生の増井千里との関係が少しでも長く続くこと。無愛想だけど面倒見がいい千里。そんな居心地がいい彼のそばにい続けたい…。秘めた恋心を胸に千里の長く器用な指先に全てをゆだねる郁だけど―?

【あらすじ・感想など】
母子家庭で恋愛に生きる母に育てられ、人を信じる事が出来ず、学校でも同級生と馴染めないまま生きてきた芳川郁。
そんな中、クラスメイトになった増井千里だけは郁を心配し、何かと声をかけてくれる存在で、いつしか郁は千里に惹かれるようになっていた。
素直になれず悪態をついてしまう郁は、優しい千里を強引に誘惑し身体の関係を持つようになるのだけれど…。
という、高校生の話。
郁は綺麗な容姿ですがきつい性格で、高慢な印象を与えるため周囲から距離を置かれています。
でもその態度は、弱さの裏返し。
男に走り息子を顧みない母親に育てられ、すっかり人間不信、自己不信になってしまっているのですが、そんな心の内を誰にも見せる事が出来ずに強がることで自分を守っている。
千里が好きだけれど、気持ちを伝えて上手くいくとは思えず、拒絶されるのが怖い郁は、慣れた振りをして千里を誘います。
千里がそれを受け入れてくれたのは優しさ故に断れないからなのだと思っていて、悪態をつきながら内心いつ終わるのか怯えている郁。
でも、そんな郁の気持ちはバレバレなんですよね。
千里は郁の健気な視線に気付いていて、自身も惹かれているからこそ身体の関係を持っているのですが、どうすれば臆病な郁を怯えさせずに気持ちを伝える事が出来るか手探り状態。
切なくて何度も泣かされました。
本編も、後半に収録されているその後付き合い始めてからの短編も、郁が千里と向き合って一緒に幸せになる未来を手にしたいと心から思えるようになるために、いろいろな困難を乗り越えていく話です。
両思いになったからと言って、それでハッピーエンドじゃないんですよね。
そこから関係を築いていく過程は、それ以上に大変。
郁の卑屈でネガティブな思考の背景にあるのは家庭環境だけれど、そこまで大袈裟なものではなくても、共感出来る部分がいっぱいありました。
大切だからこそ全力で気持ちをぶつけることが出来ない気持ちや、本音から目を逸らしてしまう気持ちはよく分かる。
千里はかなりもどかしそうですが、まぁ郁が不安になるのは千里が言葉足らずな部分も大きいので、仕方ないかな(笑)
不安定な郁を受けとめる千里も完璧な人間じゃなくて、それもまたふたりを身近に感じる一因でもありました。
痛みを乗り越え、郁の心に千里の言葉が届いてくれてホッと一安心。
『百年に満たない幸福』のラストで千里が郁に向けた言葉がとてもよかったです。

ふたりのエッチは特別なプレイがあるわけではないですが、やたらと萌えました。
そこまでの流れと心理描写の合わせ技で、萌えと切なさが入り交じり悶えます。
端から見ていると、千里のエッチは明らかに気持ち入っているでしょう!と丸わかりなんですけどね。
ごちそうさまでした。

ということで、可南先生の新刊。
ノベルスの新装版で、私は旧版未読なので本編の加筆訂正の程度などはよく分かりませんが、書き下ろしの短編が加わっています。
初出が2003年なので10年以上前の作品ですが、全然古くささは感じませんでした。
この手の話は普遍ですよね!
あまりに卑屈すぎるとイラッとしてしまうけれど、郁は千里に対する感情が隠し切れていなくて分かりやすいので、一生懸命な姿が可愛かったです。
そして、強がっていた郁がこらえきれず泣いてしまう場面が何度かあるのですが、なんだかもう私まで大泣きでした。
泣いてもいい環境で、ティッシュを準備して読む事をオススメします。
はぁ、切なくて胸が痛い場面もあったけれど、その分いちゃいちゃが美味しかったし、泣いてスッキリ。
面白かったです!
関連記事
2015.03.30 00:41 | 可南さらさ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1352-2febcb0f

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。