にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

年下の彼の彼 :富士山ひょうた

440366458X年下の彼の彼 (ディアプラス・コミックス)
富士山 ひょうた
新書館 2015-01-30

by G-Tools

思いがけず甘さたっぷり!
初々しさに私まで赤面してしまいました(笑)
【年下の彼の彼/富士山ひょうた/Dear+コミックス(2015年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
国吉の恋人は大学生の赤松。素直な気持ちを伝え合いラブラブな二人だけど、すれ違うこともあって!? ワンコ赤松×リーマン国吉の激甘ラブ!

【あらすじ・感想など】
5歳年上のサラリーマン・国吉と付き合う事になった大学生の赤松。
恋愛に対する感覚の違いに戸惑ったりしながらも、愛おしい気持ちは募るばかり。
そんな中、赤松が同性と付き合っていることを友人の藤堂に知られてしまうが…。

という、大学生とサラリーマンの年の差もの。
年の差と言っても5歳なので、年齢の差はそこまで大きくないです。
ギャップを感じていますが、年齢差より、大学生とサラリーマンという環境の違い故の感覚の違いという感じ。
序盤の付き合ってしばらくしてからの話は短編で、元々はそれ以上続きがある話ではなかったのではないかな?
四コマ的な微笑ましいオチで終わる短編。
その短編を元に後日連載が始まり、当て馬登場や付き合うまでの経緯などが描かれているのだと思います。
最初にいちゃいちゃしているふたりを見ていて、ほんわか可愛らしいカップルだと分かっているので、藤堂が登場しても不穏な雰囲気は全然ありません。
藤堂は赤松に片思いしていているけれど、告白せず友人のポジションで赤松を近くで見守ってきた男。
同性だから諦めていたのに、赤松の恋人が男だったという事実を知り、動揺します。
藤堂、当て馬かと思いきや、赤松を想うからこそ結局動けないまま空回りしていて、憎めない存在でした。
それもこれも、ちょっと天然なところのある赤松の人柄故ですね。
そして、その後に収録されている付き合うまでのエピソードも、ここまでのふたりの雰囲気通りの可愛らしい話です。
とはいえ、元々ゲイではないふたりなので、すんなりと恋人同士になれたわけではありません。
赤松が告白するまでも、それに国吉が応えるまでも、ちゃんと相手のことを考えつつ悩んだり怒ったりしてる。
そんな流れがあっての、その後始まった恋人関係のあれこれ……当たり前のステップなんですがやけに初々しくて!
初キスや初エッチなどなど、ふたりの緊張が伝わってきそう。
で、そんな馴れ初めを知ってから最初の短編を読むと、益々可愛くなりました。

ということで、ひょうた先生の新刊。
ひょうた先生の漫画は割と社会人同士だったりゲイ同士だったりで、大人な関係から恋愛に発展するパターンが多いような印象でした。
それと比べると、今回は可愛らしい話です。
とにかくもうふたりとも可愛くて甘くて微笑ましい。
それなりに大人な年齢なのに、同性に惹かれて付き合うのは初体験だったせいか、ひとつひとつのステップが初々しい!
戸惑いや照れも含め丁寧に描かれているせいで、私まで一緒にドキドキして赤面してしまいました。
特に初エッチシーンはやばい…。
なんだよもうー!可愛いよー!
ジタバタしちゃうじゃないですか!
紆余曲折がありながらも全体的にはラブコメなカップルで、良い意味で私の予想とは違う雰囲気の作品でした。
癒された。
ちなみに、報われなかった藤堂の話が今雑誌で連載されているらしいです!
よかったね、藤堂!
傷心の藤堂のお相手は誰なのかしら?
スピンオフ、気になります〜。
関連記事
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1349-ebc45b3b

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |