にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4396783043放課後の不純 (Feelコミックス オンブルー)
梶ヶ谷 ミチル
祥伝社 2011-04-25

by G-Tools

受の恥じらう表情にドキッとさせられちゃいます。
本編踏まえてスピンオフ読むと萌え倍増ですね!
【放課後の不純、夜まで待てない/梶ヶ谷ミチル/onBLUEコミックス(2011, 2013年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
放課後の教室、それまでろくに話したことのなかった陸上部の沢木と帰宅部の水谷。ふたりの関係は、沢木が仕掛けた強烈なキスから始まった。密室の保健室、図書室、自宅、修学旅行……。2人はおそるおそる、しかし濃密に恋を深めていく──

【あらすじ・感想など】
『放課後の不純』
誰も居なくなった放課後の教室でノートを写していた水谷。
そこへクラスメイトの沢木が戻ってくるが、何故か沢木は水谷に話しかけてきた。
美術部でインドア派なグループにいる水谷と、陸上部で明るくて人気のある沢木とは、今までほとんど話したこともなかったのに。
戸惑う水谷に、沢木は「好きだ」と告げるのだが…。

という、高校生同士の話。
普段接点の無かったふたりが、沢木の突然の告白から関係が変わっていきます。
男から告白されて狼狽えるかと思いきや、過去に同じように告白された事のある水谷はそれを思いだして沢木にきつくあたってしまう。
そんな水谷に沢木は思わずキスをしてしまい、水谷もうまくかわせないままその後も微妙な距離感のまま関係は続いていくのですが、そこへ水谷の幼馴染みである向井が数年ぶりに現れた事で関係が大きく動きます。
向井は、昔水谷の隣の家に住んでいた兄のような存在の男。
当て馬登場で気持ちがハッキリして上手くいくというのは良くある展開ですが、大人しくてそれまで流され気味だった水谷の強さが垣間見えてよかったです。
水谷はクラスの中では影薄くて目立たない存在なんだろうけど、よく見ると美人なんですよね〜。
眼鏡が水谷の地味さの一因なのかと思ったら、その魅力に気付くと眼鏡が色気アイテムになっていてびっくり(笑)
眼鏡、美味しい。
後半は付き合い始めてからの話で、水谷が一生懸命悩んでテンパっています。
素直に気持ちを伝える事が出来ないけれど、本人が自覚している以上に沢木に惹かれて、その想いに苦しんでいるのが伝わってきて切ない。
沢木の押しの強さにホッとしました。

沢木が水谷を好きになった経緯が分からないので、序盤はちょっと展開早くて物足りなさを感じていたけれど、後半しっかり補完されています。
1冊読み終わってみると、不器用な高校生の恋愛にほっこりな読後感でした。

『夜まで待てない』
ずっと好きだった幼馴染みに振られ、人恋しさを抱えていた向井。
ある日、人肌を求めて顔を出したバーで好みの男と出会い、身体の関係を持った。
しかし、一晩限りの関係だと思っていたその男・桐原は大学の同級生で…。

『放課後の不純』に当て馬として登場していた向井の話。
本編では攻のポジションだった向井ですが、元々どちらもいけるようで、桐原相手には受です。
ゲイである事を自覚している向井は、その手のお店とかで相手を見つけて一晩限りの関係を持つ事もあって、恋人は居なくてもそれなりに経験を積んでいる。
片思いをしていた水谷との再会でしばらく遠ざかっていたけれど、失恋して傷心の向井は相手を見つけようとバーを訪れます。
そこで出会った桐原は向井の好みど真ん中。
思いがけず同じ大学でそれ以降も顔を合わせる事になり、セフレのような関係が続いていく中で、向井の心はどんどん桐原に惹かれていくけれど、桐原は身体を求めるばかり。
本編中でもそうでしたが、向井はサバサバした性格です。
でもそんな言動の裏で心は意外と純情だったりする。
向井をさばけた性格と思っている桐原はそういう態度で接してくるから、外面と実際の自分のギャップにどんどん向井は苦しくなっていきます。
水谷と沢木のような初々しい関係をからかいながら、本心はそれを求めている向井が切ない。
トラブルを乗り越え、気持ちを伝え合うことが出来てからの向井の表情がかわいい!
特に、カバー下の漫画がよかったです。
向井みたいなドライな美人と思わせて実は純情というキャラ、大好き!

--
ということで、カップリングが異なるシリーズ2冊です。
『夜まで待てない』は単品でも読めますが、本編読んでからだと向井の可愛さが引き立つので是非順番にどうぞ!
どちらも面白いですが、私はスピンオフの方が好み!
梶ヶ谷先生の漫画、友人から薦められて読んだのですが、どれも素敵です。
派手さはないけれどジワジワときますね。
あっさり目の絵柄とストーリーで朝チュン系かと思いきや、意外としっかりエッチシーンもあって大満足。
エッチシーン含めてキャラの表情が好きです。
特に、受の恥じらう表情がたまらなく萌え!
困った顔もいい。
このシリーズ、攻がどちらも押せ押せで積極的なので、受が困りながら快楽に流されて恥ずかしがるというシチュエーションが堪能出来ました。
話の展開自体はそんなに特別どうという事はなくて、当て馬で嫉妬して〜というお約束のパターンだったりするのですが、程良いテンポに表情や視線がうまく絡んでいて、ほっこりした読後感にひたれます。
キャラも絵柄も好み!
他の作品も面白かったので、これからも新刊楽しみにしています〜。

4396783345夜まで待てない (Feelコミックス オンブルー)
梶ヶ谷 ミチル
祥伝社 2013-07-25

by G-Tools


■シリーズ
「放課後の不純」沢木×水谷
「夜まで待てない」桐原×向井

放課後の不純 (Feelコミックス オンブルー) 夜まで待てない (Feelコミックス オンブルー)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1344-9e0f207e

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |