にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

胸の鼓動 :国枝彩香

4812487625胸の鼓動 (バンブーコミックス 麗人セレクション)
国枝 彩香
竹書房 2014-08-07

by G-Tools

「耳たぶの理由」の続編です。
山口の鬱陶しさが魅力的に思えてくるから不思議(笑)
【胸の鼓動/国枝彩香/バンブーコミックス(2014年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
元イケメン・女タラシの山口(やまぐち)と、ツンデレおバカなカワイコチャン・石川(いしかわ)は紆余曲折の後、晴れて同棲生活満喫中☆日常に些細なトラブルはありつつも、このままずーっと二人で幸せに暮らしていけると思っていたけれど…?山口と石川の素直になれずに擦れ違う恋愛模様を描いた「耳たぶの理由」待望の続編が登場! ツンデレ受属性の方、必見♪シリーズ他、2編の読み切りを収録したハッピーLOVE作品集!

【あらすじ・感想など】
『胸の鼓動』
『背中までの距離』
『舌先の熱』
『くるぶしの骨』
『見えないシッポ』

大学の同級生だった山口と石川は、社会人となって同棲生活中。
イケメンだけど空気を読まないワンコな山口に、石川はハラハライライラしながらも幸せを感じていて…。

「耳たぶの理由」のその後のエピソード4編+書き下ろし1編。
友人の結婚式に感化され男同士で結婚式を挙げようと山口が言い出すエピソードや、山口がバレンタインにチョコをねだるエピソード、怪我をした石川を山口が世話するエピソードなど、どれも喧嘩しつつも仲のよいふたりの日常の一コマです。
修羅場ったりするわけではありません。
むしろ、以前にも増して山口の鬱陶しさに拍車がかかっているような…(笑)
山口の石川愛が暴走した言動に石川は引きまくりなのですが、徐々にペースに巻き込まれ、最後にはツンデレ故に普段言葉に出来ない胸の内をさらすことになって、いちゃいちゃハッピーエンド。
毎回そのパターンなので食傷気味になるかと思いきや、徐々に山口の暴走の必要性が分かってきて、ありがたみすら感じるようになってきました。
山口の度を超した愛情表現は、鬱陶しいけれど突き抜けてるんですよね。
石川がどれだけツンツンしててもめげません。
途中でいじけたり、機嫌が悪くなるようなタイプだったら心底面倒な男だと思うのですが、山口は裏表まったくなく一直線。
だから石川も安心してツンツンしていられる。
素直になれない不器用な石川が、こんな山口だからこそ心を許しているんだなと分かってくるので、ふたりの喧嘩がどんどん微笑ましくなってきます。
山口も石川も、外面は当たり障りないかもしれないけれど、実際付き合うとなると面倒な性格をしていますよね。
ふたりが合わさるとその面倒さが足りない部分を補っていて、割れ鍋に綴じ蓋な、お似合いの(バ)カップルになってる。
家族の問題も解決したことだし、このふたりは歳を取ってもこんな調子でいちゃいちゃしながら生きていくんだろうなぁ。
ごちそうさまでした!

『高柳家の晩ごはん』
男3人、兄弟で暮らしている家にやってきた住み込みの家政夫・白鳥歩。
童顔でどじっこの歩と接するうち、次第に歩を可愛く想うようになってきた三男の高校生・三樹也だったが…。

バリバリ働いていて家は寝るだけになっている長男と、引きこもりのニートで部屋に籠もっている次男、そして高校生の三男。
協調性が全くない兄弟の中に放り込まれた歩は、戸惑いながらも明るく健気に頑張っています。
そんな歩に庇護欲をかき立てられ、好きになってしまう三樹也ですが……。
トントン拍子に進展されると逆に怖くなってくるのが国枝先生の漫画ですね!
むふふふ。
その魔性っぷりを詳しく知りたいです(笑)

『異邦人-ストレンジャー-』
雨の中、田舎のあぜ道を歩く金髪碧眼の美青年。
偶然通りがかった近所の男・広田は、見かねて車に乗せたのだが…。

青年が抱えていた荷物の事情と、初対面のふたりの関係。
お互いに複雑な想いを抱えながら、ふたりは身体の関係を持ちます。
国枝先生なのでシリアス展開の先に何が待ち受けているのかハラハラしながら読んでしまいましたが、意外にもほっこりな読後感でした。
青年の表情の変化が可愛い。
それにやられてしまう広田の優しさもよかったです。

--
ということで、国枝先生の新刊は「耳たぶの理由」の続編でした!
約5年ぶりの山口&石川カップルでしたが、相変わらずドタバタなラブコメで安心して楽しめるエピソードばかりで面白かったです。
最初はこんな奴絶対やだなと思っていた山口が、最後には魅力的に思えるようになる不思議。
なんだかちょっと石川が羨ましくなりました。
こんなワンコだったら安心してよりかかれそう。
このふたりの話以外に、2つ短編が収録されています。
毎回書いていますが、国枝先生は振り幅が激しすぎて先が読めない!
ドキドキしながら読み進めましたが、どちらも大丈夫なのでご安心下さい。
心の準備は必要ありません(笑)
どの話も面白いですが、やっぱり表題作の山口と石川の話が好き。
国枝先生の作品の中でこのシリーズが一番好きだなぁ。
未読の方は前作から是非どうぞ!

■シリーズ
「耳たぶの理由」
「胸の鼓動」

耳たぶの理由 (バンブー・コミックス 麗人セレクション) 胸の鼓動 (バンブーコミックス 麗人セレクション)
関連記事
2014.08.16 20:03 | 国枝彩香 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1308-7d4a600f

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |