にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

不響和音 -二重螺旋9- :吉原理恵子

4199007571不響和音―二重螺旋〈9〉 (キャラ文庫)
吉原 理恵子
徳間書店 2014-06-01

by G-Tools

相変わらず泥沼ですが、少し好転の兆しが見えてきたような…。
それにしても、口絵の尚人のお尻がエロすぎる!!
【不響和音 -二重螺旋9-/吉原理恵子/円陣闇丸/Chara文庫(2014年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
慶輔の刃傷沙汰から、スキャンダルに巻き込まれてしまった慶輔の弟・智之の家。 智之はうつ病になってしまい、初めて世間の好奇の目に晒された二人の兄弟・零と瑛も、 動揺と理不尽な想いに混乱する。 そんな時、尚人の高校では、盛大な文化祭が開催され、零は尚人に会いに行くことに。 けれど、そこには、引きこもりを脱却し始めた尚人の弟・裕太や、憤りをぶつけに来た 瑛も訪れていて…!?

【あらすじ・感想など】
父親の死に責任を感じ鬱病に罹ってしまった伯父・智之の息子であり、尚人にとっては従兄である零と瑛。
家族の危機に零は尚人に助けを求め、一方で瑛はトラブルの元凶である慶輔の息子である尚人たちに憎しみを募らせていた。
そんな中、尚人の通う翔南高校で文化祭が開催され、引きこもりを脱し社会復帰するためのリハビリがてら学校を訪れた裕太と、尚人に会いにきた零が鉢合わせるのだが…。
荒波を乗り越え今は落ち着いた関係を保っている篠宮の3兄弟に、いとこの零と瑛が絡んできたのが前々巻の事。
優しい尚人に依存しかかっている零と、逆に尚人たちを憎むことで憤りを発散している瑛がどう動くのかドキドキしながら読んできましたが…着実に爆発に向けて進行していますね。
でも、大爆発かもと思っていた火種は意外と小火で済むかもしれない、そんな希望が見えてきた気がします。
以前尚人の優しさを勘違いして事件を起こした下級生と同じ道を辿るのかと思われた零が、尚人の言葉を都合のいいように解釈したりすることなく、ちゃんと受けとめてくれそうでホッとしました。
まぁ瑛は暴走の予感ですが…。
でもそれは瑛と家族の間で一度ぶつかり合わないと解決しない問題なので、尚人たちを巻き込まないで欲しいなぁ。
前巻では零より瑛の肩を持っていた私ですが、今回のエピソードを読んで印象がかなり変わりました。
暗い家族の状況に向き合うよりも他に憎しみをぶつけている方が楽なのは分かるけれど、それでは何も解決しないので。
尚人たちと関わった事で刺激を受け、零がそんな瑛を家族に繋ぎ止める勇気を持ってくれるといいなぁ。
何はともあれ、泥沼かと思われた零と瑛の問題は、好転の兆しが見えてきたのでいいとしましょう。
しかし相変わらず不穏な動きが同時進行中。
そもそもの元凶である父親の慶輔と妹の沙也加、今回このふたりに接触があったことでどう事態が動くのか気になります。
慶輔が自分の所業を知った後どう感じるのか。
沙也加がオーディション受けてどう心境が変化するのか。
家族がまとまってハッピーエンドなんて事にはならないと思うので、尚人と雅紀の関係が安泰な今、二重螺旋シリーズがどう着地するのかはこのふたりの動向にかかっていますよね。
ふたりの変化が吉と出るのか凶と出るのか…ハラハラさせられそうです。

ちなみに、今回も裕太が頑張ってます。
何だかんだ言って、雅紀は手助けはしなくても裕太の変化を見守っているように感じるし、家族の一員としては認めてるというところがいい。
そして裕太が変にいきがって露悪的な態度を取ったりすることなく、前向きになっている姿は見ていて気持ちいいです。
尚人に懐いている姿がかわいい!
知らない人には警戒しまくりなのに、心許した相手には素直な野良猫のような裕太のキャラはすごく好みです。
裕太にもいい出会いがあるといいなぁ〜。

それにしても、「去年は雅紀に強姦された頃で文化祭どころではなかった」って…。
…ん?!
まだ1年しか経ってなかったんだ?!
シリーズ開始から13年、番外編含めたら10冊も出ているのに!
こんなにいちゃいちゃしているのに!!
事件起こりまくりなのに…!
びっくりです。

相変わらずな昼ドラ展開ですが、もちろん萌えもありますよ!
はぁ、雅紀の手で熟れた尚人の色気…たまりません。
毎回のように書いてますが、尚人が萌えキャラすぎて、ちょっとした描写からどんどん妄想がふくらんで毎回萌え転がります。
円陣先生の挿絵の効果も大きくて、今回のカラー口絵…見た瞬間「ぎゃーー!」となってしまった。
エロすぎます、尚人のお尻。

ということで、二重螺旋シリーズ10冊目。
いつも通りの泥沼展開ではありますが、そんな中でも今回は少し好転の兆しが見えてきた気がするのでホッとしました。
嵐の前の静けさ(全然静かじゃないけど)かもしれませんが。
ところで、所々に文庫以外で掲載された番外のネタかなという部分があったけれど、それを読んだのか読んでいないのか記憶が定かじゃなくてもどかしかったです。
全サ関係はある程度揃っている気がするけど、特典や雑誌掲載のみだけのSS、電子版のChar@は読んでいないから、そのネタが手元にあるかどうかも分からない。
一度小冊子とか整理した方がいいかも…。
兎にも角にも、今年も文庫で新しい話が読めてうれしい!
今後の展開が気になります!

血縁関係覚え書き
shinomiya.png

■シリーズ
「二重螺旋 -二重螺旋1-」
「愛情鎖縛 -二重螺旋2-」
「攣哀感情 -二重螺旋3-」
「相思喪曖 -二重螺旋4-」
「深想心理 -二重螺旋5-」
「業火顕乱 -二重螺旋6-」
「嵐気流 -二重螺旋7-」
「双曲線 -二重螺旋8-」
「不響和音 -二重螺旋9-」
「千夜一矢 -二重螺旋10-」
「悋気応変 -二重螺旋11-」

■外伝(単行本)
「灼視線」

■ドラマCD
「二重螺旋」
「愛情鎖縛」
「攣哀感情」
「相思喪曖」
「深想心理」
「業火顕乱」

二重螺旋 (キャラ文庫) 愛情鎖縛―二重螺旋〈2〉 (キャラ文庫) 攣哀感情 二重螺旋3 (キャラ文庫) 相思喪曖―二重螺旋〈4〉 (キャラ文庫)
深想心理 二重螺旋 5 (キャラ文庫) 業火顕乱 二重螺旋6 (キャラ文庫) 嵐気流  二重螺旋7 (キャラ文庫) 双曲線 二重螺旋8 (キャラ文庫)
不響和音―二重螺旋〈9〉 (キャラ文庫) 千夜一矢: 二重螺旋10 (キャラ文庫) 悋気応変: 二重螺旋11 (キャラ文庫)
灼視線 (二重螺旋外伝)

Chara CD Collection「二重螺旋」 Chara CDコレクション 愛情鎖縛 二重螺旋2 Chara CD Collection 攣哀感情 二重螺旋3 
Chara CD Collection 相思喪曖 二重螺旋4 Chara CD Collection 深想心理(しんそうしんり) 二重螺旋5 BLCDコレクション 業火顕乱 二重螺旋6
関連記事
2014.06.29 20:37 | 吉原理恵子 | trackback(0) | comment(2)
            

初めて書き込みさせていただきます。
いつも楽しく拝読しております。
勝手ながらBL選びの指針にさせてもらってますので、
以前から感謝の気持ちをお伝えしたかったのです。
ブログを続けてくださってありがとうございます。

二重螺旋シリーズは最初にはまったBLなので特に思い入れがあります。
ドラマCDにはまったのもこの作品からでした。
近年はマンネリではないかとの批判も多くて飽きたと言う読者もチラホラ。
にゃんこ様の足跡三つが嬉しかったです。
私はこの作品終わらなくてもいいんじゃないかとすら思っています。
あまりハッピーな終わり方を想像できません。
雅紀と尚人と裕太の3人が幸せになるなんてなぜか想像できないんです。
なのでこのままずーっと尚人が高校生でいてほしいくらいです。
初刷が2001年6月。
尚人が高校卒業するまでいったい何十年かかるのやら?
それはともかく私も全サ番外編や円陣先生の漫画化になった作品を文庫にまとめて出してほしいと思います。
不響和音の口絵の尚人のおしりの可愛らしさは、もうこれだけで買って良かったと唸りました。

2014.07.03 00:39 URL | ドミニク #mQop/nM. [ 編集 ]

ドミニクさん、初めましてこんにちは

二重螺旋シリーズ面白いですよね!
ひたすら昼ドラ展開ですが、そのドロドロした中で成長していく尚人たちを見守る気持ちで読んでいる部分が大きいので、私は毎回楽しんでいます。
キャラが魅力的なのが1番大きいかなと思いますが、ドラマCDの出来も素晴らしくて、それもこのシリーズに嵌った要因かなと(ドラマCDの続編、出て欲しいですね…)
私は、裕太が家族として繋がっていることで、雅紀と尚人がふたりだけの閉じた世界に行かずにすんでいるんじゃないかなと思ったりします。
だから裕太は意外とふたりにとっては重要な存在なのかなと思うので、家族としていいバランスを取りつつ成長していってくれたら、それが兄弟にとっての幸せなのかも。
ドミニクさんと同じく、私もこのまま終わらなくてもいいんじゃないかなと思う事もありますが、ずっと読み続けたい気持ちと、一連の事件の結末を知りたい気持ち、どちらもあるので複雑です!
これだけシリーズが続いて、全サなどに収録された短編も多くあるので、文庫にまとまってくれたら嬉しいですね〜。

ブログを読んでいただき、ありがとうございます!
拙い感想ですが、面白い作品と出会うお手伝いが少しでも出来たなら、とても嬉しいです。
コメント、とても励まされました。
モチベーションが下がった時はこのコメントを読み返して元気をもらおうと思います!
これからも是非いらしてくださいね(^^)
ではでは。

2014.07.04 12:34 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1299-a9be09b2

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |