にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

3LDKおおかみ付き :ミナヅキアキラ

404729733X3LDKおおかみ付き (B`s-LOVEY COMICS)
ミナヅキアキラ
KADOKAWA/エンターブレイン 2014-06-13

by G-Tools

面白かった分、その先が気になって悶えました。
求むスピンオフーー!
【3LDKおおかみ付き/ミナヅキアキラ/B's-LOVEYコミックス(2014年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
塾講師の佑大と絵本作家の那知は、一軒家でルームシェア中。そこに2人の幼なじみ・凜太郎が加わることになる。かっこよくてモテまくりの凜太郎は、なぜか那知に対してスキンシップ過剰で、それを見せつけられた佑大はモヤモヤしてしまう。そんなある日、凜太郎が眠っている那知にキスしようとしているのを目撃した佑大は、自分の気持ちに気づき……!? 幼なじみのラブ・トライアングル★

【あらすじ・感想など】
『3LDKおおかみ付き』
10年来の親友同士である絵本作家の那知と塾講師の佑大は、3年前から一軒家を借りてルームシェアをしている。
そこへ、ふたりの幼馴染みである年下の大学生・凛太郎が加わる事に。
小さい頃の凛太郎しか知らない那知はその成長に驚きながらも、昔と同じように懐いてくる凛太郎を可愛く思っていたが…。

という、男3人がひとつ屋根の下に暮らす話。
那知と佑大だけだった時は何も問題はなく穏やかな日々だったけれど、凛太郎がやってきたことで大きく関係が変わっていきます。
子供の頃から那知が好きで、大学生になってもその想いを忘れられなかった凛太郎にとって、佑大が提案してきたルームシェアは渡りに船。
いざ一緒に暮らすことになり、凛太郎の那知への態度を見て、何も知らなかった佑大もさすがに凛太郎の気持ちに感付きます。
そして、最初はふたりのスキンシップを見てモヤモヤしていた気持ちの正体を掴めなかった佑大だったけれど、しばらくしてそれが那知への恋愛感情だと気付き、ますます戸惑ってしまう。
懐いてくる凛太郎をのほほんと可愛く思っていた那知もようやくその行為の裏にある好意に気付き、自分の気持ちも自覚していくのですが…。
当然のことながら同居生活はギクシャクし始めます。
弟のように可愛がっていた凛太郎から向けられた恋愛感情をどう受けとめたらいいのか、そして自分はどう思っているのか。
思いがけない突然の展開に、那知は悩んでしまう。
一方で、那知には気付かれていないけれど、佑大も悩んでいます。
凛太郎が現れなかったら、きっと一生気付かないままだっただろう親友への想い。
スタートで出遅れてしまっている事もあるけど、佑大の恋は気付いた時には失恋寸前なんですよね。
那知と凛太郎だけの話だったら天然受とワンコ年下攻のシンプルなラブコメになっていたんでしょうけど、そこに佑大が絡んだことで切ない要素が加わっている。
甘さと切なさがいい塩梅で面白かった!
割と佑大視点の場面が多いので、主役ふたりのもどかしい様子を端から見ることが出来て、それもいいですね。
那知の気持ちの変化も、凛太郎に流されているのではなく、自ら自覚し行動しているので好感もてます。
凛太郎を前にドキドキしている那知が可愛い!
那知に真っ直ぐな凛太郎も微笑ましくて、どのキャラも魅力的でした。
そして、佑大の同僚の真中!
すごく気になる流れで終わっているんですけどーーー!!
その後の展開がめちゃくちゃ気になります。

『はじまりに鐘は鳴る』
高校生の宮内はよく女の子に告白されるけれど、いつもその場で断っている。
相手の気持ちを考えて、今度はちゃんと一度相手と向き合ってみようと思っていた矢先、思いがけない相手から告白されてしまう。
地味で目立たないクラスメイトの男・越川。
気弱そうな越川の一途な告白に、動揺しながらも「友達から」と答えた宮内だったけれど…。

高校生同士の話。
クラスでも目立つ存在の宮内と、友達もいない地味な越川という組み合わせです。
宮内は軽そうだけどちゃんと相手の気持ちを考えていて、自分に向けられる好意にどう返したら相手を傷つけずにすむのか悩んでいるような優しい男。
越川の事も元々偏見なく接しているし、告白されても同性だからと拒絶反応を示すわけでもなく、ちゃんと向き合おうとしている。
そんな男だからこそ越川は好きになっちゃったんですよね、納得。
「友達から」という事で以前よりも越川と話すようになった宮内は、自分に向けられる想いに触れて、越川に抱いている感情を自覚するようになります。
宮内の性格を含め、告白されてから受け入れるまでの流れが無理なくまとまっていて、最後の2ページでドキドキが大爆発でした。
うまいな〜。
その流れに加え、越川の表情がとてもいい!!
地味だけど一途さと照れの中に諦めが混じったような笑顔が可愛くて、胸撃ち抜かれました。
これは宮内が堕ちるのも納得。
本編は気持ちが通じ合ったところで終わりで、その後のふたりが気になりまくり。
妄想して萌えが膨らみました。
あとがきにある、チューする寸前のふたりが可愛くて萌え転げましたよーーーー!
まさに「くそかわ」。
ふたりの初エッチシーンをください!!!!

--
ということで、ミナヅキ先生の新刊は表題作の中編と短編の2本立て。
どちらも面白くて大満足!
表題作は設定の説明があまりないので序盤は戸惑いましたが(途中まで那知と佑大は兄弟かと思ってた…)、状況が分かってくるとどんどん話に惹き込まれていきます。
一応形としては三角関係だけど、三角になるかならないかの絶妙なバランスがポイントですね。
私は佑大のその後が気になって仕方ないんですけど…!
真中に頑張ってもらいたいなぁ。
あのツンツン具合は受でも攻でもいけそう。
個人的には佑大×真中が好みです……スピンオフ読みたい!!
このふたりだけじゃなく短編の方もその後の初々しいだろうやりとりが気になったし、メインの恋愛部分がハッピーエンドで面白かった分、もっと読みたい!というもどかしさで悶える1冊でした。
続編求む!
関連記事
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1297-ab2df5d7

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |