にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

不測ノ恋情 (3) :富士山ひょうた

4861346940不測ノ恋情 3 小冊子付初回限定版 (Dariaコミックス)
富士山 ひょうた
フロンティアワークス 2014-04-22

by G-Tools

スピンオフも完結。
伊倉に翻弄される宮田が可愛くて仕方ない!!
【不測ノ恋情 (3)/富士山ひょうた/ダリアコミックス(2014年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
ゲイの宮田は、仕事相手の伊倉から仕事を盾に交際を強要されてしまう。強引な伊倉に対して苛立ちを募らせる宮田だが、気づけば引きずっていた過去の恋と決別することができた。ついに正式に恋人として付き合い始めるが、伊倉は自分の衝動のままに宮田を抱いてしまう。混乱から伊倉を避ける宮田だが、変わっていく自分と向き合う決意をし、再び彼と身体を繋げ。

【あらすじ・感想など】
仕事相手の伊倉絢都と二丁目で偶然出会い、お互いゲイとバイである事を知る事になった宮田一臣は、伊倉に交際を迫られることに。
伊倉の強引な誘いから始まったけれど、宮田は伊倉との付き合いを自ら受け入れ、恋人としての関係が始まった。
今まで付き合った相手とは全く違う伊倉のペースに宮田は戸惑い、そして、自分の気持ちの変化にも戸惑うことになるのだが…。
「純情」の受・圭祐の元彼で、当て馬として登場していた宮田の話。
ゲイでずっとタチ専門だった宮田が、バイの伊倉に攻められてショックを受けた後、グルグル悩みながら改めて伊倉との関係を受け入れたのが前回までの展開…だったのですが、宮田の悩み解消はまだまだ先でした。
セックスの時のポジション問題は、結局肉体的な問題より精神的な問題ですよね。
特に、伊倉はバイで女性相手の経験もあるので、セックスの時の宮田の優しさに対して、自分が女性扱いされているように感じてしまう。
伊倉と自分の、友人との距離感や家族の関係の違いを、ゲイとバイの考え方の違いというところに結びつけてしまったり。
イライラしたり不安になったり、気持ちは大きく振り回されていますが、でも逃げ出したりはしなくて、その原因に向き合おうとする宮田の姿勢が好印象でした。
結局、相手にイライラする原因は自分自身にあったりするんですよね。
宮田は伊倉と接して相手との価値観や考え方の違いを目の当たりにするたび、感じた違和感の元になっていた固定観念や弱さを自覚してる。
宮田の問題がそのまま自分にあてはまるわけではないけれど、宮田の姿に共感出来て、親近感がわきました。
伊倉が、押しが強いだけの年下男じゃないのもいい。
宮田の冷たい態度に当然不安にもなるし、未熟な部分もある。
自分の感情に素直でまっすぐ向かっていくのは長所でもあり短所でもあって、その傲慢さが小憎らしくて「もっと宮田を理解してあげなよ!」と思う場面もあったのですが、何だかんだ言ってもやっぱりその素直さがかわいく感じます。
強引なのに甘え上手な年下男は憎めないですね!
正反対で噛み合わなそうに見えるけれど、組み合わせてみると意外にもぴったりなふたりでした。
最後、宮田が優しい顔で伊倉にキスをするシーンがよかったです。

今回、初回限定版ということで小冊子がついています。
「純情」のふたりの話も入っていて、読み応えたっぷり!
圭祐と倉田が、宮田と伊倉に旅館でバッタリ会う話が面白かった〜。
まさかあの宮田が受なんだ?!となっていてニヤニヤしてしまった(笑)
4人まとめて見ると宮田は受には見えないんですが、ふたりになると普通に伊倉×宮田な関係が感じられて、宮田がかわいくて萌え。
エッチの最中伊倉に翻弄される宮田が可愛くて仕方ない!!

ということで、「不測ノ恋情」完結です。
「純情」の時は全くかわいいタイプではなくて、受なんて想像していなかった宮田がまさかこうしてスピンオフで組み敷かれる側に回ろうとは!
驚きましたが、終わってみると落ち着くところに落ち着いた感じですね。
宮田は受の方が合ってる!
あまり攻×攻カップルを読まないので新鮮でした。
ゆっくり関係を掘り下げて描かれているので、納得のカップリング。
宮田をかわいいと思う日が来るなんて!!
「不測ノ恋情」だけでも楽しめますが、「純情」から通して読むと宮田の可愛さをより堪能出来ると思います。
シリーズ通して大満足。
面白かったです!

■シリーズ
「純情 (1),(2)」倉田×圭祐
「純情 (3)」

スピンオフ
「不測ノ恋情 (1),(2)」伊倉×宮田
「不測ノ恋情 (3)」

純情 1巻 (Dariaコミックス) 純情 2巻 (Dariaコミックス) 純情 3巻 (Dariaコミックス)

不測ノ恋情 1 (Dariaコミックス) 不測ノ恋情 2 (Dariaコミックス) 不測ノ恋情 3 小冊子付初回限定版 (Dariaコミックス)
関連記事
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1288-3aaa6b02

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |