にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)
4829625724全寮制男子校に転入してみた。 (プラチナ文庫)
栗城 偲
プランタン出版 2014-04-12

by G-Tools

構えず楽しめる可愛い学園モノ。
強気な子が泣いちゃう展開に萌えます!
【全寮制男子校に転入してみた。/栗城偲/乃原キリオ/プラチナ文庫(2014年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
全寮制男子校に転入した青葉は、思わぬハプニングで絶大な人気を誇る生徒会長・尊に抱き上げられ、嫉みを一身に受けることに。降りかかる嫌がらせを強気で撃退していく青葉だったが、ある日、先輩に部屋へ連れ込まれ、襲われかける。怯えた青葉は、咄嗟に生徒会役員たちが住む特別寮に逃げ込んだ。ところがそこで尊の秘密の素顔を知ってしまい、口止めのため準役員に指名されて!?

【あらすじ・感想など】
10歳からアメリカに移住し、飛び級で17歳で大学を卒業した小西青葉。
進路が決まっておらず同年代の友達がいない息子を心配した親に勧められ、日本の高校に編入することになった。
歴史ある全寮制高校・白金学園は独特の校風で、特別待遇される生徒会は生徒たちの憧れの存在。
ある日、そんな生徒会の中でも絶大な人気を誇る生徒会長・定禅寺尊に抱き上げられるというハプニングに遭遇して以来、青葉は尊を崇拝する生徒に嫌がらせを受けるようになってしまう。
強気な態度でやり返していた青葉だったが、嫌がらせはエスカレートしていき…。
という、全寮制の高校を舞台にした学園モノです。
生徒会のメンバーは皆眉目秀麗、家柄も良く、人望もあるアイドルのような存在。
転校生というだけで目立つ存在だった青葉は、生徒会長の尊に抱き上げられ、しかもそっけない態度を取ったことで一部の生徒から攻撃の対象にされてしまう。
苛めを黙って受け入れるような性格ではない青葉は、やられたらやり返し、それが周囲の共感を呼んで味方も多くいるが、上級生の嫌がらせは誰も止められないでいた。
そんな中、押し倒され襲われそうになった青葉は、生徒会の良に逃げ込むことに。
そこで青葉は見てはいけない尊の一面を見てしまい、加えて、嫌がらせから青葉を保護するためにも、生徒会に入る処置が取られることになります。
毛色の違う転校生と、アイドル生徒会長という組み合わせ。
青葉はアメリカ育ちなだけあって、生徒会が崇められている状況が理解出来ず、尊にもそっけない態度。
尊はそんな青葉の態度が新鮮で興味を持ち、さらに偶然秘密を知られてしまった事でふたりの距離は近づきます。
展開的には特に目新しい感じではない学園モノなのですが、青葉がただ跳ねっ返りなだけの下級生ではなく、尊がただ完璧な生徒会長ではないところがポイントですね。
特に青葉。
周囲が驚くような強気な態度で嫌がらせをやり返したり、被害を受けても淡々としているので、相当ドライな性格なのかと思いきやそうじゃないんです。
本当は傷ついているけれど、甘え方を知らないだけ。
尊の前で緊張の糸がフッと切れたときの青葉の姿が、めちゃくちゃかわいくて萌え転げました。
周囲からしっかりした子だと思われていて、本人も自分は強いんだと思っているような人が、弱気な姿をさらしてしまう展開大好き!
そんな青葉を受けとめる側の尊もまだ不完全な若者で、ふたりが気持ちを伝えようと一生懸命になっている様子が微笑ましかったです。
尊が卒業したらどうするんだろう?
その後のふたりも気になります!

青葉は2回も襲われていますが、未遂だし、相手がちょっと変わりダネだった事もあってシリアスな雰囲気ではないです。
とは言え、押さえ付けられて無理矢理という状況は、青葉には精神的負担にはなっていますが。
そんな危機からの甘い尊とのエッチが美味しかった!
強気な男の子が思わずこぼす「怖かった」というセリフ……胸にきゅんきゅんきて萌えまくりでした。
心のガードが緩んだ状態でのエッチは萌えますね!!
挿絵もエロかわいくてニヤニヤしちゃいました〜。

ということで、栗城先生の新刊は学園モノのラブコメ。
全寮制で生徒会がアイドル化しているという設定は割とコテコテで、私はあまり練り込まれると引いてしまう時があって心配だったのですが、登場人物は身近に感じられる要素もあり、意外性もあって楽しく読めました。
とにもかくにも、私は青葉のキャラが萌えツボにクリーンヒット!
強気な受がふとした瞬間に心細さを見せる展開に萌え転げました。
難しい事を考えず、気軽に楽しめるラブコメ。
疲れた時の癒しにオススメです!
関連記事
2014.04.25 19:42 | 栗城偲 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1286-e1b78b64

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。