にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

欺かれた男 :英田サキ

4199007407欺かれた男 (キャラ文庫)
英田サキ
徳間書店 2014-02-28

by G-Tools

英田先生の警察モノ、好きです。
ツンデレで不器用な沢渡がかわいい〜。
【欺かれた男/英田サキ/乃一ミクロ/Chara文庫(2014年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
同僚の警察官の突然の自殺―。納得できず独り捜査を続けていた刑事の沢渡。そんなある日、季節外れの人事でキャリアの管理官が赴任!!年下の上司・槇野の世話係を命じられてしまう。どうやら左遷されたとの噂で、「一度現場に出てみたかったんです」と無邪気に捜査に同行してくる槙野。エリートらしからぬ行動に、初めは警戒していた沢渡だけれど!?平和な所轄に潜む、予想外な事件と恋!!

【あらすじ・感想など】
東京郊外の冨美乃署の刑事・沢渡喬は、無愛想な性格と過去の経緯故に他の刑事たちと馴染めないまま異動から1年あまり経とうとしていた。
そんな中、キャリアの若い警視が異例の人事で冨美乃署にやってくる。
同じマンションに住む沢渡が世話係を命じられるが、そのキャリア警視・槙野一央はエリートらしからぬ言動で沢渡に懐き、捜査にまで同行するように。
戸惑いながらも心を許しつつあった沢渡だったが、槙野の赴任にはある目的があったと知り…。
という、所轄の警察署を舞台にしたキャリアとノンキャリアの話です。
冨美乃署は小さな警察署なので、キャリア警視が突然、しかもわざわざ刑事官というポストを作って赴任してくるのはかなり異例の人事。
普通ならキャリアはエリート然とした言動をするのに、槙野はビシッとしたイケメンの外見とは裏腹に、緊張感のない態度で接してきます。
33歳の沢渡より4つ年下とは言え、キャリアなので階級は槙野の方が上。
世話係という面倒な役目を押しつけられてしまった沢渡は適当に距離を取りたいのに、槙野はグイグイ沢渡の懐に入ってくる。
しかも、槙野は沢渡がひとりで調べていたある事件に興味を示し、手伝い始めます。
さらに距離を詰めてきた槙野から好意を告げられ戸惑う中、事件が思いがけない展開をみせ、ふたりの関係も大きく変わる事に。
沢渡はノンキャリですが、管理官を殴るという不祥事がなければ、本庁への異動が決まっていたような優秀な刑事。
その処分で郊外の冨美乃署に飛ばされていて、無愛想な性格もあり周囲の刑事とうまく馴染めずにいます。
そんな沢渡に、槙野はキャリアなのに臆することなく懐いてきて、いつしか沢渡も槙野に心を許すようになって、向けられる好意にも嫌悪を感じていません。
それどころか、槙野の女性関係に苛立ってしまうような自分の感情に気付いて戸惑ってしまっている。
だからこそ、槙野の正体に大きなショックを受けます。
自分に懐いてきた天然ワンコの正体が、まさかの優秀なお仕事犬。
冷静に考えれば本庁にいたキャリアの槙野がそんな天然な人間なわけがないのですが、沢渡にしてみたら裏切られたような気持ちになって当然ですよね。
一匹狼でツンとしているような沢渡が、槙野の登場でどんどん感情を乱されていて、そんな姿がかわいくてよかったです。
槙野も、ただの一途なワンコではなく、キャリアらしいビシッとした面を見せてくれた事で好感度かなり上がりました。
雑誌掲載分と書き下ろしのその後のエピソードの二本立てになっていて、全体のボリュームも少なめなのですが、それぞれの話が短い中でちゃんとまとまっていて面白かったです。
前半は事件を絡めてふたりが付き合うまでの話、後半はその後、沢渡が他の男からも告白され板挟みになる話。
事件の勢いもあって割とあっさり付き合うに至ったふたりが、後半、付き合い始めたばかりなのにヘビーな事態に直面しています。
告白してきたのは沢渡の親友であり、槙野の上司である藤本。
これ、結構人間関係的につらいですよね…。
後半はちょっとしたすれ違いがありつつラブッとする話かなと思っていたので、予想外の展開に驚きました。
でもまぁ、覚悟決めるにはこのくらいあってよかったのかも。
沢渡が揺らいでるし、槙野が弱気だしでハラハラしちゃいましたが!
頑張れ槙野!

ということで、英田先生の新刊は警察を舞台にした話でした。
警察もので、しかもキャリアが登場するなら、ただのラブコメじゃ物足りない!
そんな私の期待を裏切らず、程良くシリアスな部分あり、事件ありの展開でした。
英田先生は固めの文体だなと思うので、警察とかヤクザとか、ハードボイルド系の路線が合っていて大好き。
今回は「エス」「ダブルバインド」より軽めの話で、本格的な警察ものを期待するとちょっと物足りなさは感じるかもしれませんが、英田先生の味が出ていて、私は楽しく読めて満足です。
ツンデレで不器用な沢渡がかわいかったし。
乃一先生の雰囲気ある挿絵も合っていたし。
当て馬だった藤本がちょっと可哀相だったので、スピンオフとかあるといいなぁ。
沢渡と槙野のその後も垣間見たいし、続編希望です!
関連記事
2014.03.07 19:36 | 英田サキ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1276-1180d3a2

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |