にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

兄弟 -冬- :丸木文華

4781611133兄弟―冬― (アズ・ノベルズ)
丸木文華
イースト・プレス 2013-12-28

by G-Tools

今年の読み初め、萌え初めは丸木先生!
「兄弟」シリーズ続編がきたーーーー!
【兄弟 -冬-/丸木文華/丸木文華/アズノベルズ(2013年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
思いを通わせ合い穏やかな日々を送っていた教師の兄、悠と人気俳優の弟、涼司。だが、そんなある日、涼司はロケ中事故に遭い、過去の記憶をすべて失ってしまう。もちろん兄と自分が秘めた関係にあったことも…。実の兄弟で愛し合うことに罪悪感を持ち続けていた悠は、これを機に涼司から離れる決意をする。同僚の紹介で彼女もでき、すべてがうまくいくかに見えたが、涼司はそんな兄に不審な感情をいだきはじめ…。

【あらすじ・感想など】
弟であり恋人でもある涼司と一緒に暮らし、幸せな日々を送っていた悠。
しかしある日、涼司が事故で記憶を失ってしまった。
自分が売れっ子芸能人である事も悠が兄である事も分からず、ゲイを毛嫌いする言動をする涼司に、悠はふたりの関係を打ち明けられない。
ショックを受けながらもこれを機に歪んだ関係を正すべきだと考えるようになった悠は、同僚に女性を紹介して貰い、付き合うように。
そんな悠に、涼司は不信感を募らせていくのだが…。
というわけで、「兄弟」シリーズ3作目は記憶喪失もの。
記憶を失った涼司は、日常生活は出来るものの人間関係をすっかり忘れてしまっていて、容姿も性格も似ていない悠を兄だと言われてもしっくりきていません。
今まで散々執着され振り回されてきた涼司に他人行儀な態度を取られたうえ、元々性欲旺盛な涼司は女性と関係するようになり、悠は以前の関係を打ち明けられない。
紆余曲折を経て涼司と恋人同士になり、愛される事に幸せを感じていたけれど、その一方で兄弟という関係に罪悪感を持ち続けていた悠は、これを機に離れた方がいいのだと思うように。
でも、悠は女性と付き合うようになり、これで正しい関係に戻れるかと思っていますが、それを見た涼司はモヤモヤした気持ちを抱くようになっていく。
それが「兄は自分の事が好きだったのではないか」という結論に行き着き、涼司は悠を問い詰めるのですが、その裏には涼司自身どうしていいか分からないような感情が渦巻いています。
このふたり、一見すると涼司が悠に執着して強引に歪んだ関係に引き込んだように見えるけれど、実際は悠も相当涼司に執着してる。
いつもはその熱で悠を引っ張っている涼司が記憶喪失になり関係が一旦リセットされた事で、悠が自分の中の執着を改めて自覚し、涼司と生きていく覚悟を決めるという展開でした。
王道の記憶喪失展開で、残った方が相手の事を考えて健気に身を引くという流れも珍しくないと思うのですが、読み終わってみて悠に感じるのは「健気さ」というより…「狂気」?
リセットされても、涼司は悠に堕ちていく。
それは予想通りですが、悠が途中でキレていてびっくりですよ!
すっかり忘れていたけれど、そういえば涼司だけじゃなく悠も結構な執着男だったことを思い出しました。
弱そうな外見と言動の割に、その被虐性で無自覚のうちに相手を取り込んでいるんですよ、悠は。
悠のその性質と涼司に対する執着が、涼司を暴走させているのだろうなと思います。
そう思うと、振り回されているのは悠じゃなく涼司であって、今回の事件で逃げるジャンスを逃したのは悠じゃなく涼司ですよね…。
毎度の事ながら、巻き込まれた周囲の人たちが可哀相になりました。

このシリーズのお楽しみはエロ!
今回は涼司がリセットされている期間があるので、「夏」よりも少なめ。
甘めのエッチが多かった事もあり、変態性を期待していた私は少々物足りなさを感じてしまいました。
無理矢理なエッチはもっと涼司にキレてもらってもよかったかな(笑)
まぁ、それでも十分エロ濃いですが!
快楽に弱い悠の乱れっぷりがとても美味しい!
丸木先生のエロは擬音語がすごくて……萌えます。ゴクリ

ということで、今年の読み初め&萌え初めは丸木先生でした!
感想を上げていない作品もありますが、昨年は丸木先生の萌えには大変お世話になったので、今年の幕開けに相応しいのではないかと~。
「兄弟」シリーズの第三弾。
2冊目の「夏」から5年以上経っているのでまさか続編が出るとは思いもよらずびっくりですが、大好きなシリーズなのですごく嬉しい!
期待過剰すぎだった事もありエロ的には多少物足りなさがありましたが、ふたりの濃厚な執着を存分に感じられる1冊でした。
話的には読み応えのある内容で面白かったです。
さらに続編があるといいなぁ。
「夏」の時のように、嫉妬で暴走した涼司が過激な行動に出るなど、執着がこじれてガッツリ変態プレイしてくれないかなと期待。
…って、結局エロしか頭にないのか私(笑)
萌えエロは疲れた時の癒し。
今年もよい萌えエロに出会える事を願っています!

■シリーズ
「兄弟」
「兄弟 -夏-」
「兄弟 -冬-」

兄弟 (アズ・ノベルズ) 兄弟―夏 (アズ・ノベルズ) 兄弟―冬― (アズ・ノベルズ)
関連記事
2014.01.04 18:08 | 丸木文華 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1258-3b233fa8

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2018年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)
このBLがやばい! 2018年度版 (Next BOOKS)
【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。