にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

海とヘビースモーカー :峰島なわこ

4799714031海とヘビースモーカー (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)
峰島なわこ 榎田尤利
リブレ出版 2013-11-25

by G-Tools

不意打ちをくらって泣かされました…。
やられた感いっぱい!面白かったです!
【海とヘビースモーカー/峰島なわこ(原作:榎田尤利)/シトロンコミックス(2013年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
榎田尤利が峰島なわことのコラボのために書き下ろした“海"シリーズが遂にコミックス化。海がある町を舞台としたドラマティック長編作品、甘く苦く心に染みいる全3編。描き下ろし有り。

【あらすじ・感想など】
『海とヘビースモーカー』
酷い別れ方をしたまま20年会わなかった大学時代の恋人・和久井が、幼い娘を残しこの世を去った。
葬式にも顔を出さなかった畠だったが、進行した癌だと診断され、ふらりと和久井の故郷の海を訪れる。
そこで和久井の娘と出会うが…。

この話は予備知識がない方が絶対に面白いと思うので、未読の方は読み飛ばしてください。

既に相手が亡くなっている状態から始まり、しかも主人公の畠も手術も難しい状態まで進行している癌に冒されていて、一体どう話が展開していくのかドキドキしながら読み進めました。
もしかして死んでなかったとかそんなオチなのかと思ったら。
不意打ちすぎてこれは泣く……。
学生時代の一生懸命恋愛していた思い出や、若さ故の不器用な苦い思い出を、年を重ねてから振り返るシチュエーションに私の涙腺はかなり弱いです。
後悔しても取り戻せないものに弱い。
初出見たら「泣けるBL」に収録されていたと知って納得でした。
ひたすら切ないけど、その切なさがすごく好きです。

『海と王子様』
妻に逃げられた冴えないサラリーマン・田端は、ある日海で死のうとしている男と出会い、世話をすることになる。
「職業は王子」だと言う謎の美形な若者は、怪我をした若き天才ダンサーだった。
20歳も年下の若者・アンリに懐かれてしまい戸惑う田端だったが…。

お人好しで地味な存在の田端はもてるタイプでは全然ないのですが、自分の不幸に頭がいっぱいになっていたアンリの目を覚まさせた事で懐かれてしまいます。
同性で年下の美形に翻弄されている田端が、なんだかかわいい。
地味なんだけど田端はちゃんと大人で、自分のダメさを分かりつつもそれを受け入れて生きている。
もちろんそれで幸せだと思っているわけではないし、胸に溜め込んでいるものもいっぱいあるのだけれど、卑屈にならないだけの度量があってアンリが惹かれたのも無理はないかなと思えるキャラでした。
アンリとの出会いで、淡々と現状を受け入れていた田端の人生にトキメキとかドキドキが訪れ、明るい刺激で活性化されていく様子が微笑ましくてよかったです!

『蜜柑の海』
高校卒業後上京し、それ以来故郷に戻っていない継巳の元に、ある日幼馴染みの晃司が突然やってきた。
8年ぶりの再会に戸惑いながらも、気心の知れた晃司との会話や懐かしい故郷のにおいに心和んでいく。
しかし、祖父の訃報で晃司と帰郷した継巳は、過去の暗い影に囚われてしまい…。

無口で愛想の少ない晃司に対して、継巳は明るい青年。
でも、その笑顔の裏で人に言えない心の傷を抱えています。
予想よりずっと重い話でびっくり…!
トラウマに萌える私のワクワクが途中で一気に跳ね上がりました。
過去のエピソードがシリアスな分、終盤と書き下ろしはしっかり甘くて読後感は心地よくほっこりです。
それにしても晃司はいい男だなぁ。
長い片思い期間にいったいどれだけ妄想したのか…それを思うとエッチシーンが感慨深いです(笑)

--
ということで、榎田先生原作のコミックス。
峰島先生の個性もしっかり出ていて、とても面白かったです。
とにかく最初の話でガッツリ心鷲掴みにされ、やられた感いっぱい。
泣かされた…。
『海とヘビースモーカー』の終盤数ページは何度読んでも胸が熱くなります。
そんな涙のあとの2編もタイプの異なる読ませる話で、最後まで掴まれた心を離さない中身の濃い1冊でした。
3話とも共通して「海」が出てきます。
海なし県で育った私は「海」より「山」の方が親しみがあって、「海」に懐かしさは感じないのですが、そんな私にも「海」の存在感がしっかり伝わってきました。
さすが榎田先生という内容で、それを形にしている峰島先生もすごいですね!
切なさもあたたかさも甘さも詰まっていて、大満足!
2013.12.09 00:14 | 峰島なわこ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1249-d250a357

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2018年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)
このBLがやばい! 2018年度版 (Next BOOKS)
【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。