にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

エロとじ 艶 :■アンソロジー

4799713736エロとじ 艶 (b‐Boyアンソロジー)
アンソロジー
リブレ出版 2013-09-19

by G-Tools

4年ぶりのエロとじ。円陣先生の表紙がステキ〜。
丸木先生がとても好みでした!
■ラインナップ
木原音瀬(Cut:永井三郎)英田サキ(円陣闇丸)栗城偲(北別府ニカ)砂床あい(ねこ田米蔵)秀香穂里(市川けい)愁堂れな(わたなべあじあ)中原一也(寿たらこ)西江彩夏(松尾アマタ)西野花(高久尚子)ふゆの仁子(真東砂波)眉山さくら(相葉キョウコ)丸木文華(笠井あゆみ)水壬楓子(黒田屑)
【エロとじ 艶/アンソロジー/リブレ出版(2013年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
それぞれのあらすじと感想をサクッと。
満足度を 1 : ★ ~ 3 : ★★★ でつけてみました。

『舌とピアス』水壬楓子/黒田屑 ★
大切な姪の心臓手術の費用のため、暴力団組長の愛人の子であるロシア人ハーフの男・アレクセイに身体を売った刑事・氷上。
アレクのマンションで犬のように飼われる事になるが…。

元刑事×ヤクザ
アレクの方が飼い主で高圧的な態度を取っていますが、セックスでは受です。
女王様受というくくりでいいのかな。
個人的には長髪男が苦手で、攻がいたぶられるパターンに萌えはないので好みからは外れますが、BLネタとしては珍しい形だと思います。
身体を売る理由がいまいち共感出来ないので、潜入捜査とか拉致とかだったらもっとしっくりきたかも。

『愛に跪く時』英田サキ/円陣闇丸 ★★
貴族であるルキアノスと剣闘士・ドミナトスが関係を持って1年。
好意を伝える事が出来ないまま金で繋がっている関係に、ルキアノスは苦しみながらも手放せずにいた。
そんな中、ドミナトスが人気を二分する剣闘士と戦う事が決まってしまう。
命を落とすかもしれない大きな戦いを前に、ドミナトスがルキアノスの部屋に忍び込んでくるのだが…。

剣闘士×貴族
ローマ風の舞台設定。
裕福な貴族という地位にありながらも、両親をすでに亡くし、口下手で人付き合いの苦手なルキアノスは孤独な生活を送っています。
ルキアノスはなけなしの勇気を振り絞り金でドミナトスと肉体関係を持つようになりますが、気持ちを告げられないままでどんどん苦しくなっていく。
素直になれず可愛げのない態度を取ってしまう自分に内心凹んでいるルキアノスと、そんな事はお見通しのドミナトスの関係がいいですね。
萌えはそこそこでしたが、ストーリーとキャラが好みでした。
円陣先生の表紙、まくられた服の下のお尻がかわいくて萌え。

『恋鳴き夜』砂床あい/ねこ田米蔵 ★★
出張からの帰り道、車が故障してしまい夜の山道で数時間一緒に過ごす事になった松山と浪越。
3年前まで肉体関係を持っていた松山に恋愛感情を持っていた浪越だったが、それを伝える事が出来ないまま、松山の転勤をきっかけに疎遠になっていた。
何事もなかったように振る舞う松山に傷ついていたのに、松山は浪越に手を出してきて…。

昔肉体関係のあった同僚同士。
好きな気持ちを隠したまま酔った勢いで関係を持つようになったため、松山の気持ちを確認出来ないまま現在に至ってしまっている浪越。
臆病な浪越も、それを分かっていながら踏み込んでいかなかった松山も、どちらにも問題あっての状況ですよね。
松山の気持ちも分かるけど、そこはもっと早く誘導してあげればよかったんじゃ…とも言いたくもなる。
でも、お互いに好きな気持ちを隠したままのエッチは萌えますね!
セフレ関係から身動きできなくなっている状況も大好きです。

『禁断花嫁』眉山さくら/相葉キョウコ
血の繋がらない双子の弟・慶次と肇から向けられる好意を受け入れる事が出来ず、密かに結婚の話を進めていた一希。
それを知った弟たちに連れ去られ、花嫁姿で犯されてしまうのだが…。

双子の弟×兄。3P
長男でありながらも養子という立場の一希は、両親の本当の子供である弟たちに道を踏み外させる事になる自分への恋愛感情を受け入れられません。
そんな一希にしびれを切らした双子が、力尽くで兄を堕とします。
近親相姦モノは、血の繋がりの有無に関わらず、その濃厚な関係に萌えます。
1冊にまとめる場合は盛り上がった後の冷静になる期間があっての〆になると思うのですが、私は序盤~中盤の夢中になってずぶずぶ嵌まっている関係が好きなので、そこだけを味わえる短編は美味しいとこ取りですね!

『月の魔物』西江彩夏/松尾アマタ ★
規則正しい生活をすることが生き甲斐のような平凡な日常を送る銀行員・米倉。
ある日、高校時代の同窓会に顔を出すと、当時告白して振られ無視された同級生・星川がいた。
陸上一筋で堅物の細川への燻った想いが、不思議な石と出会った事で思いがけない事態に発展し…。

地味な銀行員×13年ぶりに再会した堅物の同級生。触手もの
他人の感情に無頓着で堅物の陸上バカ・細川相手に恋愛感情を持っても報われないと分かっていても、ずっと心の奥で思いを燻らせていた米倉。
そんな想いを感じ取った不思議な石が願いを叶えてくれるのですが…まさかの触手責め(笑)
触手はBLだと割と出会いますが、今まで無慈悲な態度だった細川を陥落させる流れは結構マニアックです。
読み手を選ぶ内容で、個人的には萌えは全然ありませんが、そのマニアックさがこのアンソロの趣旨にはあっていて面白いなと思いました!

『ひどいことしないで』栗城偲/北別府ニカ ★★
問題のある男と付き合ってしまう介理。
いつものように修羅場の末兄のアパートに駆け込んだ介理だったが、そこには苦手な兄と同い年の幼馴染み・景浦がいた。
景浦とふたりきりになってしまった介理は、意地悪な景浦の言葉に負けん気が働き、エッチをすることになってしまうのだが…。

意地悪な年上幼馴染み×男運のない大学生
可愛いと言われるとついダメな男であっても付き合ってしまう介理は、自分の事を不感症だと思っています。
それは好きでも無い相手とエッチしているから感じないだけで、そもそも毎回彼氏とうまくいかない原因は介理にも大いにあるのですが。
好きな相手に普段は意地悪なのにエッチになると優しい景浦も、それに対して恥ずかしがり戸惑いながらも理性を飛ばしていく介理も、ふたりとも可愛くて仕方ない!
開発されていく受に萌えました。

『うさぎと狼』中原一也/寿たらこ ★
古ぼけたうさぎは新入りであるドイツから来た狼に見惚れるが、自分とは住む世界が違うことも分かっている。
ある日、そんな狼に悪戯をされ…。

外国の狼の青年×おっさんうさぎ
…どっちもぬいぐるみですが!
思いっきり擬人化です。
漫画では見かけたことありますが、BL小説では初めてかもしれない。
穴から出た白いものっていったい?……(綿です)
ぬいぐるみ陵辱!……(洗われてるだけ)
そうきたか!と何度も笑いました(笑)
奇抜な設定ですが、ふたりの関係性やまとめ方はちゃんとしていて面白かったです。
萌え的には…私はおっさん受属性ないので辛め。

『純情ビッチ』秀香穂里/市川けい ★★
一目惚れした花屋の店員・工藤を盗み撮りし、その写真をおかずに自分を慰めている会社員・周防。
ある日ひょんな事から工藤との距離が近づく事が出来、工藤のスキンシップに舞い上がっていたが、盗み撮りしていた事がばれてしまい…。

年下のイケメン花屋店員×地味なサラリーマン
工藤は爽やかな外見ですが結構策士です。
周防が自分に想いを寄せている事は分かっていて、周防が抜け出せなくなるような演出を画策してる。
そんな蜘蛛の糸に自ら飛び込む周防…可哀相に見えるけど、ドSな変態工藤を受けとめている周防も幸せそうなので問題なしですね!
いや、実はむしろ周防が工藤を取り込んでいるのかもしれない。
キャラ的に私の萌えにはひっかかってこなかったのですが、言葉責め、汗だくエッチなどなどSMちっくなエッチは美味しかったです!

『淫蜜な絆』西野花/高久尚子 ★★★
人の精を喰らう「天淫」である那緒は、好きでもない男に抱かれる事に抵抗を感じ、精を注がれないまま高校生になっていた。
そんな生活も限界に達していたある日、那緒は空腹で倒れてしまう。
弱った那緒の前に天敵である「狩人」の正体を現した担任・一条が現れ、捕らえられてしまうのだが…。

天敵だった担任教師&同級生×淫魔
西野花先生と言えば複数モノですよねー!という事で3Pです。
淫魔なのに今まで性的な事をしてこなかった那緒の身体は、一条に手を出されて一気に開花します。
そんな一条にめろめろにされている那緒の姿をこっそり覗いていた童貞・平神は、当然のことながら大興奮。
3P、そして二輪挿し!
高久先生の絵柄で脳内再生すると萌え倍増でした。
期待通りの美味しいエロにも満足しましたが、意外と話も最後上手くまとまっていました。
この先の3人の話が読んでみたいなぁ。エロ生活。

『reflect』ふゆの仁子/真東砂波 ★
借金のカタに金貸し会社の社長・前嶋に売られてしまった京介。
身体を弄ばれながらも、いつしか前嶋の呼び出しを待つようになっていたが…。

前嶋は酷い事をするし口は悪いけれど、京介の事を意外なほど気にかけています。
今まで愛情を受けず金もなく孤独に生きてきた京介はそんな前嶋に惹かれていくのですが、前嶋は前嶋で、今までとは勝手の違う京介との関係に内心戸惑っている。
短い中にも心情の変化がうまくまとまっていて、話は面白かった!
ただ、エロ的には特別萌えるような設定や描写はなかったです。
1冊の本にまとまるくらいの分量があれば、きっと満足度の高い作品なんだろうなぁと思いました。

『フェイク』愁堂れな/わたなべあじあ ★★★
売れない俳優・知己は、ゲイビデオのエキストラの仕事を受けることに。
電車の中で痴漢される設定で撮影が進む中、乗客役の知己の耳元に囁く声が聞こえてきて…。

人気AV男優×売れない俳優
電車のセットですし詰め状態を演出するためのエキストラだったはずの知己は、飛び入り参加した人気AV男優・薫に撮影中なのにいたずらされてしまいます。
周囲の視線がある中で繰り広げられる痴漢行為に感じてしまい、知己はぐずぐずになっていく。
私は痴漢モノは基本的に苦手なのですが、これは疑似体験なので気になりません。
むしろ、その状況に萌えまくりでした…!
感じているのに周囲に気付かれたくなくて必死に堪えているんだけど、薫のテクニックにどんどん陥落していく身体を止められない。
そして、実は周囲も仕掛け人で、そんな状態の知生を見て興奮しているんだろうなと想像するとさらに萌える。

『忍ぶ恋』丸木文華/笠井あゆみ ★★★★★
好意を寄せていた女中・お凜が敵方の忍である事を知り激高した平蔵は、お凜を折檻し口を割らせようとしていた。
愛していたが故にその裏切りを許すことの出来ない平蔵の激情は、やがてお凜の肉体に向かい…。

領主×女中になりすましていた忍
戦国時代という時代設定で折檻もの……設定からして大好物すぎて悶えました。
大好きなのにBLでこの手の設定なかなか出会えません。
山藍先生くらい?(BLというより耽美ですが)
攻の愛憎渦巻き爆発していく激情と、それを受けとめる受の無言の感情表現。
受の悲鳴が私の萌えに突き刺さりまくりで、何度も読み返してしまいましたよ!
折檻萌える。
倒錯的でネットリとした感情の絡み具合が大変美味でした。
緊縛、お漏らしという要素がこの雰囲気と相まってとても効果的。
久しぶりにこんなにエロ萌えで興奮した気がします。
丸木先生ありがとうございます!!!
是非この路線で長編書いてください!!!

『大人の玩具』木原音瀬/永井三郎 ★
同級生の弟から寄せられている好意を拒み続けているけれど、一緒にいて楽だからとその優しさに甘え続けている内村。
運良く仮住まいとして格安アパートを借りることが出来た内村だったが、その部屋には毎晩のように侵入者が現れて…。

○○×冴えないアラサー男
なんというか……ネタバレはしないでおきますが、とても木原先生らしい話でした。
さすがです。
こんな話書けるのは木原先生しかいないんじゃないだろうか。
いや、ネタとしては他でもあるかもしれませんが、それを徹底的にやるところが木原先生らしい。
いろいろとすごかった…。
表紙から分かるように4P、しかも気持ち悪いタイプの相手も含まれます。
剃毛あり、粗相あり、おもちゃあり。
木原先生の作品が好きな方だったらきっと楽しめると思います!
私の萌えからはずれていますが、その勢いは読む価値ありで満足です。

--
ということで、エロとじ第3弾!
Vol.2が出たのが2008年なので間が結構空いていますね。
今回もいろいろなエロネタが登場しましたが、個人的には丸木先生の短編が好みすぎて萌え悶えました。
折檻いい…!!
そして、愁堂先生の痴漢もの、西野先生の淫魔ものもエロくてよかったです。

アンソロジーでは、普段BL小説で出てこない、1冊にまとめるのが難しいような設定やプレイが読みたい。
普段は読めない、マニアックな萌えを補充したいんです!
萌えに胸時めかせながら読むので物足りなく感じてしまう話もありますが、萌えツボは人それぞれなのでそれは仕方ない事。
1つでも「キターーーー!」と萌えが爆発する話に出会えることが出来れば幸せなんですよね!
そういう意味では今回も美味しくいただきました!
漫画のように後日単行本に収録される機会がなかなかないので、気になる方は売り切れる前に是非どうぞ!

毎回言っている気がしますが、小説のアンソロジーはあまりないのでこの企画が続いてくれてとても嬉しいです。
ただ、エロとじはエロがテーマなので設定がいろいろあってそれはそれで面白いのですが、漫画のアンソロみたいにいろいろテーマを変えて出しても面白いんじゃないかなぁと思います。
新書サイズで5,6話収録くらいでいいので。
「兄弟特集」や「年の差特集」など、それなりに需要がある気がするのですが…なかなか難しいのかな。
(個人的には「剃毛」とか「禁縛」とか「体格差」とか、読みたい特集いっぱいなんですけど…!)


■エロとじシリーズ
「エロとじ」
「エロとじ Vol.2」
「エロとじ 艶」
「エロとじ 淫」
「エロとじ 悦」

エロとじ―b‐Boyアンソロジー エロとじ VOL.2―b-BOYアンソロジー 
エロとじ 艶 (b‐Boyアンソロジー) エロとじ 淫 (b‐BOYアンソロジー) エロとじ 悦 (b-BOYアンソロジー)
関連記事
            

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014.01.21 12:25  | # [ 編集 ]

>Hさん、こんにちは〜

小説B-Boy、丸木先生の番外SSが読みたくて買ってしまいました!
その後のエピソードが書かれていましたよ。
本編とは違い、お互いの気持ちが通じ合いながらのエッチシーンもあり、多少ほの暗さを残しながらも幸せそうなふたりの様子が読めます。
少し時間が経ってしまったので雑誌を手に入れづらいかもしれませんが、機会があればぜひ!
他の作品の番外もたくさん収録されていて、読み応えたっぷりでした。

コメントありがとうございました。
またおいでくださいませ。ではでは〜

2014.01.22 18:16 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1231-29f99e50

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。