にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

ウサギの王国 :松雪奈々

4344825926ウサギの王国 (幻冬舎ルチル文庫)
松雪 奈々
幻冬舎 2012-08-17

by G-Tools

ウサミミな異文化交流が新鮮で面白かったです!
萌えもたっぷりで大満足。
【ウサギの王国/松雪奈々/元ハルヒラ/ルチル文庫(2012年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
カメラマンの稲葉泰英は、仕事で訪れた島で白ウサギを追いかけているうちに大きな穴に落ちて気を失ってしまう。目を覚ますとそこは、頭にウサギの耳を生やした人々が住む島だった。地味顔の稲葉のことを妖艶で美しい、伝説の「兎神」だと信じて崇め奉る住人達は、島を救うためには「兎神」の稲葉と島の王・隆俊が毎日Hをしなければならないと言うが!?―。

【あらすじ・感想など】
仕事で瀬戸内海に浮かぶ島を訪れた稲葉泰英は、ウサギを追いかけているうちに見知らぬ世界に迷い込んでしまう。
そこは昔の日本に似た景色の、大柄でウサギの耳がついた人々が住む島。
泰英は「兎神」と勘違いされ、災厄から島を守るために王である隆俊という青年と毎日エッチしなくてはいけなくなってしまい…。
という、ウサギの島に異世界トリップしてしまう話です。
舞台になっているのは、戦時中毒ガス工場があった島で、現在ではウサギがたくさん生息していることからウサギ島とも呼ばれている大久野島。
戦時中に遺伝子実験された人たちがトリップし、子孫が繁栄した結果ウサギの国が出来ています。
見た目も言葉も日本人だけどウサギが混じっているためにウサギの耳がはえていて、さらに独自の文化が発展した結果、泰英の常識とはかなりずれた感覚を持っている。
そんな文化の違いが、惹かれ合っている泰英と隆俊の気持ちをすれ違わせる結果に。
ウサミミのついていない普通の人間は泰英だけなので、隆俊たちが一体何をどう感じているのかなかなか理解出来ないのは当然ですよね。
この手のファンタジー作品はそこをスルーしている場合もありますが、この作品はそれを生かしたストーリーになっていて、そこが面白い。
まさか耳を触ることがそんないやらしいことだなんて!
そしてまさか剃毛が………!!!!!
髭でこの騒ぎなら下の毛でやろうものなら…ゴクリ
他にも、人間の世界では地味で特別かっこいいわけでも全然ない泰英が、ウサギの世界では美人だったり。
たくさんの「まさか」に爆笑したり驚いたり萌えたり大変でした(笑)
ふたりは惹かれ合っているのですが、心より先に肉体関係があるので相手の気持ちがつかめません。
恋愛感情を抱いているけれど、相手は義務として相手をしてくれているだけなのだろうと感じているので伝える勇気がない。
端から見たら好き合っているのは間違いないのに、知らぬは本人たちばかりなり。
私はせっかちなので(笑)普段だったら「そこまで悩むくらいならさっさと伝えてハッキリさせなさいよ!」と焦れ焦れする状況なのですが、ここまでさんざんお互いの異文化っぷりに戸惑ってきたふたりなら、これはもう仕方がないかと思えてしまう展開でした。

そして、エッチから始まる関係で、しかも毎日やるのがふたりの務めなので、当然エッチシーンいっぱいです!
性欲が強いというウサギの性質が生かされていますね〜。
BL的に美味しいです、ウサギ…!
隆俊も例に漏れず絶倫。
しかもウサギの国の人たちは大柄で、隆俊と泰英は大人と子供みたいな体格差があるわけです。
体格差大好き!!
そしてその体格差から繰り広げられる体位が美味しい!!
普通だったら男相手にその体位は腕力的に厳しいのでは、と思うような事も出来ちゃうのがこの設定の魅力ですね(笑)
ただエッチ回数が多いだけじゃなく、内容も設定も萌え要素がいっぱいでした!

ということで、評判をちらほら聞いて、以前から気になっていたこのウサミミ作品。
まさかウサギと人間が融合しているとは…!
ケモミミBLはいろいろありますが、世界観が個性的で、予想の斜め上をいっていて新鮮です。
そんな力業のファンタジー設定なのに、どんどん話に惹き込まれていき、読み終わってみるとすごく楽しんでいる自分がいました。
恋愛部分の展開も、異文化という状況がうまく絡んでいて面白い。
しかも萌え要素もたっぷりなんです!
いっぱいワクワクして大満足。
少し前に出ていたスピンオフも手に入れてあるので、早速読みたいと思います。

余談ですが…
実は私、大久野島は高校の修学旅行で訪れて確か宿泊もしたのに、記憶がほとんどなくてですね…ウサギ島?!ウサギいたっけ…?となっていました(汗)
サイクリングした事と、海にいた魚がサヨリだったという断片的な記憶しかない…。
今行ったら全然違う視点で楽しめそうです(笑)

■シリーズ
「ウサギの王国」 隆俊×泰英
「ウサギの国のナス」 秋芳×那須

ウサギの王国 (幻冬舎ルチル文庫) ウサギの国のナス (幻冬舎ルチル文庫)
関連記事
2013.08.22 22:26 | 松雪奈々 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1223-b95cd89f

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |