にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

双曲線 -二重螺旋8- :吉原理恵子

4199007164双曲線 二重螺旋8 (キャラ文庫)
吉原 理恵子
徳間書店 2013-06-27

by G-Tools

ドロドロした中で尚人のかわいさに救われます。
しかしこの話、一体どう着地するんだろう…。
【双曲線 -二重螺旋8- /吉原理恵子/円陣闇丸/Chara文庫(2013年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
父・慶輔と祖父が起こした刃傷沙汰──その醜聞は、兄・雅紀の家族を守るという 強い想いを少しも揺るがせず、包容力と絆で尚人を支えていた。けれど、事件の渦中にいた、慶輔の弟である叔父の息子たち、従兄弟の零と瑛は初めてのスキャンダルに振り回され、動揺していた。そんな零が頼ったのは、幼い頃仲の良かったひとつ年下の従弟・尚人。尚人と話すことで癒される零に、雅紀は心穏やかではいられずに…!?

【あらすじ・感想など】
息子・慶輔を刺し、激高のあまりショック死してしまった祖父。
今まで慶輔の起こしてきたトラブルと直接的な関係はなかったが、この事件によってマスコミや周囲の好奇心にさられる事となった慶輔の兄弟たち。
慶輔の弟・智之の息子であり、尚人の従兄である零は尚人に助けを求め、電話をするようになっていた。
そんな零の行動に、零の弟・瑛は苛立ちを募らせ、雅紀と悠太は優しい尚人が巻き込まれるのではないかと警戒していたのだが…。
という、あらすじだけを見ると前巻と似たような印象ですが、各方面で様々な思惑や苛立ちが溢れかえっている中で、徐々に話は動いています。
以下、前巻までの内容を踏まえて感想を書いているので、シリーズ未読の方は1巻からどうぞ。
このシリーズは展開の意外さも面白さのひとつですから!
昼ドラ仕様なので(笑)

前巻で明らかになった、まさかの慶輔の記憶喪失。
10年前からの記憶がないため、自分が不倫していた事実さえ覚えておらず、自分には平和な妻と4人の子供たちとの日々があると思っています。
しかし現実は、その家族は誰も病院に現れず、兄弟からは冷たい態度を取られ、見知らぬ女性が何故か世話をしようとしてくる。
周囲の言動で自分が何をしてきたかを知るのですが、記憶のない慶輔はそれを受け入れられずにいるため、益々事態を混乱させています。
記憶なくしても、やっぱり慶輔ダメ男…。
思考が自己中心的すぎて!
記憶ないからって自分のやった事が許されるわけないんだから、さっさと自分が書いた暴露本読んで現実を認識してくださいよ。
まぁ、そんなまともな行動が出来る男だったら、こんな大事にはなってなかったんでしょうけどね…。
母親が息子の問題を自分のせいだと思う気持ちは分からなくもない。
慶輔が発生させて周囲に伝染していった負の感情の引受先が「母親」なら、それはそれでいいのかなと思ったりしていたのに…。
慶輔がこんな調子では、一体これからどうなるんだろう。
あっさり改心してしまったら周囲の人たちの苛立ちが行き場をなくしそうなので、慶輔には是非ともガツンと痛い目にあって欲しい。

今回の事件で、尚人たち兄弟だけじゃなく周囲の親族も巻き込まれているのですが、そうなってみると兄弟3人がどれだけ修羅場を乗り越えて強くなっているかが分かりますね。
安定のいちゃいちゃっぷりを発揮している雅紀と尚人はもちろん、最近は裕太の成長が微笑ましくてニヤニヤしちゃいます。
学校には相変わらず行ってないけど、そこら辺の中学生より確実に精神的には強くなっている。
それと比べると、零と瑛の兄弟はまだまだなぁ。
どちらの言い分も分かるけど、私は瑛の肩を持ってしまう。
正論がいつも正しいわけじゃないし、相手が間違っていると思うならちゃんとそれを伝えればいいじゃない。
零が尚人に依存しそうで、以前出てきた、尚人と同じ事件に巻き込まれた高校生がおかしくなる過程思い出して不安になりました。

そんなドロドロ展開の中、尚人と雅紀のいちゃいちゃっぷりが甘くて悶えました。
尚人が自分から誘う姿が……かわいすぎて萌え転げる!
こんなおねだりされて拒める人がいるだろうか。
翌朝、雅紀が夜のことを回想していた場面、裕太に「キモイ」と言われていて思わず吹きだしました(笑)

ということで、二重螺旋ももう外伝含めてこれで9冊目。
外伝が出たので最近は半年ペースで新刊が出ているので、1冊のページ数が少なくても物足りなさは全然ありません。
ドロドロとした内容なので、薄くても読み応えあります。
まぁ、恋愛以外の内容が大部分を占めていますが(笑)
昼ドラ展開の中、尚人が癒やしの存在ですね。
ドロドロしているからこそ引き立つその爽やかさ。
話の方は一体どこまで続くのかという泥沼展開ですが、慣れてしまえばこれはこれでクセになるし、それがあるからこその尚人萌えという気がします。
でも本当に一体どうやって終わらせるんでしょうね〜。
ちゃんと決着付き…ますよね?!
続きを楽しみにしています。

血縁関係覚え書き
shinomiya.png

■シリーズ
「二重螺旋 -二重螺旋1-」
「愛情鎖縛 -二重螺旋2-」
「攣哀感情 -二重螺旋3-」
「相思喪曖 -二重螺旋4-」
「深想心理 -二重螺旋5-」
「業火顕乱 -二重螺旋6-」
「嵐気流 -二重螺旋7-」
「双曲線 -二重螺旋8-」
「不響和音 -二重螺旋9-」
「千夜一矢 -二重螺旋10-」
「悋気応変 -二重螺旋11-」

■外伝(単行本)
「灼視線」

■ドラマCD
「二重螺旋」
「愛情鎖縛」
「攣哀感情」
「相思喪曖」
「深想心理」
「業火顕乱」

二重螺旋 (キャラ文庫) 愛情鎖縛―二重螺旋〈2〉 (キャラ文庫) 攣哀感情 二重螺旋3 (キャラ文庫) 相思喪曖―二重螺旋〈4〉 (キャラ文庫)
深想心理 二重螺旋 5 (キャラ文庫) 業火顕乱 二重螺旋6 (キャラ文庫) 嵐気流  二重螺旋7 (キャラ文庫) 双曲線 二重螺旋8 (キャラ文庫)
不響和音―二重螺旋〈9〉 (キャラ文庫) 千夜一矢: 二重螺旋10 (キャラ文庫) 悋気応変: 二重螺旋11 (キャラ文庫)
灼視線 (二重螺旋外伝)

Chara CD Collection「二重螺旋」 Chara CDコレクション 愛情鎖縛 二重螺旋2 Chara CD Collection 攣哀感情 二重螺旋3 
Chara CD Collection 相思喪曖 二重螺旋4 Chara CD Collection 深想心理(しんそうしんり) 二重螺旋5 BLCDコレクション 業火顕乱 二重螺旋6
関連記事
2013.07.06 11:03 | 吉原理恵子 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1213-d68b2de5

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |