にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4403523250恋愛できない仕事なんです (ディアプラス文庫)
砂原 糖子
新書館 2013-06-08

by G-Tools

最後に私の萌えが爆発しました。さすが砂原先生。
意外性は萌える!
【恋愛できない仕事なんです/砂原糖子/北上れん/Dear+文庫(2013年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
警視庁、薬物捜査係の刑事・本名は後輩の塚原のガサツさが嫌いだ。苛つく本名に対し、改める気配のない塚原の態度がまたストレスだった。ある日一斉摘発があり、事件に関わった男をとり逃がした二人。手がかりを得るため男の恋人を取り調べていた最中、本名は「あなたってさ、恋愛したことないでしょ?」と指摘される。言葉の意味を測りかねていた時塚原にゲイバーへの聞き込みに誘われ、出かけていった本名だが!?

【あらすじ・感想など】
警視庁組織犯罪対策部、所謂組対の刑事である本名映視と後輩の塚原一頼。
ふたりは組んで行動することが多いが、本名は塚原のがさつさに苛立ち、言い合うこともしばしば。
ある日、麻薬の密売事件の取り調べの際、「女に興味がない」「恋愛したことがない」と言われてしまう。
確かに刑事になって10年ほど仕事に追われ恋人のいない生活を送っていた本名は、酒の勢いで「試してみますか」という塚原の言葉に流され、関係を持ってしまい…。
という刑事同士の話。
本名は女顔で線の細い印象ですが、仕事では自分から飛び込んで行くようなタイプで、ヤクザ相手にもひるみません。
塚原はそんな本名をサポートする行動をすることが多い。
いざとなればいい連携を発揮しますが、普段はしょっちゅう言い合っているような犬猿の仲。
まぁ、主に本名が大雑把な塚原に突っかかっていて、それを塚原はのらりくらりとかわすから余計に本名が苛立つという構図なのですが。
そんな折、麻薬密売を摘発した際にひとりの男が逃走し、その男の交際相手の女性の取り調べの際に本名は恋愛について性的指向を含めて指摘されます。
仕事ばかりで恋愛からすっかり遠ざかっていた本名は、塚原の言葉に乗せられ、男とセックスできるのか塚原と試してみる事になるのですが…。
本名さん、結構天然ですよね。
塚原に上手い事乗せられているのは端から見たら一目瞭然なのに、酒が入っていたとはいえ全く気付いていない所が可愛いです。
塚原にとっては斜め上の発想に飛んでいる本名にガックリでしょうが(笑)
可愛げがないと思っていた塚原の隠れた部分を知り、本名の気持ちが変化していく過程は少し呆気ない気もしましたが、素直な思考の本名だったらそれもありかなと最後まで読むと納得出来ました。
前半はそんな過程を経て恋人同士になるところまで。
後半は逃走した男を追って和歌山に向かう話で、所轄時代の先輩・皆川の登場によって少し波乱がありつつも、それによってふたりの距離が近づきます。
このふたり、恋人同士になっても本名は相変わらず恋愛に関して鈍いし、塚原も皆川の登場で警戒しまくりなのでなかなか進展しません。
結局皆川が当て馬のような存在になって、ぎこちなかった本名と塚原の距離が縮まるのですが…皆川さんかわいそう…。
元々期待はしてなかっただろうけど、まさか付き合っている男が一緒に来るなんて。
皆川さんを幸せにしてあげて欲しいなぁ。

今回、読み終えてみて1番のポイントだったのは萌えエロでした。
事件も恋愛も少しインパクトに欠けるなぁなんて思っていた私の心を、最後に攫っていきました。
本名さんエロすぎる……!
塚原が自分のセックスの好みについて「いつもきっちりしてて怖そうな人が、俺の手でとろとろになっちゃうとか」と言っていて、激しく同意です。
意外性は萌える!
めろめろになっていく本名の様子に萌え転げました。
恋愛感情には鈍いのに、身体は敏感って!
エロい身体ですね本名さん!

ということで、砂原先生の新刊です。
この作品、刑事ものですがその辺りは突っ込みどころがいろいろあって、事件自体も複雑ではありません。
警察が舞台でもラブコメ。
最近一般向けの本で刑事ものを立て続けに読んでいた私は、つい事件や警察の動きにツッコミ入れたくなりましたが…。
BLでラブコメならこれで十分だと思います!
それよりも、恋愛面の展開をもう少し深く読みたかったです。
本名が自分は課長を好きなのだと思い込んだエピソードは、もっと生かされてもよかったんじゃないかな。
まぁ、性的指向をあっさり受け入れているあたり含め、それが本名の性格を表していると思うので、これはこれでいいのかもしれませんが。
しかし兎にも角にも、少し不完全燃焼気味だなと思っていたところで最後に萌えエロがきて、読後感はよかったです。
さすがエロ担当(?)砂原先生!
私って単純だなぁ(笑)
北上先生の挿絵もとても合っていました。
北上先生の美人受は美人だけどしっかり男なのがいい。
色気あるけど女っぽくはなくて好きです。
今回やっと恋人らしくなった所で終わったので、付き合っていく中でまだまだトラブルが起こるだろう、ふたりのその後も気になりました。
あと、皆川さんも幸せになって欲しい。
続編orスピンオフがあったら嬉しいです〜。
関連記事
2013.06.24 00:44 | 砂原糖子 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1210-616f1741

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |