にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4813012728nez[ネ] Sweet Smell (SHYノベルス304)
榎田 尤利
大洋図書 2013-05-31

by G-Tools

nezシリーズ第二弾!
焦れったいですが、スイッチ入ったふたりに萌えます。
【nez [ネ] スイート スメル/榎田尤利/湖水きよ/SHYノベルズ(2013年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
犬並みに鼻が利き、女の子が大好きな燕 千里と、俺様でエリートで神経質で潔癖性の鷹目 兆。噛み合わないふたりがコンビを組むのは、相性診断会社CASだ。どちらも大嫌いなタイプのはずなのに、勢いで寝たふたりの相性は最高で、お互いの記憶にあの夜が残っていた。身体の相性はいい、けど、それだけだ。同じ過ちは繰り返さない。そう思っているのに、あいつのことが気になってしょうがない・・・! もう一度確認したくてしょうがない!? そんなとき、CASに『王子様探し』の依頼が入って!?

【あらすじ・感想など】
相性診断サービス会社であるCASの設立者の一人であり、特殊な能力で依頼を解決している燕千里と組むことになった鷹目兆。
自分とは正反対の性格で、容貌も行動もだらしがない千里に苛立っていたのに、ふとしたきっかけで身体の関係を持ってしまった。
何事もなかったように仕事をこなしながらも、もやもやした気持ちを抱えていた鷹目だったが…。
nezシリーズ第二弾。
前作未読でも読めると思いますが、作品を楽しむ為に是非シリーズ1作目からどうぞ!
以下の感想は前作の内容を踏まえたものなのでご注意下さいませ。

千里は異常に発達した嗅覚を持っていて、その特殊能力を活用してCASはクライアントの依頼してくる相性診断を、占いではなく現実的に解決していきます。
鷹目は、そんな千里を優秀な観察眼と知識でサポートするパートナー。
仕事の面では、お互いを補完し合える能力があります。
ただ、何事もキッチリしていて潔癖症の気があり、愛想がなく、そしてゲイである鷹目に対して、千里はだらしがなくて無類の女好き。
そんなふたりなので、反発し合ってばかりいたのですが…。
距離を取ろうとする千里の行動は、実は性的欲求を引き起こすにおいを発している鷹目に惹きつけられないようにしていたためで、一方の鷹目も、千里のにおいに無意識のうちに惹きつけられていた。
ふたりはその誘惑に抗えず関係を持ってしまった、というのが前回までの話です。
身体の関係は持ったものの、相変わらず性格的には相容れない鷹目と千里。
そんな中CASに舞い込んだのは、婚活サイトで出会った男性たちの中から王子様を探してくれという陽菜という女性からの依頼。
前回もそうですが、事件自体はそんなに複雑ではありません。
その事件に関わっていく中で起こる千里と鷹目の関係の変化や、徐々に見えてくるふたりの背景が話の軸になっていて、事件は割とサラッと解決していく印象です。
ただ今回は予想以上にサラッと終わってしまったので、依頼の件はその後大丈夫だったのか気になりました。
どう考えても娘に不釣り合いな相手は許さなさそうな家柄なので、王子様が見つかったからってそれで安心というわけにはいかなそうなのですが…。
しかしそれ以上に気になるのが千里の過去!
今回、CASの事務担当・阿莉ちゃんとその兄・澪、そして千里の血縁関係や、千里の出生などが明らかになり、過去の事件やそれに関わる不穏な動きも出てきました。
それを考えると、鷹目と千里の恋愛に加え、千里の過去についても話が展開していくので、依頼のエピソードが薄くなるのは仕方ないかもですね。
鷹目の過去については、情報屋のニャンの登場で少し垣間見えたというか、鷹目のテクニシャンっぷりを知る事が出来ました(笑)

そんな鷹目のベッドテクは、今回も千里相手にしっかり披露されてます!
まぁ、このふたりの場合、テクニックより精神的な盛り上がりの方が強そうですが。
それでも鷹目が経験豊富じゃなかったらこうはいかなかったはず。
鷹目と千里のエッチはその興奮が伝わってきて私の萌えも刺激されまくりです!
ふたりともスイッチが入っていてエロい。
汗だくで絡んでいる様子が目に浮かぶ。
これで恋愛感情を自覚したらどうなるんだろう…はわゎ。
その時が待ち遠しくて仕方ないです!

ということで、nezシリーズ第二弾。
相変わらず反発しているふたりですが、お互いの事が分かってきて、なんだかんだで呼吸が合ってきましたね。
気持ちより先に身体が反応してるためになかなか素直になれずにいるふたりの様子が、焦れったいけれど、それがいい。
今回、千里の過去の影が不穏な動きを見せ始めたのが気になります。
交渉人シリーズもですが、榎田先生の作品はコミカルな雰囲気でも背景が結構シリアスだったりするのでドキドキ…。
いや、私は普段は明るいキャラがいろいろ抱えている設定が大好きなので、ドキドキというよりワクワクに近いかな。
千里みたいなキャラが過去のトラウマで発作起こしたり、不安定になったところを相手に見せてしまう展開に萌えます。
この先どうなるんだろう?
続きが待ち遠しいです!

■シリーズ
「nez [ネ]」
「nez [ネ] スイート スメル」
「nez [ネ] スメル アンド メモリー」
「nez [ネ] ユア ラブリー スメル」

nez [ネ] (SHYノベルス291) nez[ネ] Sweet Smell (SHYノベルス304) nez[ネ] Smell and Memory (SHYノベルス319) nez[ネ] Your Lovely Smell (SHYノベルス)
関連記事
2013.06.09 00:51 | 榎田尤利 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1207-5e975e7e

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |