にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

神花異聞 :夜光花

4813012736神花異聞 (SHYノベルス305)
夜光 花
大洋図書 2013-05-31

by G-Tools

もう少し違う展開を期待していたのですが…。
最後まで泰正は不思議ちゃんのままでした。
【神花異聞/夜光花/水名瀬雅良/SHYノベルズ(2013年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
四国で家族と暮らす三門泰正にとって、なによりも大事なものは家族の存在だった。両親に祖父、それに弟の衛はかけがえのない存在であり、家族のためならなんでもできると思っていた。ただひとつ気がかりなのは、弟の衛だった。兄と弟でありながら、禁忌の関係を持っていたのだ。情熱的に泰正を求める衛に対し、泰正は兄として衛を大切に思っていた。だから、兄弟以上の関係であっても、ふたりだけの秘密ならいいのではないか そう考えていた泰正だが、幼馴染みにふたりの関係を知られてしまい・・・!?

【あらすじ・感想など】
実家でみかん作りを手伝っている三門泰正。
でも、25歳の泰正の精神年齢は幼いままで、両親は自分たちがいなくなった後の事を心配している。
そんな泰正の変化を近くで見ていたひとつ年下の弟・衛は、自分が守らないといけないという使命感が、いつしか兄に対して行きすぎた執着心を持つようになっていた。
そしてある日、気持ちを抑えきれず泰正と肉体関係を持ってしまう。
関係を拒まないが衛に家族愛以上の気持ちを示さない泰正に、衛は次第に苦しくなり、自ら距離を置いたのだが…。
という、近親相姦もので花シリーズの番外「鬼花異聞」の続編。
前作の内容を踏まえて感想を書いているので、前作未読でネタバレが気になる方は回避して下さい〜。

泰正に執着しながらも、恋愛感情が伴わない肉体関係に限界を覚えて距離を置いた衛。
前作の時点で泰正と血の繋がりがないことや、泰正の母親が二鬼山の巫女をしていた事を衛が既に知っている事は明らかになっています。
泰正の気持ち以外でふたりの関係の障害となっているのは、泰正が山神の子と村人から神聖視されている事。
衛が泰正に手を出している事を村人に知られてしまい、衛は何者かに襲われ、泰正は村人に「衛との関係を断たないと両親に知らせる」と脅されます。
家族との関係が壊れることに異常に怯える泰正は、開き直ったように関係を求めてくるようになった衛をどうしていいか分からず混乱してしまう。
そうした中で二鬼山の妖怪との交流は続いていて、泰正は再び失踪…。
……どうしてここで妖怪の話が出てくるんだ?!という感じで少し戸惑いました。
確かに前巻でも泰正のこうした能力はかなり前面に出ていましたが、今回は衛との関係の進展が軸になると思っていたので、話を見失いかけました。
巫女の血を継いでいるんだし、鬼喰い草をもっと前面に出して閉鎖的な村の因習云々という方向にいくのかと勝手に想像していましたよ…。
そうした流れで止まっていた泰正の成長が開放されて年齢相応の精神年齢になり、衛とちゃんと恋愛関係に発展して丸く収まるのかなと思っていました。
うーん。
いろいろ伏線を回収していないような気がするのですが…。
薫は関係してこないの?
この2冊だけの独立した話ならこれでいいのかもしれませんが、花シリーズとして読んでいるので物足りない読後感でした。

濡れ場はいっぱいあります!
衛はあっさり自制を諦めすぎですよね…。
両親がいる家で、しかも田舎だからそういう気配はすぐ気付かれそうなのにお構いなしで性欲開放している衛。
開き直りすぎでしょ(笑)
ダメだと思っていても求められると拒みきれず、声を堪えている泰正の様子は美味しいです。
これで泰正に羞恥心が芽生えてくれたらもっと萌えるんですが!
もしくは淫乱スイッチが入って衛を襲う展開とかあったら、さらに萌え度が上がったんじゃないかなと思います。
…って、ただの個人的な好みですが(笑)

ということで、花シリーズの番外・泰正と衛の話が完結しました。
本編の舞台となっている鬼沢村の隣村・神谷村が舞台になっていて、時系列的には「堕ちる花」の少し前から始まっています。
今回の話の途中で鬼喰い草が焼かれた事が書かれているし、泰正の母親の死も本編と関連しているので繋がりは一応ありますが、作品の雰囲気は異なっていて、特にこの巻は戸惑いました。
番外だけでも話は理解出来ると思います。
むしろ、本編読んでいない方が楽しめるかも?
花シリーズとして考えるとかなり物足りない読後感…。
因習モノが好きで、そういう展開を期待しているシリーズなので。
泰正の精神年齢が幼いままで、いまいち掴みきれないままだったのも話に入りこめなかった原因かもしれません。
もしまだシリーズが続くなら、このモヤモヤを解決してくれるような本編の続編を期待!


■シリーズ
「堕ちる花」 尚吾×誠
「姦淫の花」 尚吾×誠
「闇の花」 尚吾×誠

「鬼花異聞」 衛×泰正
「神花異聞」 衛×泰正

「かくりよの花」 幸司×将

堕ちる花 (SHYノベルス) 姦淫の花 (SHYノベルス) 闇の花 (SHYノベルズ)
鬼花異聞 (SHYノベルス297) 神花異聞 (SHYノベルス305) かくりよの花 (SHYノベルス308)
関連記事
2013.06.04 00:22 | 夜光花 | trackback(0) | comment(2)
            

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013.06.09 23:01  | # [ 編集 ]

K様、こんばんは!
おいで頂きありがとうございます〜(^^)

2013.06.14 23:55 URL | にゃんこ #qOwEm20U [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1206-6a2e1af4

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。