にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

奪還の代償〜約束の絆〜 :六青みつみ

4344828127奪還の代償 ~約束の絆~ (リンクスロマンス)
六青 みつみ
幻冬舎 2013-04-30

by G-Tools

代償シリーズ第3弾。
そばかすとふわふわの髪の毛がかわいい!
【奪還の代償〜約束の絆〜/六青みつみ/葛西リカコ/リンクスロマンス(2013年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
故郷の森の中で聖獣の繭卵を拾った軍人のリグトゥールは、繭卵を慈しみ大切にしていた。しかし繭卵が窃盗集団に奪われてしまう。繭卵の呼び声を頼りに行方を追い続けるも、孵化したために声が聞こえなくなる。それでも、執念で探し続けるリグトゥールは、ある任務中に立ち寄った街で主に虐げられている黄位の聖獣・カイエと出会う。同情し、世話をやいているうちに彼が盗まれた繭卵の聖獣だと確信するが…。

【あらすじ・感想など】
ラグナクルス帝国は騎士と聖獣が誓約を結び、魔獣と戦いながら暮らしている。
護国軍で大災害の復旧にあたっていたリグトゥール・フェルバッハは、ある日、森の中で黄位と思われる聖獣の繭卵を見つけた。
しかし、帝都に届け出た後、リグトゥールは何者かに襲われ繭卵を奪われてしまう。
リグトゥールは繭卵管理局に直訴するが、すべての記録は改ざんされ、そして繭卵は別の人物と誓約を結んでしまった。
失意の中、リグトゥールは帝都中を捜索するものの時間だけが過ぎていく。
そんな時、皇帝によって密かに組織された繭卵の窃盗などに関わる組織を摘発する特務機関に誘われ、任務のかたわらで必死に手がかりを探し続けていた。
国境にほど近い地方都市を訪れたリグトゥールは、そこで主に虐げられている聖獣の子供・カイエと出会うのだが…。
代償シリーズ第三弾。
今回は繭卵の盗難によって離ればなれになってしまった騎士と聖獣の話です。
ただ盗まれただけでなく、手の込んだやり口で記録も改ざんされ、別の男によって生まれた聖獣は正式に誓約を交わしてしまっている。
特務機関の任務で、不正の証拠を探すためカイエとその主・ベルマンに近づき、身分を隠して住み込みで働く事になります。
そこでカイエに対する酷い扱いを目の当たりにし、そしてカイエの本当の対の絆は自分だった事を知ったリグトゥールは憤りますが、一度誓約した騎士と聖獣の間を引き裂くことは例え不正があったとしても出来ません。
しかし、ベルマンのある行動が、リグトゥールの我慢の限界を超えてしまい…。
この状態からどうやってカイエと誓約するのかと思いながら読んでいたのですが、なるほど…。
六青先生の作品には受が肉体的に酷い目に遭う展開がよく登場しますが、このシリーズでは他の男にどうこうされる事は1作目のキリエの時にあったものの、そこまで酷くはなかったんですよね。
今回が1番酷いです。
ただ、描写は多くないし、カイエ自身は何をされたか分かっていないようだったので、悲痛な印象は薄かったです。
個人的には、そこ詳しく教えてください!と思いながら読んでいましたがv
カイエは対の絆のベルマンを怖がってはいても憎んではいなくて、むしろ自分の不出来を申し訳なく思っているようないい子。
そんなカイエが不幸な境遇から一気にまぶしい世界に連れ出され、戸惑いながらも優しいリグトゥールとの生活に幸せを感じている姿に癒されました。
カイエは自分の能力に不甲斐なさを感じながらも必要以上に卑屈になるわけではないので、見ていて応援したい気持ちにさせられます。
ふわふわの髪の毛が愛らしい!
一方のリグは、昔から皆に頼りにされる優等生タイプの男なのですが、困難を乗り越えてきたことでたくましさも加わりなかなかの男前。
まぁ、リグの頭の中はカイエのことでいっぱいで、例に漏れず親バカっぷりを発揮していますが(笑)
カイエが不遇の生活を送っていたせいもあって、ベタ甘!
今回はカイエの学園生活の様子も書かれているのですが、子供同士で遊んでいる時の無邪気な様子や、親同士の我が子自慢とかがとても微笑ましくてニヤけました。
カイエの同級生に前作に登場したリュセランがいるので、ギルとリュセランのその後も垣間見えます。
そして皇帝として改革を押し進めるヴァルクートとキリハも登場していて、このふたりがなかなか進展しないリグとカイエの関係を後押ししていました。
1作目の頃とは違い、ふたりの関係が揺るぎない様子が感じられますね〜。
人目を憚らずイチャイチャしすぎですけど(笑)
この作品から読んでも理解は出来ますが、こうした楽しみを味わうために、シリーズ既刊本を先に読む事をオススメします!

親子のような関係から始まるし、しかも聖獣は自ら発情はしないので仕方がないのですが、肉体関係に辿り着くまでは結構長いです。
雑誌掲載分ではそこに至っていなくて、書き下ろしで補完されていました。
カイエの無邪気で積極的な行動がかわいい!
一応人間の年齢に換算したら大人になっている年頃だし、聖獣としての能力も申し分ないカイエですが、実際に生きている時間が短いからか精神的にはまだ幼さが残っています。
そんなカイエの初エッチは萌える…!
体格差に萌えるので、このシリーズの設定はとても美味しいです。

ということで、代償シリーズ第三弾も面白かったです!
メインカップルだけでなく今までのカップルのその後も楽しめるので、リグとカイエが帝都で暮らし始めてからの話は顔がニヤけまくりでした(笑)
このシリーズは男らしい攻たちの親バカっぷりが微笑ましくて仕方ないですね。
これまでの3作は騎士×聖獣が続いていて、シリーズは続いて欲しいけどそろそろパターンがマンネリ気味になるかも?と心配していましたが…次作は聖獣×騎士らしいです!
騎士が聖獣を育てる設定なので、ワンコ攻っぽくなるのかな?
待ち遠しいです〜♪

■代償シリーズ
「忠誠の代償〜聖なる絆〜」 ヴァルクート×キリハ
「誓約の代償〜贖罪の絆〜」 ギルレリウス×リュセラン
「奪還の代償〜約束の絆〜」 リグトゥール×カイエ
「彷徨者たちの帰還〜守護者の絆〜」 フェンリル×キース

忠誠の代償 ~聖なる絆~ (リンクスロマンス) 誓約の代償 ~贖罪の絆~ (リンクスロマンス) 奪還の代償 ~約束の絆~ (リンクスロマンス)
彷徨者たちの帰還 ~守護者の絆~ (リンクスロマンス)
関連記事
2013.05.11 19:58 | 六青みつみ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1199-8bdad8bc

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |