にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

約束 :可南さらさ

4796404120約束 (ガッシュ文庫)
可南 さらさ
海王社 2013-03-28

by G-Tools

泣いた…。学園モノだと思って油断していました。
でも、胸が痛い分、甘さが引き立ちますね。
【約束/可南さらさ/六芦かえで/GUSH文庫(2013年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
他人を避け孤独に生きてきた有也と、生徒会役員で人望の厚い颯はクラスメイトで寮のルームメイト。正反対の二人の秘密―外では他人のフリ、部屋では恋人の関係だということ。颯が有也に触れる指先は甘く、有也にとって生まれてはじめての恋だった。しかし、ある夏の日、颯が事故に巻き込まれたことにより二人の関係は突然終わった。―彼はもう自分を覚えていない。それから数年後、颯のことを忘れられずにいた有也の前に再び颯が現れ―。

【あらすじ・感想など】
家庭の事情から、高校時代、他人と関わろうとせず孤立していた有也。
そんな有也に寮でルームメイトとなった颯は関心を示し、冷たい態度を取られながらも次第に有也に近づいていく。
いつしか肌を重ねるようになり、恋人同士となったふたりだったが、そんな矢先に突然颯は有也の前を去ってしまう。
事故で有也との日々の記憶をなくした颯は、手術を受けるため海外へ渡り、それ以来ふたりは会うこともなく月日は過ぎていった。
数年後、心に傷を抱えながらもカフェバーでバイトをして暮らしていた有也の前に、突然颯が現れたのだが…。
という再会&記憶喪失もの。
前半が高校時代の話で、後半は社会人になってからの話です。
寮で同じ部屋になりどんどん距離が縮まり、そして恋人同士となったふたりがこれから…という所で突然別れがおとずれます。
不器用だけど真っ直ぐな高校生の恋愛に心あたたまっていた中での急展開。
読む前に挿絵も見ずあらすじも読んでいなかった私は、心の準備が出来ていなくて「マジか…!」となりました…。
最後はハッピーエンドだろうなと分かっていても、再会したあと何度もつらい状況に陥る有也を見ていて胸が痛くて仕方なかった。
有也にとっては眩しくてあたたかい、思い出と呼ぶにはまだ心の整理が出来ていない初恋の記憶。
そんなかけがえのない日々のことを、颯は何も覚えておらず、有也に同じ寮の同級生という程度の認識で接してくる。
今更恋人だったなんて言えるはずもない状況である事はよく分かるので、颯と再会してからの有也の喜びと痛みが入り交じる感情が切なかったです。
颯が悪い人じゃないから余計に。
まだ将来とか現実が身近でない、狭い世界にいた高校生の頃とは違い、離れていた時間の中でふたりの環境は大きく違ってきています。
初恋の相手というだけでなく、複雑な環境で育ち下を向いて歩いていた有也の手を取り、前を向かせてくれたのが颯だった。
そんな特別な存在である颯を前にして、つらくても自分から離れる事なんて有也には出来るわけがない。
気持ちを伝える事も出来ず、かと言って友人として振る舞うほどの諦めはつかなくて苦しいのに、それでも離れる事は出来ない有也の心が追い詰められていく様子が切なくてたまらない。
早く思い出しなさいよ!と、颯に言いたくなります。
胸がズキズキ痛くて泣けました。
自分が可哀想だと泣いているだけの人は嫌いだけど、有也はそうじゃない。
薄幸そうな受が、一生懸命耐えて前向きに頑張ってる姿がいい!
そんな有也の気持ちが伝わった時の私の昂揚をどう言葉にしたらいいか分かりませんが、ずっと抱えていた切ないモヤモヤがサーッと晴れていく時の気持ちよさが物語を読む時の楽しみのひとつだなと思います。

そしてそんな切なさ満載だった分、おとずれた幸せな時間が甘くて萌えまくり!
描写が濃いわけでは全然ないのに、ふたりが感じている嬉しい気持ちや愛しい気持ちが伝わってきて、ちょっとした事でテンション上がりました。
はぁ、有也かわいい……。

ということで、可南先生の新刊です。
一応「告白」という作品と同じシリーズですが、高校や寮が被っているだけで内容的にはリンクしていないし、話のメインは大人になってからなので前作未読でも全然大丈夫だと思います。
(チラッと出てきたらしい前作キャラに私は全く気付いていませんでした…)
再会も記憶喪失もそれだけで切ないフラグ立ちまくりですが、有也の感情が痛いほど伝わってきて、久々にこんなに泣いたというくらい切なかった…。
でもその分、甘さがひきたっていて萌える!
最後、いちゃいちゃしてる2人の姿に胸が熱くなりました。
大満足。
とても面白かったです!!

■シリーズ
「告白」寒河江×彼方
「約束」颯×有也

告白 (ガッシュ文庫) 約束 (ガッシュ文庫)
関連記事
2013.05.03 12:02 | 可南さらさ | trackback(0) | comment(4)
            

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013.05.17 00:32  | # [ 編集 ]

Hさん、こんにちは〜

小説に挑戦、いいと思います!!ぜひ!
漫画もいいですが、小説の方が私は萌えが刺激されるので好きです。
読み応えという点では圧倒的に小説の方に分があると思います〜。

「忘れないでいてくれ」面白かったですよ!
ただ、夜光花先生は大好きな作家さんですが、文章や話に少しクセがあるので万人受けはしないかもしれません。
まずは文章が読みやすく内容もしっかりしている榎田先生あたりの作品がいいんじゃないでしょうか。
交渉人シリーズとかオススメです。(http://macnyanko.blog22.fc2.com/blog-entry-1139.html)
他には、切なさを楽しみたいなら杉原先生(http://macnyanko.blog22.fc2.com/blog-entry-1151.html)や高遠先生(http://macnyanko.blog22.fc2.com/blog-entry-1155.html)あたりとか。
小説は話の幅も広いし、文章の好みも人それぞれなので「コレ!」というものをオススメするのは難しいので、まずは人気作家さんの作品で、いくつかあらすじと挿絵に惹かれたものを読んでみて自分の好みを探ってみてはいかがでしょうか〜。

「花は咲くか」、私は大好きなので是非どうぞ!
ふふふ、Hさんが嵌まっていくのが私も嬉しいです(^^)
コメントありがとうございました。またお気軽にどうぞ〜♪

2013.05.18 10:45 URL | にゃんこ #qOwEm20U [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013.05.21 06:02  | # [ 編集 ]

Hさん、こんばんは!

交渉人シリーズ、たくさん出てますが4,5冊目以外は1冊ごとに話はまとまっているので、まずは1冊目を読んで面白かったら続きを読んでみてはいかがでしょうか〜。
挿絵は…私は最初の頃の画が好きなので変化に「え?!」ってなりましたが、その頃にはもう話の方に嵌まっていたので無事乗り越えられましたv

杉原先生も高遠先生もオススメです!
小説は作風も様々なので、オススメ作家さんいっぱいで誰を挙げようか迷いました(笑)
お気に入りの作品に出会える事をお祈りしています〜

2013.05.23 01:03 URL | にゃんこ #qOwEm20U [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1197-7e4ef89c

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |