にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

花のみやこで :宝井理人

4813030173花のみやこで (H&C Comics ihr HertZシリーズ 133)
宝井 理人
大洋図書 2013-03-09

by G-Tools

「花のみぞ知る」のスピンオフと後日談。
萌え転げました…顔のニヤニヤがおさまらない!
【花のみやこで/宝井理人/H&Cコミックス(2013年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
辻村医院の次男として生まれた辻村基晴は、幼い頃に出会った友人・蓮見晶にずっと想いを寄せている。一度告白したものの受け入れられず、距離を置かれてしまう。それでも晶と同じ大学に進み、同じ研究室に入る。基晴は葛藤しながらも、すべてを忘れようと芸妓遊びの日々を送っていた。そんなある日、晶に一緒に帰らないかと誘われ、昔に戻ったような感覚になる。友人としてでも隣に居られるのなら── そう思っていた基晴だったが…

【あらすじ・感想など】
『花のみやこで』
医者の家に生まれた辻村基晴は、子供の頃に出会った蓮見晶に想いを寄せていた。
その想いを自覚するようになり告白をしたものの、晶は受け入れなかった。
距離があいたまま、同じ大学の同じ研究室に配属されたふたり。
ある日、晶に声をかけられ、一緒に帰る事になった基晴だったが…。

舞台は終戦後の日本。
拒まれても晶を想い続けていた基晴ですが、もう一度自分の気持ちを晶に伝えます。
そして、晶も本当の気持ちを打ち明けるのですが…。
好き合っていても幸せになれるとは限らない。
ふたりの想いは、数十年後、ある出会いに繋がります。
最後まで読んで「なるほど…!」となりました。
私、このコミックスを手に取った時、同じレーベルだしタイトルが似ているので「花のみぞしる」の後日談かスピンオフかと思っていたのですが、この話は時代設定からして本編より昔なので無関係なのかと思っていたのです。
カバーにも帯にも何も書かれていないし。
続編が後半に収録されていて、前半は関係ないのかと。
切ない展開だけどこれはこれでありなのかなと。
そうしたら…!
いろいろ納得。
詳しくは書きませんが、本編にちゃんと繋がる話でした。
1巻を読み返してみよう。

『花のみごろに』
一緒に暮らし始めた有川と御崎。
今は幸せだけれど、いつか有川は別の道を選んでしまうのではないか。
そんな不安と諦めが入り交じった気持ちを、御崎は抱えたままだった。
ある日、有川の実家に挨拶に行くことになったのだが…。

「花のみぞ知る」の後日談。
付き合いは順調なのに、御崎はその幸せがずっと続く未来を思い描けないまま。
有川のことは好きだし、有川も自分に想いを寄せてくれているのは分かっているのに、自分とは違って明るい道を歩いてきて、あたたかい家族もいる有川は、いつか元の明るい世界に戻るのだろうと思ってる。
有川の家で、強引だけど明るい姉や、優しい母親との交流をする場面はコミカルだけど、全体的には御崎の不安や寂しさに切なくさせられる展開。
最後、有川が御崎にあるものを渡す場面がすごく良かった。
泣いている御崎の顔が胸にきて、私も泣きました。
よかったね、御崎…!
ネガティブになりがちな御崎を、有川はちゃんと受けとめてくれてる。
このふたり、いいなぁ。
有川の家で、戸惑いながらも暖かさに触れて嬉しそうな表情の御崎が印象的でした。
足下にすり寄ってくる猫に動けなくなっている御崎がかわいい。

本編の時からそうですが、このふたりのエッチは萌えますね!!
御崎の乱れた姿に萌えで胸がはち切れそうになりました…やばい。
しかも有川のお姉さんグッジョブ!
まさか御崎の女装姿が見れるとは思いもよらず、思わず「かわいい」とつぶやいた有川に激しく同意しました。
めちゃくちゃかわいい。
その後盛り上がったエッチが美味しいのは言わずもがな。
宝井先生の絵柄とエロの相乗効果やばいです。
乳首がちゃんとトーン処理してあってドキドキ。
ニヤニヤが止まらない!

--
ということで、「花のみぞ知る」のスピンオフと、有川と御崎の後日談。
予備知識がなかった事もあって、驚きと納得と萌えと感動が入り交じりました。
読み応えがあり、そしてあたたかい気持ちになれる2編。
まさかそのスピンオフがくるとは!
本編を読み返したくなりました。
そして何と言っても有川と御崎に私の萌えが爆発します。
大満足!
宝井先生、大好きです。

■シリーズ
「花のみぞ知る (1),(2)」
「花のみぞ知る (3)」

「花のみやこで」 スピンオフ&後日談

花のみぞ知る 1 (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 43) 花のみぞ知る 2 (ミリオンコミックス CRAFTシリーズ48) 花のみぞ知る 3 (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES)
花のみやこで (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 133)
関連記事
2013.03.17 17:29 | 宝井理人 | trackback(0) | comment(4)
            

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013.04.05 06:58  | # [ 編集 ]

Hさん、こんばんは!

ブログでは一般の書店で買える本などの感想しか書いていませんが、ヨネダ先生の同人誌、買ってますよ~(^^)
同人誌って馴染みがないと謎ですよね。
私も最初その世界の事が分からなくて戸惑った思い出が…。
今では好きな作家さんの本は欠かさず買うくらいに馴染んでいます(笑)

同人誌は、Hさんがおっしゃっているような、ファンが自分の好きな本やアニメ作品の世界を元に妄想し創作する(所謂二次創作もの)の他にも、自分のオリジナルの作品を同人誌にしたものがありますよ。
BLに限らずだと思いますが、同人誌の世界からプロになっている作家さんは多いです。
ヨネダ先生がプロデビュー前にどんな活動をされていたのか私は知りませんが、「どうしても〜」が出て以降も同人誌は何冊も出ています。
ヨネダ先生の他にも、漫画小説問わず多くのプロの作家さんが自分の作品の番外編などを同人誌で出していて、即売会でご本人が同人誌を売っていますよ(ちなみに、即売会で最も規模が大きいのが夏と冬にあるコミックマーケットです)
また、そうした番外編などに限らず、プロになっても二次創作で同人誌を作っている方はたくさんいます。
何故プロなのに自費出版かというのは、私は読むだけで創作には関心がないので想像ですが、同人誌は儲け云々よりも自分の萌えを吐き出す場だったり、交流の場だったりするんじゃないかな?
商業誌だとある程度制約があって、描きたいものが自由にすべて描けるわけではないと思うので。
あ、同人誌は即売会以外に、店頭や通販でも手に入りますよ〜。
一般の書店にはありませんが、作家さんが委託していれば、アニメイトやとらのあな等のオタク系の店で購入できます。
ただ、商業誌のように多く刷られないので、古い作品は中古でしか手に入らない事がほとんどです(オークションでの売買はマナー違反)
そして値段も高いです。漫画だと24Pで500円とか……。
それが店頭や通販だとさらに手数料などが加わって1.5倍ほどの値段になり、人気のある作品だと中古でさらに高くなります。
あと、重要な事を書き忘れたのですが、同人誌では濡れ場があると、基準は曖昧で作家さんの自己判断ですが、大抵R18です。

いろいろと書いてしまいましたが、なんとなく雰囲気はつかんでいただけましたか?
もしご興味がおありでしたらぜひぜひ〜。
「或る夜」なら、最近再々版されたようなので、まだ店頭や通販で新品が買えるんじゃないかなと思いますが、人気の作家さんの本はすぐに売り切れます。
同人誌は一期一会で、買い逃すと二度と買う機会がないなんてことも珍しくありません…。
あ、ヨネダ先生の「どうしても〜」の同人誌は、近いうちに(?)単行本になるようですよ!
BLだと、商業誌(普通の本屋で流通している本)の初出が同人誌という事は時々あります。
楽しみですね〜♪

コメントありがとうございました(^^)

2013.04.06 02:02 URL | にゃんこ #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013.04.06 12:36  | # [ 編集 ]

Hさん、こんばんは〜

無事ゲットおめでとうございます\(^o^)/
そして同人誌の世界へようこそー!
少しでもお役に立てて、私も嬉しいです!

2013.04.06 19:33 URL | にゃんこ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1186-a15c6404

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。