にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

不測ノ恋情 (1),(2) :富士山ひょうた

4861345251不測ノ恋情 1 (Dariaコミックス)
富士山ひょうた
フロンティアワークス 2011-12-22

by G-Tools

「純情」で当て馬として登場していた宮田の話です。
2巻で私の萌えが爆発しました!
【不測ノ恋情 (1),(2)/富士山ひょうた/ダリアコミックス(2011、2013年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
出版社のデスクでゲイの宮田は、仕事相手でレザーブランドの代表・伊倉に気に入られ交際を強要される。最初は仕事と割り切るも、伊倉との交流の中で過去と決別できたことに気づき、正式につきあうことに。お互いの関係が変化し、体の距離も近付いた二人。そして宮田は伊倉と、幼馴染で仕事のパートナーでもある瀧との関係に複雑な想いを持つ自分に気づき―・・・。

【あらすじ・感想など】
仕事相手の伊倉絢都と二丁目で偶然出会い、お互いゲイとバイである事を知る事になった宮田一臣は、伊倉に交際を迫られることに。
伊倉の強引な誘いに対して最初は意地もあり付き合っていたけれど、それによりいつの間にか引きずっていた過去から抜け出していた。
それに気付いた宮田は、伊倉との付き合いを自ら受け入れ、ふたりの恋人としての関係が始まったのだが…。
「純情」の受・圭祐の元彼で、当て馬として登場していた宮田の話です。
別れてからも仕事では繋がっているので、何だかんだで別れた後も圭祐にちょっかいをかけていた宮田。
自らの浮気が別れの原因だったのにも関わらず、引きずっているのは宮田の方なんですよね。
本人が思っている以上に周囲はそれを感じていて、圭祐のあとに付き合い始めた人にもそれが原因で振られています。
で、そんな時に出会ったのが伊倉。
宮田はゲイだけどタチ専門なので、性格的にも体格的にもいかにもタチな伊倉は好みの範囲外です。
そんな伊倉に強引に誘われ付き合う事になってしまいますが、苛立ちながらも波にのまれた事で、いつの間にか過去から抜け出せている自分に気付きます。
そうした出来事を経て、改めて恋人としての付き合いが始まったふたり。
でも、今まで付き合った相手とは全く違う伊倉のペースに宮田は戸惑い、そして、自分の気持ちの変化にも戸惑うことに。
このふたり、どちらも攻タイプなんですよね。
だから宮田は伊倉にリードされることに抵抗を感じていて、素直になれない。
ドライな自分を保てなくなっている宮田が………いい!!
私、攻×攻には基本的にあまり興味がありません。
男らしい受に萌えセンサーが反応しないので、宮田と伊倉のカップリングに萌えは全然期待していなかったのです。
が!
まさか宮田をかわいいと思う日が来ようとは…!
一体どこがポイントだったのか考えていたのですが、ひとつめはエッチシーンで宮田の表情や反応がよかったところですね。
受にありがちな女性的な反応では無いけれど、妙に色っぽい。
これは伊倉が自制心を抑えきれなかったのも仕方ない(笑)
そもそも、宮田は伊倉に対して攻たいという気持ちはないですよね。
その時点で、無意識のうちにこの展開を受け入れていたような気はします。
そして、もうひとつのポイントは、伊倉にやられちゃった後の宮田の動揺。
伊倉を追い出したりメール無視したりしているけれど、別れようとは思ってない。
伊倉の事を好きだからこそ、意見を無視された事を怒るのではなく、予想外の自分の動揺に気持ちを整理出来ずにいる。
この過程が丁寧に描かれていて、宮田に対する印象がかなり変わりました。
ある程度年齢と恋愛経験を重ねていくと、付き合い方って自分の中で「こうあるべき」みたいなものがあったりしますよね。
でも、自分が思っている自分の性格って、実際はそうありたいと思っている性格であったり、こうあるべきと思っている性格だったりする部分もあるわけで、そんな自分の想像力の範囲内から出てくる自分に合った付き合い方が正しいとは限らない。
むしろ、実際は違っているから今までの恋愛が上手くいかなかったという見方も出来るわけで、意外と苦手なタイプの方が本当に自分の求めているものを掘り出してくれるかもしれないなと思う事があります。
宮田にとって伊倉が今まで付き合った事のないタイプだったからこそ、本当に自分が求めていたものが見えてきたということかな。
常に自分のペースで恋愛して弱い部分を相手に見せてこなかった宮田が、伊倉の登場によって変えられていく。
そんな様子に、読んでいてドキドキさせられました。
宮田の年齢で(30代半ば?)、自分の価値観やアイデンティティを覆してくるような相手にちゃんと向き合おうとするのは簡単な事じゃないと思うんですよね。
もちろん、伊倉の物怖じしない性格があってこそだけど。
伊倉のようなタイプは実際にいたら苦手だけど、その強引さが羨ましくもあるなぁ。

身体の関係から付き合いが始まっているので、濡れ場はそれなりにあります。
攻×攻や男らしい受は苦手ですが、宮田の裸体は全然大丈夫でしたー!
まぁ、攻同士と言っても宮田は伊倉をどうこうしたいとは思っていないので、マウント争いにはならないんですけどね。
単体で見ると宮田は攻だけど、伊倉とのカップリングだと受にしか見えない…。
つまり、宮田かわいい!という結論(笑)

ということで、「純情」の当て馬・宮田の話です。
「純情」では軽薄そうな印象だった宮田ですが、本来は真面目な人なんだなという事が感じられる内容で、印象がかなり変わりました。
というか、つまり……宮田かわいいよーーー!
と、ゴロゴロ転げ回りたくなりました(笑)
1巻ではそこまででもなかったのに、2巻で一気に宮田萌えスイッチオン!
この後さらに可愛い表情を見れるのかと思うと、続きが楽しみで仕方ないです。
伊倉、がんばれ!

■シリーズ
「純情 (1),(2)」倉田×圭祐
「純情 (3)」

スピンオフ
「不測ノ恋情 (1),(2)」伊倉×宮田
「不測ノ恋情 (3)」

純情 1巻 (Dariaコミックス) 純情 2巻 (Dariaコミックス) 純情 3巻 (Dariaコミックス)

不測ノ恋情 1 (Dariaコミックス) 不測ノ恋情 2 (Dariaコミックス) 不測ノ恋情 3 小冊子付初回限定版 (Dariaコミックス)
関連記事
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1174-5d2f9f13

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |