にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

嵐気流 -二重螺旋7- :吉原理恵子

4199006931嵐気流 二重螺旋7 (キャラ文庫)
吉原理恵子
徳間書店 2012-11-29

by G-Tools

まだまだ続く泥沼展開!
もはやBLというより昼ドラ…。
【嵐気流 -二重螺旋7-/吉原理恵子/円陣闇丸/Chara文庫(2012年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
「相談したいことがあるから、直接会って話したい」―ある日突然かかってきた、従兄・零からの電話。幼い頃一番仲の良かった尚人は、憔悴した零を無視できず、戸惑いながらも了承する。けれど、雅紀は内心冷静ではいられない。10年間音信不通だったのに、今更なぜ?急接近する零に、警戒と苛立ちを募らせて…!?父・慶輔の記憶喪失が引き起こす負の連鎖が、新たな波乱を芽吹かせる―。

【あらすじ・感想など】
息子・慶輔を刺し、激高のあまりショック死してしまった祖父。
今まで慶輔の起こしてきたトラブルと直接的な関係はなかったが、この事件によってマスコミや周囲の好奇心にさられる事となった慶輔の兄弟たち。
そんな中、慶輔の弟・智之の息子であり、尚人たちの従兄である零から突然相談の電話がかかってくる。
優しい尚人が巻き込まれるのではないかと、雅紀と悠太は警戒するのだが…。
という、今回は零が尚人に接触してくる話が軸になっています。
零は前巻で祖父の葬式の場面で登場していて、外伝の「灼視線」でも書かれていたように、特別問題がある人物ではありません。
尚人と似た真面目な高校生という印象。
むしろ弟の瑛の方がやんちゃそうですが、それでも良識はちゃんとあります。
端から見ていると、零なら大丈夫なんじゃないかな?と思うのですが、そんな油断がまさかの展開になる可能性があると知っている篠宮兄弟は戦々恐々。
以前にも、尚人の優しさに勘違いして事件を起こした下級生がいましたしね…。
人助けはもちろん善いことだけど、問題によっては自分が思っている以上に相手が重くて支えきれなくなってしまう事もある。
責任が持てないなら、深入りすべきじゃない。
重い決断に関わるという事は、自分も相手の背負っているものを支える覚悟がないとダメだと思います。
もちろん尚人はそれをちゃんと分かっているけれど、尚人の柔らかい印象を容認だと勘違いしたり、尚人に示された線引きを察する事の出来ない人はいっぱいいる。
雅紀や悠太は、尚人を信頼していないわけではなくて、それを警戒しています。
そりゃ心配しますよね…。
私も心配です。
まぁ、私はこれが泥沼展開の「二重螺旋」だからこそなのですが(笑)
これもトラブルのフラグなんじゃないかと心配するのは当然ですよ…!
でも、とりあえずこれはトラブルフラグではないと思っていいんでしょうか。
結局、この件を通して尚人の内に秘めた強さを再確認したり、悠太の成長を感じたり、雅紀の溺愛っぷりに悶えたりするのが狙いなのかな。
今回、以前から起こっていた悠太の意識の変化が行動に反映されていたのがすごく目立っていました!
逞しくなったなぁ、悠太…。
いろいろ問題はありつつも、トラブルを共に乗り越えてきたことで、強い絆が出来上がっている篠宮3兄弟。
それが伝わってくるエピソードでした。

今までと比べて割と平和な篠宮家ですが、泥沼展開はまだまだ止まりませんよ!
トラブルの元凶・慶輔がまたしても…!
予想を超えた展開でした。
今まで散々周囲を巻き込みやりたい放題だったのに、そりゃないよ!
登場人物たちの「ヲイお前ーーー!」という心の声が聞こえてきそうです。
私は思わず口に出してしまいましたが(笑)
こんな事態になってもやっぱり慶輔は慶輔な思考回路は理解不能でした。
どの面下げてそんな発言が出来るんだ(怒)
でも、これは収束への第1段階なのかも。
周囲にとって1番楽なのは慶輔が視界から消える事なんでしょうけど、それでも現実的に考えて今の状況はそんなに悪くはないんじゃないだろうか。
1番の懸案は不倫相手の女性・千里ですね。
今後台風の目になる事は間違いない……。

ということで、いつも通りドロドロ展開な「二重螺旋」新刊でした!
最早BLというより昼ドラ?もしくは、80年代の大映ドラマ?
厚顔無恥で自己中心的な思考回路の慶輔が悪役ながらあっぱれ。
ここまで来るといっそ感心します。
こんな人が血縁にいたらと思うとゾッとする…。
最近はもうこのドロドロがネタとして楽しめるようになってきました(笑)
毎回インパクトのある展開をする「二重螺旋」ですが、今回のポイントは
・尚人と従兄の零の接触から垣間見える篠宮兄弟の繋がりの深さ
・悠太の成長
・慶輔がまさかの……!
というところでしょうか。
零と瑛については今後も何かしら展開があるのかな。
これが事態収束への第一歩だとしても、まだ数冊は続きそうですね。
あ、書き忘れましたがもちろん相変わらず尚人と雅紀はベタ甘状態ですよ!
いちゃいちゃエッチもしてますよ!
普段しっかりしている尚人が乱される様子に萌えまくり。
「二重螺旋」が私の心を捕らえて離さないのは、この泥沼展開の中、尚人の癒し萌えキャラさが一服の清涼剤のように効いているからです。
尚人の萌えに支えられている部分が大きい。
今年は外伝も出たので、例年よりたくさん「二重螺旋」を楽しむことが出来ました。
ありがとうございます、吉原先生!
しかし、ドラマCDの方は制作元であるムービックさんの第6事業部解散で、今後どうなるのか不明…。
人気作品だと思うのでどこか引き継いでくれないかしら…。
もしくは多少お値段が高くなってもいいので、ドラマCD制作に熱心な吉原先生が自ら企画とか。
小説もドラマCDも、続きを楽しみにしています!

血縁関係覚え書き
shinomiya.png

■シリーズ
「二重螺旋 -二重螺旋1-」
「愛情鎖縛 -二重螺旋2-」
「攣哀感情 -二重螺旋3-」
「相思喪曖 -二重螺旋4-」
「深想心理 -二重螺旋5-」
「業火顕乱 -二重螺旋6-」
「嵐気流 -二重螺旋7-」
「双曲線 -二重螺旋8-」
「不響和音 -二重螺旋9-」
「千夜一矢 -二重螺旋10-」
「悋気応変 -二重螺旋11-」

■外伝(単行本)
「灼視線」

■ドラマCD
「二重螺旋」
「愛情鎖縛」
「攣哀感情」
「相思喪曖」
「深想心理」
「業火顕乱」

二重螺旋 (キャラ文庫) 愛情鎖縛―二重螺旋〈2〉 (キャラ文庫) 攣哀感情 二重螺旋3 (キャラ文庫) 相思喪曖―二重螺旋〈4〉 (キャラ文庫)
深想心理 二重螺旋 5 (キャラ文庫) 業火顕乱 二重螺旋6 (キャラ文庫) 嵐気流  二重螺旋7 (キャラ文庫) 双曲線 二重螺旋8 (キャラ文庫)
不響和音―二重螺旋〈9〉 (キャラ文庫) 千夜一矢: 二重螺旋10 (キャラ文庫) 悋気応変: 二重螺旋11 (キャラ文庫)
灼視線 (二重螺旋外伝)

Chara CD Collection「二重螺旋」 Chara CDコレクション 愛情鎖縛 二重螺旋2 Chara CD Collection 攣哀感情 二重螺旋3 
Chara CD Collection 相思喪曖 二重螺旋4 Chara CD Collection 深想心理(しんそうしんり) 二重螺旋5 BLCDコレクション 業火顕乱 二重螺旋6
関連記事
2012.12.15 18:51 | 吉原理恵子 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1162-739d7b04

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |