にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

天球儀の海 :尾上与一

4883864162天球儀の海 (Holly NOVELS)
尾上 与一
蒼竜社 2012-10-25

by G-Tools

特攻ネタでBL…。
さすがHollyノベルスさんですね!
【天球儀の海/尾上与一/牧/Hollyノベルズ(2012年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
希は特攻に行くことを決めた。町の名家の跡取りの、1人息子である坊ちゃん、資紀の身代わりとして――。幼いころ、希は危ないところを資紀に助けられた。資紀が現れなかったら自分に命は五歳で消えていた。坊ちゃんとお国のために死ねるなんて、なんと幸せなことだろう。希は十数年ぶりに坊ちゃんと再会するが……。

【あらすじ・感想など】
戦争深まる昭和19年、飛行訓練を積んだ希は地元の名家・成重家を密かに訪ねる。
長男・資紀の身代わりとして特攻に行くための養子縁組だったが、希は自ら望んでその大役を引き受けていた。
幼い頃自分の命を救ってくれた資紀。
住む世界が違う資紀への憧れはそれ以来大きくなっていき、その資紀の命を助ける事が出来る機会が巡ってきたことを希は嬉しく思っていた。
しかし、父親が決めたその計画に納得出来ない資紀は希を歓迎せず…。
という、戦時中の特攻隊を扱った話です。
命を賭けているので、もちろんどっぷりシリアス。
幼い頃の出来事など覚えていないだろうと希は思っていて、資紀の冷たい態度を寂しく感じながらも、自分の身代わりで人を死なす事を是としない資紀の清廉さに、改めて資紀への想いを強くしています。
この時点ではまだ憧れは恋愛感情に至っていないません。
いや、自覚が無いだけかな。
半月ほどでくると思っていた招集がなかなか来ず、一緒に暮らす時間が長くなり、二人の関係は大きく変わっていきます。
心は通っていないのに、資紀は希を抱くようになる。
戦争が厳しい情勢であることもあり、資紀自身への焦燥感や、希の存在に対する苛立ちが原因なのだと希は思っているのですが…。
そこには、資紀の希への想いが隠れています。
ふたりは想い合っているのに、お互いにそれを知らず、すれ違ったまま身体だけ関係を持っている。
想いを伝えたくても伝えられない状況にあるので、そのすれ違いはどんどん歪んでいき、ついには……。
いやはや、この展開はびっくりしました。
いや、あり得ない事はないんですが、心の準備が出来てなかった。
こういうすれ違いの関係はBLに限らずよくあるパターンで、膠着状態に陥っても、当て馬とか事件が起こって解決する場合が多いですよね。
今回は戦時という逃げ場の無い大きな流れの中で、一体どんな解決が図られるのだろうと思いながら読んでいたのですが…そうきたか!
この時代背景ならあり得る。
大きなネタバレになるのでこれ以上は書きませんが、びっくりしつつも、納得の展開でした。
希の戸惑いも、資紀の葛藤も、そして想い合っているのにどんどん歪んでいく関係も、もどかしく感じながらも理解出来る。
ふたりが惹かれ合う切っ掛けも、平和な現代物だったら違和感があるかもしれませんが、僅かな希望にでも縋って生きているような時代ならしっくりきます。
時代背景が効いていますね〜。
冷静になってみるとツッコミを入れたい場面もありますが、そこはファンタジーだし、エンターテインメントなので!

濡れ場の回数は少なくないですが、心が通じていない場面が多いです。
私は流血描写や、受が肉体的にも精神的にも痛がっているのに萌えたりするので、抵抗なく読めましたが。
濡れ場に限らず肉体的に痛いシーンが何度かあるので、苦手な方には厳しいかも…。

ということで、尾上先生の新刊は特攻ものでした。
BLで特攻ネタってなかなかないですよ!
しかもミラクル昭和じゃなくて、リアル(?)昭和初期が舞台です。
死が身近にあるこの時代設定が活かされた話でした。
最後まで目が離せない展開で、面白かったです。
後半の展開は知らない方が楽しめると思うので、挿絵チェックしないのをオススメします!
そういえば、尾上先生とHollyノベルズの組み合わせは、前回もBLでは珍しいネタを扱った話でしたね。
JUNEっぽい展開がありつつも、最後はそこまで重くありません。
読み応えのあるシリアスBLが読みたいけど後を引きずるような話はイヤ!、という時にピッタリなのではないでしょうか。
尾上先生、次の作品も楽しみにしています!
関連記事
2012.11.23 12:03 | 尾上与一 | trackback(0) | comment(1)
            

初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://z-x.in/2iy/

2012.11.24 03:49 URL | まゆみ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1156-e297784c

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |