にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4576120956笑う丞相 鋭き刃の恋物語 (二見書房 シャレード文庫)
矢城 米花
二見書房 2012-07-24

by G-Tools

お決まりのパターンなのに面白い。
シリーズ前作も気になります〜。
【笑う丞相 鋭き刃の恋物語/矢城米花/王一/シャレード文庫(2012年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
国の政を司る丞相でありながら、趣味の夜遊び先で盗賊団に誘拐された索冬波。しかし首領の火耶の美貌に心奪われた冬波は、手下たちの目を盗んでその身を犯してしまう。誘拐事件は冬波の部下・興淵の采配で事なきを得るが、一方の火耶は冬波との一件が手下たちにばれて輪姦されてしまう。そんなプライドも味方も失った火耶に手を差し伸べたのは、ほかならぬ冬波だった。初対面の蛮行が嘘のような飄々とした言動で真意を見せない冬波に、火耶はいつしかあの夜のことを思い出すようになり――

【あらすじ・感想など】
若く未熟な王を支える丞相の索冬波。
命を狙ってくる敵が多い中、国をまとめるため多忙で張り詰めた日々を送る冬波の気晴らしは、正体を隠しての夜遊びだった。
ある日、夜遊び相手に振られ身を持て余している冬波の前に、盗賊団が現れる。
機転により危機は逃れるが、盗賊団の若い首領・火耶の美しさに目を奪われた冬波は、薬を使って火耶を犯してしまう。
プライドを傷つけられた火耶はその後冬波に復讐をしようとするのだが…。
中華風ファンタジーです。
先にこちらを読んでしまったのですが、カップリングが違う別の作品がシリーズ前作として出ているようです。
冬波が脇役で出ているようなので、不安定な国内事情などは前作に詳しく書かれているのかなと思います。
冬波は仕事に対しては真剣ですが、生真面目一辺倒ではなく、プライベートでは身分を隠して女性との恋の駆け引きを楽しんでいるような奔放なタイプ。
いろいろあって、真面目に恋愛をしようという気はないので、遊びと割り切っている人にしか手を出しません。
火耶に手を出したのも、遊びの延長みたいな感覚だったわけですが、火耶の方は冬波に対して相当怒ってます。
若くして首領になったばかりで盗賊団での立場もまだ微妙な時に、自分の無力さ未熟さを目の当たりにして傷つき、それが怒りになるのは当然ですよね…。
怒りから一国の丞相相手に無茶な計画をしてしまったのは若さ故。
仲間に裏切られ失敗し、冬波に捕まってしまいますが、そんな失敗を乗り越えたからこそ自分を冷静に見る事が出来、結果として冬波に心を許すようになっていきます。
冬波は地位も高く、しっかりと自分を持った大人なのに、意外と三枚目なところもあって憎めない人物です。
背中の毛を逆立てるように反発していた火耶も、冬波の人となりを知るにつれて次第に冷静になっていきます。
そんな火耶を、冬波もあたたかく見守っている。
ふたりの関係は割とテンプレートなので心配せず読めます。
冬波を狙う刺客との戦いや、火耶が興淵の知識や技術を受け継いでいく過程も面白いので、恋愛部分はシンプルでも、最後までワクワクしながら読みました。
前作の主人公が登場していたので、既読の方はその辺りも楽しめるのでは?
個人的には、火耶の跳ねっ返りな性格が度を超してなかったのがよかったです。
あまりに無茶な行動をするキャラは苦手…。
嫉妬や勘違いで突っ走った行動を起こしたりもしていますが、幼い部分はあるけどバカではないし、剣術で冬波を守れるだけの力もあるので、多少の無茶は許せます。
素直になれずツンツンしてしまう姿はかわいい!
強姦はダメでしょ!と思いますが、つい悪戯心が出てしまった冬波の気持ちも分かります(笑)

矢城先生と言えば(といえるほど数読んでいませんが)無理矢理エッチや触手。
今回触手エッチはありませんが、最初から強姦、輪姦な展開です!!
あとがきに矢城先生が書かれているように、今回は痴漢風味な陵辱でした。
美味しい!
全体的には痛い場面は前半だけなので、今まで読んだ矢城先生の作品の中では陵辱率の低い作品でした。
あくまで矢城先生作品比ですが(笑)

ということで、矢城先生の中華風ファンタジーです。
呪術が出てくるような場面もありますが、世界観について詳しい説明がなくても雰囲気で掴めるので、ファンタジー苦手な私でもすんなり世界に入れました。
シリーズ2作目ですが、カップリングが違うので前作読んでいなくても大丈夫。
美味しい要素は押さえつつも、全体的にシンプルで分かりやすい話なので、力を抜いて楽しめました。
挿絵も雰囲気があって素敵ですね。
前作も読みたいです。
まぁ、前作への興味は、本文中にあった「いやらしい見世物にされた」という文章で火が付いたんですけどね!
そんな説明されたら読みたいに決まってる!!
俄然興味がわきました(笑)

■シリーズ
「偽る王子 運命の糸の恋物語」 雷鬼×莉羽
「笑う丞相 鋭き刃の恋物語」 冬波×火耶

偽る王子 運命の糸の恋物語 (二見シャレード文庫) 笑う丞相 鋭き刃の恋物語 (二見書房 シャレード文庫)
関連記事
2012.08.31 20:03 | 矢城米花 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1127-dc535082

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |