にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

灼視線 :吉原理恵子

4198634254灼視線 (二重螺旋外伝)
吉原 理恵子
徳間書店 2012-06-26

by G-Tools

短編4話収録の「二重螺旋」外伝です。
何故文庫ではなく単行本…。
【灼視線/吉原理恵子/円陣闇丸/徳間書店(2012年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
「二重螺旋」シリーズ外伝。俺を煽った、おまえが悪いんだ―。兄・雅紀の視点で描く、実の弟への執着と葛藤の軌跡。

【あらすじ・感想など】
『追憶』
祖父の葬式の際、8年ぶりに従兄弟の零と瑛を見かけた雅紀。
父親が出て行く前、平和だった頃に恒例行事だった、祖父の家で従兄弟たちと過ごした夏休みを思い出す。

本編(6巻)でちらりと出てきた零と瑛とのエピソード。
このふたりは美形兄弟でブラコン(男らしい体格の弟→線の細い兄)という美味しい設定なので、今後も登場しそうですね。
この後の『邂逅』にも登場している加々美と言い、このシリーズはやたらと美形が脇で存在感を放っています。
小学生の頃から大人にまで頼りにされていて、尚人を目に入れても痛くない程可愛がっていたという雅紀のエピソードでした。

『邂逅』
メンズモデル界の帝王と呼ばれる加々美との食事に出掛けた雅紀。
そこで後輩について語る加々美の様子に、高校生の頃、加々美と出会った時の事を思い出す。

家庭崩壊後、バイトで家計を支える雅紀は外国人の多く集まるバーで店員兼ピアニストとして働いていて、美形の店員がいると噂を聞いた加々美がチェックしに行った事が切っ掛けで勧誘されます。
ダテ眼鏡と長髪のカツラって…余計に目立ちそうなんですけど(笑)
高校生の頃から誰もがハッとするような美形で、剣道もピアノも出来ちゃうスーパー高校生だったという雅紀のエピソードでした。

『視姦』
引き籠もりを続けている悠太の中学の担任から、今後について聞かれた雅紀。
邪な想いに苦しみながら尚人との接触を避けていた頃、進路の話し合いのため三者面談に行った事を思い出す。

まだ尚人を襲う前、悶々とした気持ちを抱えている雅紀の胸の内が書かれています。
よく自制できたなぁと思えるレベルですね…。
雅紀の自慰シーンにニヤニヤしちゃいました。むふふふ。
酒の勢いでの過ちだったとは言え、いつ襲ってもおかしくない状態だったという雅紀のエピソードでした。

『睦言』
疲れて帰ってきた雅紀が、尚人に迎えられる話。
これだけ回想ではなく現在の話です。
いろいろな事があったけれど、現在ではこんなに心が通じ合って、甘くいちゃついているというエピソード。
甘い!激甘い!
雅紀もだけれど、尚人も甘えてますよね。
控えめな態度ながらも、「まーちゃん大好き」という気持ちが全身から溢れている尚人が可愛くて仕方ない。
エッチシーンに萌えまくりました。
自然と三木さんと緑川さんの声で脳内再生されるので、悶えまくりですよ…!

--
ということで、吉原先生の新刊は「二重螺旋」シリーズの外伝です。
一応基本的には全編雅紀視点。
なのですが、途中、頻繁に他の人の視点に切り替わっていて、それが同じ章の中で突然起こるので少し戸惑いました。
以前からこんな感じだった…っけ?
あと、改行が多い文章は吉原先生の作品ではもはや仕様なのだと分かってはいますが、単行本になると空白の部分が目立ちますね(汗)
これだったら単行本じゃなくて文庫でよかったのでは?と感じてしまうのは私だけではないはず…。
挿絵も少ないし。
人気シリーズなので、価格の高い単行本にしても売れると思いますが、私はシリーズものは同じサイズで揃えたいという事もあって、内容とは別のところで少々モヤッとした気持ちになってしまいました。
とは言え、兎にも角にもちゃんと尚人が登場する恋愛に絡んだ話でよかった!
もしかしたら脇キャラの番外なのかも?と心配していたのです。
例えば悠太についてはいろいろとエピソードはありそうだし、雅紀と尚人に一番近い場所で見てきた悠太の視点は気になるところですが、流石にそれで単行本はつらい…。
本編とは少し距離を取って、1冊まるまる瑛と零の話だったらそれはそれで面白いかもしれませんが。
読んでみると、雅紀視点の短編集でした。
このシリーズは尚人萌えが核なので、雅紀視点で尚人を愛でる事が出来るのはなかなか美味しかったです。
が、欲を言うなら、もっとエロが欲しい…。
今の尚人もいいけれど、雅紀との関係が始まった頃の尚人ももっと堪能したい!
たまには少し日常から離れたエッチが見たいです…!
(結局エロ方面に走る私…)

いろいろ文句も書いてしまいましたが、これまでのシリーズ本編が好きな方なら、何だかんだ言いつつ楽しめる番外編だと思います。
雅紀の尚人への執着の深さと歴史を改めて感じられる1冊でした。
文庫だったならなお良し!


血縁関係覚え書き
shinomiya.png

■シリーズ
「二重螺旋 -二重螺旋1-」
「愛情鎖縛 -二重螺旋2-」
「攣哀感情 -二重螺旋3-」
「相思喪曖 -二重螺旋4-」
「深想心理 -二重螺旋5-」
「業火顕乱 -二重螺旋6-」
「嵐気流 -二重螺旋7-」
「双曲線 -二重螺旋8-」
「不響和音 -二重螺旋9-」
「千夜一矢 -二重螺旋10-」
「悋気応変 -二重螺旋11-」

■外伝(単行本)
「灼視線」

■ドラマCD
「二重螺旋」
「愛情鎖縛」
「攣哀感情」
「相思喪曖」
「深想心理」
「業火顕乱」

二重螺旋 (キャラ文庫) 愛情鎖縛―二重螺旋〈2〉 (キャラ文庫) 攣哀感情 二重螺旋3 (キャラ文庫) 相思喪曖―二重螺旋〈4〉 (キャラ文庫)
深想心理 二重螺旋 5 (キャラ文庫) 業火顕乱 二重螺旋6 (キャラ文庫) 嵐気流  二重螺旋7 (キャラ文庫) 双曲線 二重螺旋8 (キャラ文庫)
不響和音―二重螺旋〈9〉 (キャラ文庫) 千夜一矢: 二重螺旋10 (キャラ文庫) 悋気応変: 二重螺旋11 (キャラ文庫)
灼視線 (二重螺旋外伝)

Chara CD Collection「二重螺旋」 Chara CDコレクション 愛情鎖縛 二重螺旋2 Chara CD Collection 攣哀感情 二重螺旋3 
Chara CD Collection 相思喪曖 二重螺旋4 Chara CD Collection 深想心理(しんそうしんり) 二重螺旋5 BLCDコレクション 業火顕乱 二重螺旋6
関連記事
2012.07.18 01:00 | 吉原理恵子 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1116-72a2c51e

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。