にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

左隣にいるひと :可南さらさ

4199006699左隣にいるひと (キャラ文庫)
可南 さらさ
徳間書店 2012-06-27

by G-Tools

木下先生の挿絵がピッタリ!
一生懸命で健気な男はかわいいですね。
【左隣にいるひと/可南さらさ/木下けい子/Chara文庫(2012年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
夏休みに帰省した江沢を出迎えたのは、五年前にケンカ別れした親友だった。高校時代、振り返るとそこにいて優しく笑っていた生方。誰に告白されても「ごめんね」と困ったように微笑んで、最後は必ず江沢の左隣に戻ってくる―そんな関係に戻れるかと思ったのに、昔のままの笑顔で「あの頃も今も江沢が好きだよ」と告白されて!?左隣の特等席は永遠に君のもの―友情が恋へ育つ軌跡。

【あらすじ・感想など】
高校生の頃、親友同士だった江沢慎と生方佳人だったが、ある出来事を切っ掛けに生方は江沢の前から去り5年が経っていた。
そんなある日、社会人になった江沢が休暇を利用して実家に戻ると、駅に迎えに来ていたのはその生方だった。
突然の再会に戸惑いながらも、ようやくずっと気にかかっていた喧嘩の原因となった出来事の背景を知り謝ることが出来、ホッとしていた江沢だったが、そんな江沢に生方は「好きだった」と告白してきて…。
という、親友との再会ストーリー。
生方は江沢に学生の頃からずっと恋愛感情を抱いていたので、一緒に高校生活を送っていても、物事の受け取り方や感情の温度が、生方を親友だと思っている江沢とは違っています。
江沢にとってはたわいない事でも、生方にとっては大きな事だったりする。
喧嘩する切っ掛けとなった出来事も、それが原因になっています。
生方の気持ちに全く気付いていない江沢が怒るのも無理はないけれど、生方は生方で一生懸命だったのも分かる。
それが正解ではなかったとしても。
そんな不器用な高校時代の出来事から離ればなれになっていたふたりは、5年後に再会して、恋愛を意識した付き合いが始まります。
高校生の頃と、社会人(生方は大学院生)になった時とでは、物事や人間関係に対する意識が違いますよね。
生方の告白は、再会後だったからこそお互いに冷静に対応出来たのだと思います。
離れていた期間があるから、隣にいる相手の大切さを感じているでしょうしね。
それにしても、生方の一生懸命で健気なところがとてもかわいい!
告白してふっきれたあとの「好き」オーラ全開なところがいいですね(笑)
そんな生方を、ちゃんと受けとめている江沢も好印象。
大人すぎず、子供すぎない江沢の対応が自然でいいなと思いました。
このふたりなら、親友から恋人になってもおかしくないなと感じるし、江沢が生方を恋人として意識していく過程も無理がなかったです。

濡れ場は薄め。
普段なら物足りないとか思ってしまうところですが、このふたりはエッチ手前のいちゃいちゃがかわいいので、本番はこのくらいで十分満足です。
萌えよりも、「こっちが攻だったのか~」という発見の方が大きいかも(笑)
普段、割と最初から分かるようなキャラ設定であることが多いし、表紙で明らかだったりもするので、受と攻を意識して読んでいる事が多いです。
でも、今回は読んでいてポジションがハッキリしなかった。
生方の方が背が高いけれど、健気なのは生方の方だし…。
木下先生の挿絵の印象も大きいかもしれません。
ふたりとも、攻っぽくも受っぽくもないニュートラルな感じ。
違和感がないので、特にどちらがという事を意識することなく読んでいました。
あとがきにリバについて触れられていますが、それでもよかったのに~と思います。
むしろリバが読みたかった…!
将来的に絶対ありそうだし!

ということで、可南先生の新刊は親友の再会ものでした。
前半が江沢視点で再会から付き合い始めるところまで、後半が生方視点で関係を深めていく話になっています。
立ち位置って、自然と落ち着くサイドがありますよね。
私は左側が好きです。なんでだろう?
シンプルな話ですが、自然体のふたりのキャラが好印象だったこともあり、最後まで面白かったです。
一生懸命で健気な男はかわいいですね。
リバればよかったのに!というのが1番の心残りですが(笑)
気負わず読める、ちょっと切なくて微笑ましいラブストーリー。
木下先生の挿絵がピッタリでした。
関連記事
2012.07.04 01:21 | 可南さらさ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1112-ca58357f

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |