にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

御礼 :■その他

先日、気が付けば300万Hit overしていました。
そして感想もいつの間にか1000記事over!
足かけ6年半。感慨深いです。
まさかこんなに続くとは…。
学生の頃、夏休みの読書感想文1つが憂鬱でたまらなかったのに。
そんな私がクオリティはともかく1000も感想書なんて…!
自分の中の萌えを持て余して始めたブログなので、最初の頃の感想は見返すのも怖いくらい嵌まりたてのテンションと勢いで書かれていて(未熟なのは相変わらず)、恥ずかしくて穴に入りたい気持ちにさせられます…。
とは言え、それも自分の感想なのだと思って削除はしていませんが…もはや黒歴史と言っても過言ではない(笑)

ここまで続けてこられたのは、ひとえにここにお越しいただいた方たち、そしてこのブログを切っ掛けに出会ったオタ友の存在のおかげです。
本の感想や萌えを誰かと分かち合う事がなかったら、きっと今もこんなに嵌まっていなかっただろうし、ブログも続いていなかったと思います。
ありがとうございました。
これからも、たくさん萌えて、いっぱいワクワクするぞー!

2012年6月26日 にゃんこ
関連記事
2012.06.27 00:19 | ■その他 | trackback(0) | comment(2)
            

大学進学を機に一人暮らしを始め、気が付けばBLにどっぷりハマって早4年が経とうとしています…。

気恥ずかしさから書店でも決してBLコーナーには近寄らず、密林で購入していた私が発売日に堂々とレジに持って行けるようになるなんて思いもしませんでした(笑)

きっかけは、にゃんこさんのブログに書かれていた本が近所の書店で平積みにされていたこと。いつもは書店に行ってもBLコーナーをチラ見して終わっていたのですが、にゃんこさんが絶賛しておられた本が目に入りそのまま衝動買いしてしまいました。
それからは堂々とBLコーナーに立ち寄り、新刊発売日には必ず書店に寄る日々を送っていますが、にゃんこさんの感想やジャケ買いをするようになって以前よりもBLの幅が広がった気がします。おかげさまで毎日が楽しいです!

私が一歩を踏み出すきっかけを下さったにゃんこさんには、これからも私の知らない新たな萌えを発見して行って欲しいです。これからも草葉の蔭から応援しております…。

2012.06.30 12:59 URL | まりん #- [ 編集 ]

まりんさん、こんばんは!

私も嵌まりたての頃を思い出すと、こんな今の状況は吃驚です!
肌色率の高い表紙に恥ずかしがっていた頃がなつかしい(笑)

私がこのブログを始めたのは、他の方の感想ブログを見て「この萌えを共有したい」と思った事がきっかけです。
そんな私が来てくださった方に影響を与える存在になっているという事がなんだか不思議な感覚なのですが、こうしてコメントをいただけて、本当に嬉しいです。
そして、自分の好きな作品に共感してもらえる事もとても嬉しい。
まだまだ私の知らない素敵な作品もたくさんあると思うし、これからもたくさんのワクワクに出会える日々が続くと思うと、つらいことも萌えで乗り越えていけそうです。

語彙が足りなくて気持ちが上手く言葉に出来ないのがもどかしい…。
拙い感想ですが、これからも一緒に萌えを発掘していけたらとても嬉しいです!!
コメント、ありがとうございました。またぜひどうぞお越し下さいませ(^^)

2012.07.01 21:26 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/1110-c241a98d

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |